毒吐姫と星の石 (電撃文庫)

【毒吐姫と星の石】 紅玉いづき/磯野宏夫 電撃文庫

Amazon
 bk1

夜の王に祝福を受けた異形の王子と、呪いの言葉しか知らぬ少女の歪な恋物語。

 全知の天に運命を委ねる国ヴィオン。占により下町に捨てられ、呪いの言葉を吐いて生きる姫がいた。星と神の巡りにおいて少女は城に呼び戻され、隣国に嫁げと強いられる。唯一の武器である声を奪われて。星の石ひとつ抱き、絶望とともに少女は向かう。魔物のはびこる夜の森、そのほど近くの聖剣の国レッドアークに。少女を迎えたのは、夜の王に祝福を受けた、異形の手足を持つ王子だった。第13回電撃小説大賞〈大賞〉受賞作『ミミズクと夜の王』の続編、満を持して登場。
うわぁぁぁ、ほんとに続編だ。まるっきりの続編だ。どうしよう、『ミミズクと夜の王』、どこに仕舞ったんだ? 無性に読み返したくなったんだが、魔窟のどこに埋もれてしまったのか、全然わからないや。先日、クローゼットの奥や山脈を崩して整理したとき見た記憶がないので、別のところに仕舞ったのか。
何にせよ、この続編も素晴らしく素敵な物語だった。御伽話だった。胸がキューーと締めつけられるみたいなんだ、これが。思い返しただけで、なんか泣きたくなってくるんですよねえ。
まだ幼い頃、絵本の童話を読み聞かせてもらった時、その語られる夢のようなお話の世界に、もしかしたらこんな風な気持ちを抱いていたのかもしれない。だとしたら、そんな感慨を大人になった今にもう一度味わわせてくれるこの作品は、正しく大人のための御伽話なのかもしれないね。
占いの結果によって、生まれてすぐに下町に捨てられ、物乞いや引っ手繰りを繰り返してようやく生きてきたエルザ。生きるために、毒のようなひどい言葉を吐き続け、呪いの言葉を吐き続け、毒吐姫などという異名を背負った少女は、またも占いによってその意志や尊厳を全く無視され、隣国レッドアークへと嫁がされるハメになる。その唯一の武器であり、拠り所であった言葉を魔法によって奪い去られて。
その境遇から恐ろしく性格をねじ曲げてしまったエルザなのですが、それ以上に彼女を見舞う理不尽が酷いんですよね。人として扱われず、尊厳を踏み躙られ、占いの結果だからというだけの理由で人生を振り回されていくのです。彼女の悔しさ、怒り、絶望が前半にはとぐろのように渦巻いている。彼女の吐き出す言葉は正しく憎悪であり、呪詛であり、すべてを呪う悲鳴であったのです。
そんな彼女に許された最後の抵抗すらも、声を奪う魔法によって取り上げられ、彼女は本当に何もかも、すべてを奪われた状態で供物のように隣国の王子の元へと放り出されたのでした。
呪われし四肢を持った異形の王子と呼ばれるものの元へと。

でもね、心も体も傷だらけで敵意を剥き出しにして誰も近づけまいと暴れる少女を待っていたのは、本当の優しさを持っていた人たちだったのです。エルザの毒の言葉をそれがちゃんと彼女の悲鳴であり自分を守るための鎧であるのだと聞き分け、異形の王子クローディアスはひたすらに辛抱強く、彼女の言葉を受け止め続けるのです。

……王子、ディア、強くなったなあ。いい男になったなあ。もう、それだけで泣きそうだ。
あの世界を呪っていた少年が、こんな事を言うようになってくれたんですよ。
あの、手足の動かなかった日々が  今、僕に勇気を与えてくれる
そして彼が抱くに至った優しさという名の強さが、今度は傷つき誰も信じなくなった少女の心を癒し温めていく。言葉という武器を振り回して、必死に自分の身を守っていたエルザに、自分の惨めで苦しかった過去を振り返る勇気と、自分の道を自分で選ぶ力を、与えていくのです。

でも、二人の仲は決して順当には進んでいかないし、紐解けてもいかないんですよね。易々と心許すにはエルザの心は傷つきすぎていて、彼女の魂は雄々しすぎて、さながら手負いの獣のようだし、同時に彼女の人としての尊厳の踏み躙られ続けた過去は、毒を吐くばかりの丸裸の自分は誰にも愛される資格のない、幸せになれない惨めな存在なのだという思いをエルザに植えつけてしまっている。
それでも、ディアや聖騎士、巫女の決然とした優しさに段々と心寄せていくエルザだけれど、それ故に王子たちの心の内には、エルザの国にも伝わる真昼姫と呼ばれる少女の存在が強く宿っている事に気づいていくわけです。
そりゃあねえ、王子はじめ城中の人たちに色濃く残っている先人の影と自分を比べてしまったら、怖気付いちゃうわなあ。何しろ、相手は御伽話のヒロインのような伝説的な人物だ。ディアも変に素直だから、ミミズクのことを指摘されて真面目に考え込んじゃうし。
でも、そんな彼女に最後の勇気を与える人こそ、あの娘なんですよね。真昼姫とはこれ以上ないくら位彼女の事を言現したあだ名じゃないだろうか。彼女が現れた途端、本当に世界が明るくなった、温かくなった。そんな彼女に、ありがとうと言われて、今まで存在そのものを無視され否定されてきたエルザを、丸ごと肯定するようなまっすぐな言葉を投げかけられ、全身で包まれて、これほど嬉しいことはないんじゃないだろうか。これほど心強く、勇気を与えられる事はないんじゃないだろうか。
あのシーンは泣いたなあ。泣いた泣いた、泣けてきた。

こっから生まれ変わたようなエルザの可愛いこと可愛いこと。全部終わった後のディアとのやり取りなんか、思わず抱きしめてあげたくなるくらい。そんな事をしたらぶん殴られそうですが(苦笑
「引き留めなさいよ!!」はまさしく最強でした(笑

紅玉いづき作品感想