ベン・トー 6 和栗おこわ弁当310円 (集英社スーパーダッシュ文庫)

【ベン・トー 6.和栗おこわ弁当310円】 アサウラ/柴乃櫂人 スーパーダッシュ文庫

Amazon
 bk1

毎度毎度このシリーズ、というかこのアサウラさん、削ってる量が半端ないなあ。今回も後書きによると百ページくらい削ってしまっているらしい。自分などはそんなに削らなくても、むしろもっと読みたいと思う方なんですけどねえ。
いったいどの辺が削られているのか。なんとなくですが、白梅会長の大活躍というか大凶行が削られてそうな気がするんですよね。白粉が不当な扱いを受けた事への逆襲、仕返し、権力を乱用した大盤振る舞いが。いやだって、あの白梅さんがアレ見て黙っているはずがないでしょう。そのままにしておくはずがないでしょう。我慢するはずがないでしょう。一緒にキレてる佐藤も巻き込んで、であの白粉のクラスメイトの女がギッタンギッタンに社会的に抹殺されるシーンがあったんじゃないかなあ……なんて想像してみたり。

というわけで、またも文化祭である。前巻であやめたちの学校の文化祭の話をやっていたのでつづいている巻があるけれど、今回は佐藤たちの学校の文化祭。こっちもこっちで盛り上がってるなあ。白梅さんが会長らしいことをやっているのを初めて見た気もするけれど(気のせい)、なるほど有能だ。活気があり自由度が高く、生徒たちがいい具合にはっちゃけている、いい意味で高校の文化祭らしくない、大学のお祭りめいた奔放さが実に楽しそうだ。忘れてたけど、顎髭や坊主も佐藤たちと同じ高校の生徒だったんだよなあ。狼たちの戦場でしか巡り合わない連中だけに、学内で連中と話しているのはなんだか不思議な感じがする。坊主のコスプレにはこっちも大ウケしてしまったw あれは反則だろう。ああいう時、佐藤と同じテンションで爆笑してツッコミ入れられるあやめはいいよなあ。

さて、文化祭の準備で佐藤たちの学校が盛り上がる中、その余波は佐藤たちが毎夜挑むスーパーにも波及してくる。夜遅くまで文化祭の準備に勤しむ生徒たち(この学校は文化祭前日のみではなく、普段から夜中の校舎の使用を許容しているらしい。考えてみると、佐藤たちもHP同好会で毎晩奪取してきた弁当を食べてたっけ)が、腹をすかせてスーパーに来店し、まだ半額に下がりきっていない弁当を根こそぎ掻っ攫っていくのだ。
ただでさえ半額弁当の供給が乏しくなる中、佐藤は今まで知らなかったスーパーを発見、やや高級志向のそこで彼は一人の偉大な半額神と、彼の創りだす伝説的な弁当を狙い続ける女狼と巡り合う。

そもそも弁当が半額になる前に売り切れてしまい、狼として戦えない、というシチュエーションが続くのはなかなかストレスが溜まるものがある。佐藤なんか、今回殆どどん兵衛三昧だったもんなあ。でも、その分、槍水先輩が獲得してくる弁当や、文化祭での屋台の食べ物など、食べ物の描写についてはむしろ普段よりも力が入ってた気がする。もう、これがメチャクチャ美味しそうで美味しそうで、読んでてリアルに腹減ってくるんだよなあ、このシリーズ。飯前に読むと、その後に食べるご飯がマジで美味く感じるし、食後に読むと先程までの満腹感が、いつの間にか空腹感に変わっているというこのマジック(笑
半額弁当の争奪戦というふざけたシチュエーションに、本気の情熱と血の滾りを感じさせるのはストーリーだけじゃなくて、なにより戦った結果勝ち取った弁当が本当に美味そうだからこそ、説得力が出てくるんですよね。これで、弁当の描写が普通だったらここまで読んでて燃えないし、彼らが半額弁当に掛ける情熱も共感も理解も出来ないような気がする。安易に余人が手を出せない領域だ。

厚いページ数に反映されるように、今回は見所が多い。ビッグ・マムと呼ばれる半額神のいるスーパーでの攻防を主軸に据えつつ、文化祭のお祭り騒ぎも手を抜いていないもんね。他の人なら二編に分けて書くような話を、美味く混合させてブレずぶっとく仕上げているのだから凄い。
戦うことすら出来ないまま、ビッグ・マムの店に通い続ける佐藤の意地。文化祭でクラスの演劇の脚本を任され、腐り果てた普段の姿とは違う賢明に情熱を傾ける新たな顔を見せる白粉(その反動か、腐り方も普段の倍増しだった気もするが。落ち着け)、そして最愛の妹の来訪にHPの、狼の先輩としてではない様々な表情を見せてくれる槍水仙。
うん、見所は沢山あれど、やっぱり今回のメインというか主軸となるのは槍水先輩だったな。以前のメイン回とも違って、今回は先輩としてではない、仲の良いクラスメイトに見せる気安い顔、妹に見せる甘い姉の顔、それらが佐藤と接する時にも波及してきている感じで、佐藤と一緒に居るときも普段とちょっと今回は違う感じなんですよね。ちょっと甘いというか優しいというか、まだ微妙に残ってる先輩らしく威厳を保って、という風な肩を突っ張ってるところが溶けて、佐藤に対してもかなり感じが柔らかかったんですよね。いつもより、より素の、先輩としてではない槍水仙が出ていたみたいで。
やっぱり、この人はこの人で魅力的だなあ。自分はおもいっきりあやめ派なんですが、今回については槍水先輩にかなりメロメロにされました。

でも、それで終わらないのがこのベン・トーの真髄。緩急自在の効果を十分以上に弁えている。普段よりも甘く柔らかい姿を見せていたからこそ、クライマックスで現れるのは最近直接見ることの少なかった、近隣屈指の、最高峰の実力を誇る狼【氷結の魔女】の偉容。最近は佐藤の戦いがメインで、そういえば氷結の魔女の実力を間近で見る機会が減ってたんですよね。忘れてた忘れてた、この人、本当に強いんだ。今まで出てきた名うての二つ名持ちの狼たちをして上に立つほど、抜きん出た存在だったんだ。
それを、久々に思い知らされた。やっぱり氷結の魔女、つええ。かっけえ。そんじょそこらの二つ名持ちを上回る実力を身につけた佐藤だけれど、こりゃあまだまだ槍水先輩は憧れの先だ。

久々に槍水先輩の本気の戦いを克明に見れたので、佐藤ちんはいまいち良い所なかったけれど、大満足。うん、佐藤は今回は槍水先輩の露払いとして、充分役立ってたよ。まさに彼女の活躍の場を用意するために、佐藤が全部地均ししてたもんなあ。
まあ、その一方でさらに変態度が増してしまっていたわけだけど。ついにロリコンにまで食指を伸ばしてしまったか……毛玉の方はなんか真正っぽくて、ヤバげなんだが(笑

さり気無く、ウィザードが帰国しているなんて情報もあり、そろそろHP同好会の過去にまつわる話、くるかなあ……というネタふりを毎巻の感想で書いているので、そろそろ当たって欲しい(苦笑

オルトロス姉妹は、出番少ないくせに存在感がぱねえなあ。あのオルトロス姉のキャラが際立っているというか極まっているせいなんだけど(笑

シリーズ感想