ほうかご百物語 9 (電撃文庫 み 12-9)

【ほうかご百物語 9】 峰守ひろかず/京極しん 電撃文庫

Amazon
 bk1

ピュア可愛いイタチさんと同棲生活!? 放課後不思議物語、ついにクライマックスです!

 妖怪たちを一掃する『大祓(おおはらえ)』を何とか乗り切った僕たち美術部+@。『化皮衣(ばけのかわごろも)』の代償に家を失ってしまった僕は、ピュア可愛い妖怪少女のイタチさんと一つ屋根の下で暮らすことに! 
 イタチさんに朝起こしてもらったり、一緒に料理をしたり…学校生活にも平穏が戻ってきて、楽しい時間を過ごす僕たちだけど、そんな中イタチさんの体にある異変が起こって……? 
 いなくならないで、イタチさん!! イタチさんと僕の放課後不思議物語、ついにクライマックスです!!

恋人以上夫婦直前。すなわちこれこそ、正しい同棲中のカップルの図。甘々な恋人同士や、イチャイチャしまくる婚約者、夫婦同然、嫁同然のヒロインというのは結構いるけれども、こんなふうに同棲が似合うカップルというのは意外といなかった気がする、記憶する限り。
一緒に暮らしてると、恋人関係だろうとなんだろうと妙に家族っぽくなっちゃうパターンが多かったんですよね。違うんだよ、同棲はちょっとそういうのとは違うんだよ。わかるでしょ? この微妙な違いは!
新婚生活とはまた違う甘酸っぱい二人暮らし。堪能させていただきました。

にしても、真一はとうとう最後までイタチさん一途のまま突き進んで終わりましたね。全く一瞬も浮気せず、気を逸らさず、ひたすらにイタチさんラブ。これで、イタチさん以外に眼中がなかったら、単に恋に視野狭窄になってる危ないヤツ、なんですが真一の凄いところはイタチさん以外の女性もその外見から内面までしっかりと見極め、褒めることを惜しまず、愛でまくってるところなんですよね。兎に角、ホメるホメる褒めまくる。お洒落をしてたら目ざとく気づき、その人のよいところを見つけたら、すぐさまその内面を褒める。史上屈指の褒め上手。嫌味なく本気で褒めたたえてくれるから、言われた方も満更じゃないし、正直嬉しい。
ある意味、節操なしにちょっかい出しているようにも見えるんだけれど、彼の場合純粋に美しいものを愛で、褒めたたえているだけで下心は皆無なので、このシリーズ、女性キャラがかなり多数出てきているにも関わらず、真一とフラグが立った娘って殆ど皆無に等しいんですよね。多少、真一の事をいいなあ、と思う娘もいたと思うんだけれど、何しろ真一がイタチさん激ラブなのを隠そうともせず大っぴらにしているから、最初から脈無しというのは否応なくわかるわけで、不思議なほど恋愛のターンに発展する事はなかったんですよね。それでいて、真一とは仲良く友達やっているわけで。
ラブコメ主人公で、これだけ色恋抜きの女友達が多かったヤツって、他にいなかったんじゃないだろうか。
まあ、こいつの場合、女じゃなくて男が相手でも長所を見つけたら、口に出して褒めて称賛することをためらわない子でしたからね。男女問わず友達の多いヤツでした。

そんな真一だけど、肝心のイタチさんに対しても当初はその好意は他の人と同じ、良いものを愛でているのとおんなじ感覚だった気がします。勿論、彼女は特別枠だったでしょうけど。
それでも、いつしか彼女のことを異性として、女の子として好きになっていったわけですけれど、でもまだまだ彼女へ好きという感情を伝えても、観察者としての立場を崩そうとはしなかったわけです。与えるばかりで、彼女から何かを貰おうという気がなかった、というべきか。
でも、それってやっぱり一方通行な関係なんですよね。ずっと、イタチさんはもどかしかったはず。愛されるばかりで、何かしてあげる事が真一に対して出来なかったから。
きっと、決意を固めたんでしょうね。今の関係を前にすすめる。だからか、先の一件で真一が家を失ったあとのイタチさんは、とても積極的でした。彼に、自分から与えようと一生懸命だったし、自分の気持ちを伝えようと勇気を振り絞っていた。
それは、周りの友人たちにもやっぱり伝わっていて、だからみんなは真一にアドバイスを与えてくれるわけです。今のままじゃ、イタチさんが可哀相だよ、と。与えてあげるばかりが愛情じゃない、望んであげる事もまた相手を受け入れるということなんだよ、と。
いい、友達じゃあないですか。得難い仲間だなあ、この人達は。

最終決戦の大騒ぎは先の巻で片付けて、この最終巻は戻ってきた何気ない日常の中で、じっくりと丁寧に、甘々ながら中途半端な位置で固まってしまっていた二人の関係を解きほぐし、二人で手を取り合って次の段階へと関係を進めていく様子を、イタチさん最後の大ピンチと相舞わせて素晴らしい形で描いていたように思います。盛り上がったまま勢いで完結、というのもありですけれど、この「ほうかご百物語」という作品にとって、この結末こそが至上だったと確信しております。
他のカップルたちも、順調に進展しているようですし、輝と奈良山なんて、奈良山天狗てめえキャラ違うだろうってくらいに熱々ですもんね。みんなお幸せに〜〜。
素晴らしい、とても素敵なハートフルストーリーでした。大満足。

シリーズ感想