死なない生徒殺人事件―識別組子とさまよえる不死 (メディアワークス文庫)

【死なない生徒殺人事件 識別組子とさまよえる不死】 野崎まど メディアワークス文庫

Amazon
 bk1

死なないはずの、女が死んだ――。女子校を舞台に描かれる怪異ミステリ。
「この学校に、永遠の命を持った生徒がいるらしいんですよ」
 生物教師・伊藤が着任した女子校「私立藤凰学院」にはそんな噂があった。話半分に聞いていた伊藤だったが、後日学校にて、不意にある生徒から声をかけられる。自分がその「死なない生徒」だと言ってはばからない彼女は、どこか老練な言葉遣いと、学生ではありえない知識をもって伊藤を翻弄するが……二日後、彼女は何者かの手によって殺害されてしまう――。果たして「不死」の意味とは? そして犯人の目的は!? 第16回電撃小説大賞<メディアワークス文庫賞>受賞者・野?まどが放つ、独創的ミステリ!

うわぁっ、これは巧いわっ! やられたっ! ミステリーを読んでて何が一番痛快なのかというと、全く頭の隅にもなかった予想外の展開を、辻褄の合わない非論理的な超展開ではなく、考えてみれば、意識さえしてみれば完璧に納得させられるロジックを以て、ここぞというタイミングで突きつけあっれる事、なんですよね。
その点において、これはまさに絶妙でした。本当に僅かずつ、絶妙な力加減でこちらの盲点を突いてくる。特にラストにはやられたなあ。なんと、そういう事だったのか! とすべてわかったような気になってホッと息を付いた途端に、ポンと後ろから肩を叩かれるみたいに登場する最後の真実。
これには思わず、パンと柏手を打ってしまいましたよ。あれは完全に盲点だった。その発想は見事に死角に追いやられてしまっていた。意識は全部、特定の方向に釣り出されていて、まったくそっちには思考が回る余地を置いていなかった。
今まで丹念に語られてきた説明や解説、解釈をたった一撃で全部台無しにしてしまう、身も蓋もないぶっちゃけっぷり。なんという喜劇的顛末。
いやー、久々に、やられたーーっ! という痛快な気分を味わわせていただきました。

主人公である先生のキャラクターも、これは妙味なんですよね。軽妙洒脱でとても俗っぽい事ばかり考えてる人なんですが、斜に構えてるように振舞ったり、お気楽ふざけたような地の文で内心を語っているわりに、よくよくその人柄や言動を見ていると教師として非常に真面目て、子供にモノを教えるという仕事に対して真剣で、教え子の事を真摯に考えている、とても素晴らしい先生なんですよね。そして、好奇心旺盛で向学心に富み、建前や常識に縛られずに、自分が見聞きしたものに偏見を抱かず興味を抱ける。かなり面白い人でもある。
先生の一人称で物語が進むので、あんまりそんな風には見えないんだけど、識別組子が懐き、同僚の受村先生や有賀先生が親身になり、天名珠が彼に頼ったのも、彼だからこそ、と言える気がする。

ところで、ここで描かれている怪異、つまりここで語られる不死って、筆者のデビュー作である『[映]アムリタ』を読んだ人なら「おっ!?」と思うものではないだろうか。方法や、上書きと併存という、という違いこそあるものの、基本概念としては共通していると言っていいんじゃないだろうか、これ。情報伝達手段がアナログなものしかなかった時代に発祥したものと、より発達した手段が存在した現代の差とも言えるのか。現状、彼女らが到達している学識の高さからして、現代科学の情報伝達技術を媒介に変換出来ないはずはないから、今のままで良し、と考えているのかな。もし、その気になればもっと簡単に増殖できそうなんだし。

しかしこれ、映像化、というかビジュアル化は難しい、というより絶対無理だよなあ。件の証明図形って、それこそ当人たちでないと描けないわけだし。だからこその説得力だったのだが。あれは字面上はこの上なく簡単な表現で説明されているのに、有無を言わせぬ無二の威があったものなあ。

野崎まど作品感想