変態王子と笑わない猫。 (MF文庫J)

【変態王子と笑わない猫。】 さがら総/カントク MF文庫J

Amazon
 bk1

横寺陽人は頭の中身が煩悩まみれな高校二年生。ひょんなことで“笑わない猫像”に祈ったら、心で思ったことがいつでもどこでも垂れ流しになってしまった! 人生の大ピンチを救ってくれたのは、クールでキュートな無表情娘、筒隠月子――「頭の先から尻尾の終わりまで撫でまわしたくなる感じの子だなあ」「変態さんですね」「ち、違っ、褒め言葉の一種だよ!?」「裁判沙汰の多そうな変態さんですね」「!!??」とにもかくにも猫像のせいで喪われた本音と建前を奪還しようと、ふたりは協力してアニマル喫茶に行ったり水着を買いに行ったりお嬢様のペットになったり――ん?第6回新人賞<最優秀賞>受賞、爽やか変態×冷ややか少女の青春迷走ラブコメ!

もんのごいバカが居た!!(爆笑
そこに到るまで、主人公の突き抜けたバカっぷりが際立っていたので、まさかそれを上回る逸材が隠れ潜んでいるとは思わなかったので、途中から馬脚を現し始めながらもまさかまさか本性がそこまでどうしようもなく酷い(笑)とはとても想像できず、クライマックスのカミングアウトだか暴露だか、実は本人全然隠してなかったのかもしれないけど、兎に角驚愕の真実に、もうひっくり返って大笑い。その真相単体では多分ここまでウケなかったと思うんだけど、変態方面については主人公のハデさに目を奪われ完全に死角に入っていたのと、当該のキャラについて全く違うイメージで固定してしまっていた分、此処ぞというときのインパクトにブースト掛かったんだろうなあ。
いやあ、あのシーンはウケにウケた。
とはいえ、それに塗り潰されるほど主人公のキャラクターも薄くはない。というか濃い、いや濃いというよりも酷い。ある事情から煩悩強度がふたり分抱える羽目になった上に建前を奪われ、嘘がつけず本音が駄々漏れになってしまう、という有り様になっているとはいえ、その本音が酷すぎるw
逆に素直に感情や本音を表に出せなくなり、表情や抑揚を失ってしまった月子とのポンポンとリズムのいい掛け合いは、本当に面白かった。二人がこういう有り様になってしまって以降、加速度的にノリやテンポが良くなっていくんで、冒頭しばらくのノッタリとして話に入りにくいテンポは一気に払拭されていく。どんどん楽しくなっていく。月子も、クールに主人公の変態発言の連発を罵るんだけど、建前を奪われた事で行動への歯止めも消えてしまった主人公の突進を制止したりもしないし、それどころか結構付き合いよくひょこひょこと主人公の後ろを付いてくるので、実はブレーキ役がいないんですよね。お陰で鉄砲水みたいな主人公たちの勢いに巻き込まれて押し流されてしまうのが、被害者にしてもう一人のヒロイン、小豆梓なのである。被害者だよね、どう見ても(苦笑
主人公視点なので、なかなか梓と月子、二人のシーンがないんだけど、これはちょっともったいなかったかなあ。どうやら主人公の居ないところで相当、二人仲良くなってたみたいなんですよね。三人一緒で行動するときのドタバタ感の楽しい雰囲気が良かっただけに、余計に女の子二人での様子も見たかった。何気に、月子にとっても梓にとっても、お互いの存在ってキーパーソンになっているわけですし。月子にとって、姉との拗れた人間関係の悩みをいだいている中、梓はお姉さんのような存在として重きを為し、実際の姉妹関係について考える節目になっているし、梓は梓で失楽し遠ざけるようになってしまった同性の友人という立場にスルリと滑りこんできた月子は、友達という存在をもう一度梓に考え求めるに至るきっかけになったわけですから。
主人公のパワフルな言動に振り回される事が、月子と梓にそれまで立ち止まっていた所から一歩進ませ背中を突き飛ばされて前に進むはめになったとはいえ、そこでまた立ち止まってしまわずに勇気を持てたのは支えとなるもの、ちゃんと自分を見てくれるもう一人のお姉さんや逃げまわる自分を追いかけて友達になってくれた年下の娘が居てくれたから、とも言えますものね。
その意味でも、梓と月子の二人の関係についてはもっと突き詰めて見てみたかったと思います。ただのライバルじゃない、という意味においても。
さて、肝心の変態王子なのですが、これまた単純に見えて複雑怪奇になってるなあ……。彼の猪突猛進性と、まるで逆な後退りしてしまう性質。そのまるで別人、二人いるみたいな乖離性は、つまるところ本音だけがその人のすべてか、って事なんでしょうね。建前にだって、本音は介在している。いや、建前を振りかざしてしまうその意志にもまた、嘘のない本心が隠れている、とでも言うのでしょうか。肝心なときに、自分の本音がわからないから、と尻込みしてしまう行動と、建前を振りかざして有耶無耶にしようとする行為に、何の違いがあるのか。
つまるところ、肝心なときに二の足を踏んでしまうのは、建前本音を抜きにしたところにある彼の本質だった、ということか。だから、彼が“笑わない猫像”に祈った自分の建前を取っ払って欲しいという願いに込められた、自分の中で変えたい部分は、猫像の奇跡では変わらなかったということなんでしょう。結局、それを成すには他力本願ではなく、自分の力、自分の意志でやらなきゃならなかった。妖精さんと笑わない猫に背中を押してもらったとはいえ、それをちゃんと出来た主人公は、偉いと思いますよ。
でも、自分の思ってることをちゃんと言えるようになったなら、次はもう少し周りに居てくれる娘たちの事をよく見て、彼女たちが何を思っているかを考えてあげて欲しいな。女の子に淋しそうな笑みを、ため息をつかせている間は、まだまだ、だよ。