ゼロの使い魔 19 始祖の円鏡 (MF文庫)

【ゼロの使い魔 19.始祖の円鏡】 ヤマグチノボル/兎塚エイジ MF文庫J

Amazon
 bk1

愛する人への真摯な想いと、オパーイに幸せを頂くこととは別枠なのですよ、別枠!
エルフの絶大な力を見せつけられて、弱気になるサイトを慰めたのは、可愛いティファニアの偉大なるおぱーい。さすがにこれを浮気というと、サイトちゃんがかわいそうである。男にとっておぱーいとは、おぱーいとは、どりーむなのですよ!(力説
とまあ、ここはサイトをかばってあげたい。アンリエッタにクラクラきちゃったのとはさすがにちょっと違うだろう、ティファニアにはちょっとかわいそうだけどね。

如何な、三兄弟との戦いのさなかに横槍を入れられたとはいえ、サイトがここまであっさりと囚われの身になってしまったのは、ちと情けないなあ。眠りの魔法がああも抵抗なく効いてしまうというのはけっこう致命的なんじゃないだろうか。ゲームならともかく、実際の戦闘だと下手な攻撃呪文よりも眠りの魔法ってかなり効果的だもんなあ。眠らされたらどれほど剣の腕が立とうとも意味がないわけだし。
エルフの集落に連れていかれて、サイトがその文明の高度さに衝撃を受けつつも、地球はもっと凄いんだい、と心の底で強がる姿は、召喚された異世界人らしくて可愛かったなあ(笑
ここで、人間たちを蛮族と蔑み、増長しているエルフたちの鼻をあかせるような地球産の何かがあればいいんですけどねえ。武器などの単品の道具の類じゃなくて、文化を思い知らせる事が出来るような何かがあればいいんですけど、こればっかりはなあ。

うむ、そして満を持してのアイツの復活! まさか、あのまま消えちゃうとは思っていなかったので何らかの形で戻ってくるとは思ってたけど、このパターンは意外と予想してなかった。インテリジェントソードって、剣が本体じゃなかったのか。
なんだかんだと、あの飄々としたしゃべりによるサイトとの掛け合いは、ルイズとのイチャイチャと並んで、この作品の肝でしたもんね。再び二人のやりとりが見れたのが、自分でも驚くくらい嬉しかったですよ。
でも、本題は復活そのものじゃなかったのね。以前、サイトの夢にも登場していた始祖たちの物語、その真相が次にはついに明らかになるのか。
どうも、もはや完全に安定してしまったサイトとルイズの関係にも一石を投じる内容になりかねないので、次は波乱含みか。

15巻 16巻 17巻 18巻感想