傾物語 (講談社BOX)

【傾物語】 西尾維新/VOFAN 講談社BOX

Amazon

100パーセント修羅で書かれた小説です……。――西尾維新

“変わらないものなどないというのなら――運命にも変わってもらうとしよう”
迷子の小学生・八九寺真宵(はちくじまよい)。阿良々木暦(あららぎこよみ)が彼女のために犯す、取り返しのつかない過ちとは――!?
<物語>史上最強の2人組(ツーマンセル)が“運命”という名の戦場に挑む!
これぞ現代の怪異! 怪異! 怪異!
君の影、探してまよう帰り道。
あひゃひゃひゃはや、ぐへっ、げほげほ、くひゃひゃひゃひゃッ。
んなアホな!!

いやいやいや、もうなにこれ、アリなの? こんなのアリなの? 修羅で書いたらなんでこれになるんですかよ!? これに到るまでの理屈がわからない、筋道がわからない、意味が分からない(爆笑
やられたとか、予想の斜め上を行くとかの段階を通り越して、あり得ない。まさか、こんな話になってるなんて、予想した人居ないでしょう。居てたまるかっ!!ww

ああもう、猫物語を読んで、この第二期シリーズの傾向みたいなものを読み切っていたつもりになってご満悦に浸っていた自分を、それこそ側溝にでも蹴り落としてやりたい気分だ。勿論、このまよいキョンシーでは、八九寺が語り部になっている、などと思っていた訳ではなく、二期に入ることでキャラクターに与える方向性みたいなものの施策方針みたいなものを捉えた気になってたんですよね。その上で、まず前提として二期には一本のでっかい幹となる物語があるものなのだと、思い込んでいた。
それが、これだもんなあ。
ねえよっ、マジで!!(笑

でも、冷静になって観直してみると、実のところ決して的外れの勘違いをしていたわけじゃないんですよね。こんな突拍子も無い展開にも関わらず、少なくとも八九寺については羽川と同じような結論が出てしまったんじゃないでしょうか。否、すでに彼女に取って結論と結果と結末が出ていたからこそ、こんな展開になってしまった、と言えるのかも知れない。余談なんだよなあ、全部余談。結局、八九寺については阿良々木くんの中で決着が着くかどうか、それだけが問題だった気がする。だからこそ、この傾物語は阿良々木くんが八九寺と全く関係ないところで八九寺の為に七転八倒して無茶と馬鹿と大失敗を繰り広げた挙句に、やっぱり八九寺と関係ないところで終わった物語となってしまったのだろう。元の木阿弥とも言えるし、一周回って元の所にもどってきてしまったとも言えるけど、まあなんだね、阿良々木くんにとって八九寺はロリでないと許せない、というわけでないのだと分かっただけでも、それは多大な収穫と言えるに違いない……ん?

というわけで、この話は八九寺と全く関係ない話にも関わらず、まさに彼女の為という点に集約されているという、話の展開も訳がわからないなら話の前提すらも訳がわからないという、素っ頓狂極まるイカレた話になってしまっているのだが、巷で騒然となっているように八九寺の為の話でありながら、同時に忍と阿良々木くんの二人のお話にもなってるんですよね。焦点は、まさに忍と阿良々木くんの人間関係の再確認。おいおい、先に予定されている「しのぶタイム」はじゃあどうなるんだよ、ってくらいに二人でイチャイチャしまくっている。多分、鬼物語では忍個人の内面や存在そのものに斬り込んでいく話になるんだろうけど(実際本が出たら的外れなこと言ってたなあと赤面するんだろうな)。
しかし、こんな話だったからこそ、阿良々木くんにとって忍が如何に他の娘たちと隔絶した、本当に特別で、嘘みたいに特別で、あり得ないほど特別な相手なのだというのがよく分かる。一緒に死ぬと誓った相手が一緒なら、過去でも現在でも未来でもなく「終わり」を誓った相手だからこそ、たとえ世界が滅びていても二人は二人であり続ける。「終わり」を誓い合うというのは、安心を約束されているとも言えるからだ。一心同体とは、まさにこのふたりのことを言うのだろう。
そして、その誓いが壊れてしまった時こそ、本当の絶望が訪れたのだ。

にしてもだ、ほんとにもう、なんでこうなったんだ? 幾ら何でもそこに至るまでの流れが酷過ぎるんだが。阿良々木くんも、初期のクールな阿良々木くんなら、破天荒でもそこそこに腰の座った阿良々木くんなら、こんな顛末は引き起こさなかったんじゃないか。そう考えると、忍のキャラクターの崩壊に匹敵するくらいに、阿良々木くんもまたシッチャカメッチャカになってるのかもしれない。なんか、さり気無く阿良々木くんのキャラが壊れ始めた原因らしきものが明かされちゃってた気がするが、そのままスルーしてあげるのが気遣いな気がしてきたw
なんだかんだと大スペクタクルで、阿良々木くんと忍の二人っきりの、二人ぼっちの、なんとも雰囲気のある話になってしまっていたけど……やっぱり、そこに到るまでの展開って、殆どギャグ漫画だよなあ。いいのかこれ、と頭抱えたくなるぞ。色々と軽々と飛び越えすぎだ。いいぞもっとやれ、と言いたくなるけど、本当にもっとやられるとどこまで行くかわからないので、黙って付いていきゃあ、訳の分からない三千世界の果ての隅っこにまで連れて行ってくれそうなので、わざわざ声をあげて言わんでもいいでしょうww

で、だ。
そろそろ、阿良々木くんの八九寺への所業が、犯罪紛いとか殆ど犯罪とか現行犯確実を通り越して、普通にアウトになってる気がするんだが。
おいてめえ、小学生を部屋に連れ込んでなにをした!!?
一部始終を見ていたらしい忍の発言から推察される情景が、明らかに一線をダイナミックに飛び越えすぎてるんですが!?

化物語(上) 化物語(下) 傷物語 偽物語(上) 偽物語(下) 猫物語(黒) 猫物語(白)