猫物語 (黒) (講談社BOX)

【猫物語(黒)】 西尾維新/VOFAN 講談社BOX

Amazon
 bk1



あははは、この筆者はもうっ(苦笑
この猫物語は傷物語と化物語の間の話であり、散々匂わされてきたゴールデンウィーク期間中の羽川翼の化け猫話なのだけれど……時系列の上ではあってはならないネタをわかった上で見せつけるみたいに踏みにじって行きやがる(爆笑
ある意味メタ的であるんだが、筆者と読者のわかった者どうしのお約束のようなものでもあり、やれやれ困った話だぜ、とニヤニヤ顔で飲み込んじゃえるものなんですけどね。
アニメ化されてから最初の新刊ということでどれくらいアニメネタが入ってくるかと思ったら、途方も無い規模で入ってたよッ! しかもその上、アニメ化出来るならしてみろと言わんばかり(というか実際言ってる言ってる!)放送コード限界に挑戦するようなネタをこれ見よがしに投入してくる始末。面白がってる、完全に面白がって楽しんではしゃぎまくってるよこの人ww
具体的には「もうお兄ちゃん、妹のおっぱい触りすぎ!」。阿良々木くん、妹の胸触りすぎである。というか月火ちゃん、露出しすぎ! 脱ぎすぎ! 自重自重!!
確か阿良々木くんの言によるならば、彼と妹との関係というのは偽物語でちょっと仲良くなるまでは非常に険悪極まりないものだったはずなんだけれど……この男は妹に関してはさらりと平然にうそをつくよなあ。なにが冷戦状態だよ、めっちゃ仲いいじゃないか! というか、前半ほとんど月火ちゃんと半裸で下着について熱く論争したあげくにいちゃいちゃスキンシップしまくるという恐ろしい話だったよ! 中学生の妹相手になにをやってるんだこいつは!?
ついでに火燐ちゃんもさりげなく脱がしてるしさ。どうせここまでアニメ化なんてしないだろう、ふふーーんと嘯きながら本心ではいつでもアニメ化していいように、シスターズを脱がしにかかるとはなんという深慮遠謀鬼畜!!
マジでアニメからいきなりここに突っ込んできた人は、阿良々木くんの変態鬼畜っぷりに面食らうんじゃないかなあ。化物語の時も、あの時点で相当だったのに、巻が進むに連れて洒落にならないレベルの高さになってきてるからなあ。今や、もう全開時の神原と正面から戦えるレベルだよ!

と、妹ちゃんとイチャイチャするのがメインだったんじゃないかと疑いたくなるような本作でしたが、ここではしゃいでおかないと後半の凹みようはマジでダメージ大きかったかもしれない。
羽川の家庭の事情、想像以上だったよ。羽川の家に忍び込んで中の様子を確認した阿良々木くんが衝撃のあまり月火ちゃんに泣きついたのもわかるくらい、胃の腑の底がつめたーーくなるような、ものすごく嫌な感じだった、あれは。
でも、忍野のおっさんの羽川の両親も羽川の被害者、という言い分もわからなくはないんですよね。今考えると、化物語の時の羽川というのはヤバいときに比べるとほんとに安定してたんだなあ、というのがわかる。ギリギリ瀬戸際の羽川の危うい雰囲気って、今まで出てきた怪異の中でもトップクラスのヤバさだったし。あの家族は、羽川の怖くて不気味で気持ち悪い部分、異常である癖に普通であろうとする歪みであり矛盾であり軋みである部分を常に日常的に喉元に突きつけられてたとするのなら、確かにきっついわ。

でも、この時の羽川の境遇と軋みを知っていたら、後々化物語で羽川が再び猫化したとき、その原因が自分への恋心だと言われて阿良々木くんが信じられなかったのも無理ないかもしれないなあ。阿良々木くんが見た羽川と両親との軋轢は、マジで異常だったわけだし。それを十年十五年と味わい続けたストレスと、自分への恋と失恋のストレスが同じと言われても、阿良々木くんとしちゃあ信じたくなったんじゃないだろうか。色々とたまらんわ。
それに、この時に阿良々木くんは自分の羽川への想いが恋じゃない、と断定しちゃってるわけだしねえ。
……多分にその原因は月火ちゃんのような気がしないでもないが(w
障り猫にまつわるゴタゴタで羽川への認識に大きなパラダイムシフトがあったとはいえ、阿良々木くんが羽川への想いを大上段に据えてしまったのは、密かに自分は羽川に恋してるんじゃないかと疑っていた阿良々木くんの認識を月火ちゃんがしっちゃかめっちゃかに歪めちゃったために、そもそものスタート地点がネジ曲がってしまった、というところは無視できないんじゃないかとw 羽川のおぱーいを揉みたいのも恋だったのに!!

あと、忍、しゃべりすぎ!! あんた、偽物語まで沈黙に徹してたはずなんじゃないのかよ! 全部阿良々木くんの幻聴にして無理やり押切やがったーー!!(爆笑
こうして見ると、忍は阿良々木くんに甘すぎるよなあ。忍野もそりゃあ呆れるわ。誰が一番の正統のツンデレかはこれで解ってしまったんじゃないだろうか。ヘルメットとゴーグルなんてその最たるものじゃないか。

障り猫と羽川の物語はこのゴールデンウィークでまるっと先送りにされて、化物語の最後である程度かたがつき、ついたように見せかけてその後もズルズルつづいているのだが……こよみハーレム自重すれ(笑
果たして次回作の猫物語(白)って、どういう話になるんだろう。この後三ヶ月おきに、かくヒロインをメインにした続編が刊行されるという凄まじいことになってるんだが、話がどう展開するかはさっぱり予想つかないんですよね。楽しみであるということに疑う余地はないんだが、シスターズがメインの巻が無いものだから、実は全部の巻で半分くらいシスターズとイチャイチャしてます、みたいな話になったらどうしようという不安は隠しきれ無い!! 不安じゃなくて期待じゃないかという話もあるけれどw

化物語(上) 化物語(下) 傷物語 偽物語(上) 偽物語(下)