パパのいうことを聞きなさい! 5 (集英社スーパーダッシュ文庫)

【パパのいうことを聞きなさい! 5】 松智洋/なかじまゆか スーパーダッシュ文庫

Amazon

「ジュウベエは、ひなのおともだちだよ!」
小鳥遊家にペット!?
ひなは大喜びだが、そこには微妙な事情が……。
しかも祐太は初めての合コンに誘われて……?
姉が飛行機事故で行方不明となり、血のつながらない三姉妹を引き取る事になった大学一年生の瀬川祐太。
朝食ひとつにも苦労する暮らしをみんなの助けで日々を送り、最近は近所に住む女子高生栞ちゃんも積極的に助けてくれていた。
激変する生活で留年しかけたがなんとか回避してほっとしている祐太を、同じ専攻の学生たちが合コンに誘う。
困惑する祐太は、さらにバイト先から童顔の老犬ジュウベエを預かる。ペットを飼いたいと思っていた三女ひなは大喜び。
空と美羽は、必ず別れる日が来ると心配顔なのだが……
優しさ満載で贈るドタバタアットホームラブコメ第五幕!

普段は聞き分けのいい子にこれだけ抵抗されちゃあ、心が挫けるよなあ。てっきり、もうジュウベエは死にかけてて、飼い主はジュウベエが預けている間に死んだら、責任を問うてきてバイト代どころか慰謝料を請求してくるに違いない、とハラハラしながら見守っていた自分は、どうやら考え方が黒すぎるみたいです(苦笑
でも、ジュウベエをはっきりと老犬、と表記しているのは注目点なんですよね。散歩している時の様子を見ても、元気溌剌どころかえっちらおっちらと大変そうですし、これはもう最晩年じゃないのでしょうか。彼はおそらく、ひなにとって大きな意味を持つ家族になってしまうんだろうな。裕太が何の気になしに呟いた、ひなが両親の身に起こったことを理解する日は思ったよりも近いのかも知れない云々は、決して意味なく挟まれた文句ではないはず。でも、まだ三歳なんですよね、ひなは。子供が一番可愛い頃なんだよな、この頃が。そんな、ただただ愛される事が仕事みたいな時期に、残酷な現実なんか理解するにはまだ早過ぎる。せめて、幼稚園に行くくらいまでは。自然と、いつの間にか事実を受け入れられるようになるくらいまでは、この子に哀しい思いを抱かせないで欲しい。
あんなに寂しい思いをしているだけで、十分酷なんだから。
でも、別にひなが今、不幸せってわけじゃないんですよね。裕太が合コンで自分の境遇を可哀想と連呼されたことに違和と不快を感じたように、哀しい事はあったかもしれないけどそれを乗り越えて、今この家族は様々な障害を乗り越えて本当の家族となり、支えてくれる親族と打ち解け、かけがえの無い友人に見守られているわけで、何の粉飾もなく今の彼らは幸せそうに見えますよ。
憂い少なくなり、頑張りが報われて、安定した穏やかで賑やかで幸せそうなこの子たちの様子を見ていると、よくここまでやってきたなあと感慨深くなります。
空や美羽の恋心は、淡い初恋に終わってしまいそうだけれど。自分は順当に茉香さんと上手く行けばなあ、と思っているので、合コンでの茉香の思わぬ乱入と真剣な態度は嬉しかった。二人の相性って、当人同士が思っている以上にイイと思うんだけどなあ。
それから、仁村くんはマジで買いだと思う。今回も、彼の気配り手配りに助けられすぎだ。裕太も、偏屈な事言ってないで、本気で娘さんたちの将来を考えたら、この得難い友人は絶対に押えておくべきだと思うぞ。
あと、伯母さんのよし子さんの妙に可愛いところが二回も見れたのは眼福(笑
ドレス、着ればよかったのに。あの犬が苦手で、思わずカーテンに包まって隠れてしまうって、どんだけ可愛いんですか(笑
このヒト、少女時代はお固いくせに時折見せるか弱いところが可愛すぎる、とか評判だったんだろうなあ。でも、ジュウベエが居座るんだったら、今度どうするんだろう。簡単に家に来れなくなりそう。いや、こういう犬が苦手な人に限って、むしろ他の人よりわんこに感情移入しちゃうんだよなあ、きっと。

1巻 2巻 3巻 4巻感想