輪環の魔導師〈8〉永き神々の不在 (電撃文庫)

【輪環の魔導師 8.永き神々の不在】 渡瀬草一郎/碧 風羽 電撃文庫

Amazon


魔族、聖教会、アルカイン達──三つ巴の戦いの行方は? シリーズ第8弾!

 シャンヤルル僧院にて再び激突したアルカイン達とロンドロンド騎士団。それに並行して工人ナボールと南天将デルフィエの接戦も続く中、楽人シェリルと腹心のレニーは、六賢人の亀裂が決定的なものになることを危惧していた。
 そして、まるでその不安を嘲るかのように、眼下ではある変事が起き――
 セロの中でよみがえる大罪戦争の断片的な記憶。幼いフィノが見た異世界につながる門。様々な謎が糸となってつながる先に、魔族の“主”が現れる!
 人気ファンタジーシリーズ第8弾!!

ああなるほど、フィノの度を越したセロへの執着は、いわゆるヤク中みたいなものだったんだね。なら仕方ない……って、んなもん余計ヤバいじゃん!!
ま、まさかフィノのあの病みっぷりに相応の理由があったとは驚いた。驚いたけど、それ以上に怖いっすよ。ぶっちゃけそれが真実なら、もう中毒症状が進みきってしまった依存症じゃないですか。治りようがないじゃないですかっ!
これ、フィノがセロと離れ離れになったら冷静になって落ち着くどころか、禁断症状が発生しそう。フィノが強引にでも旅にくっついてきたのは正解だったんだな。
このシリーズ、何が起ころうとどんな敵が出てこようと、とりあえずフィノより怖いものは存在しないので、何があろうとわりと鷹揚に受け入れてしまえるのは、正直どうなんだろう(笑
ついに現れた魔族の主。さすがは魔族を生み出し、主と祀り上げられている人物だけあって尋常でない異質さと存在感で場を圧倒してしまうのですけど、怖くはないんですよね、怖くは、うん(笑
別に、いきなり横っ腹をナイフで刺して来たりとかしなさそうだし。いや、仮にもラスボス級がいきなり腰だめにナイフを構えて体当りしてきて「裏切り者ーーっ」とか泣き叫びながらグリグリと突き刺したナイフを捻ったりとかしてきたら、それはもう怖いとかいう話じゃないんですけどね。ラスボス級がそんなことしたら、困る、うんw
だもんで、まあ怖くないとか的外れな感想なんですが、でもフィノと比べると怖くないww

とはいえ、この魔族の主という存在が非常に危険なのはひしひしと伝わってくる。前巻までのエピソードなどから、魔族になっても善い人は善い人で魔族=悪ではない、というのは理解できたのだけれど、それを上書きする形でさらに魔族の在り方の情報が出てきたことで、やはり魔族という存在になることは不自然で危険なことなのだということが発覚する。人格の開放については論じる余地があるけれど、魔族全体が一人の意思によって思考に影響を受けてしまう可能性があるというのは、やっぱりねえ。肝心の主が、温厚で人格者ながらどこか破綻し人倫から逸脱してしまい、さらにある存在に執着して社会秩序を全く顧みていない、というだけでも危険極まりないのだから。

かと言って、聖教会みたいな信仰を笠に着た絶対権力の押し付けに対しては、魔族は一定の共闘は出来るはずなんですよね。だから、両方と完全に敵対しまう形は出来れば取りたくない、というのが今のアルカインたちの立場になるんだろうけど……いや、そもそもアルカインたちにはまだ聖教会や魔族たちみたいに世界をこうしたい、という展望が無い以上、第三極にはまだ成り得ないんだよなあ。楽人シェリルも含めて状況の激変に混乱しながら対処し続けているのが現状で、積極的に現状を思う方向へと動かそうという能動が生まれていない。その方向性が見いだせてないから、仕方ないんだけど。
やっぱり、そこを見出しはっきりさせるためには、セロの持つ力の真実を明らかにすることと、行方不明の魔人を見つけないと始まらないんだろうなあ。
セロの秘密については、魔族の主が知ってるみたいだけど、聞き出せるかどうか。なんか、最後えらいことになってしまったし。
いきなりあれは想定外すぎるっ。もしかしてこのシリーズも、パラサイトムーンにつながってるんじゃないだろうな!?

最後に、満足して逝ったバルマーズ師に黙祷。涙とともに見送るラダーナと、バルマーズの遺志を継ぐと誓うクリムドの姿に貰い泣き。この三人にこれだけ感情移入することになるとはなあ。

渡瀬草一郎作品感想