おれと一乃のゲーム同好会活動日誌その3 (MF文庫J)


【おれと一乃のゲーム同好会活動日誌その3 エンドオフ・エンドレスエンド】 葉村哲/ほんたにかなえ MF文庫J

Amazon

知っているかしら、私の看病は……、蕩けそうなぐらい甘いわよ
荒谷学園ゲーム同好会。いっさいのゲームを拒否し、思いつくままに刹那の時を燃やしつくす少年少女たちが集う永遠の天国(かっこよくしてみた)。さて、同好会の次なる使命は、旧校舎の大掃除! 素早く若奥様スタイルにコスプレした一乃とキリカ、そして増殖する妹・リリス×2の壮絶なバトルが始まる! ほか、花火をする五人とか、宗司の家に泊まりにくる一乃とキリカとか、無人島に宝探しに出かけるとか。ぽろりしかない……だと!?  そして密かに語られる、宗司とリリスの秘密の過去――。葉村哲が贈る新感覚ラブコメディ(問題ない!)、第三弾!
ん? んんん? 妻的な人が三人? 高校時代の友達で、文化祭の日に告白されて、そのままいい雰囲気のままズルズルと現在に至る……って、なんか聞いたことのあるような来歴なんですが、宗司くんのお父さん。苗字が違うじゃないか、という意見も浮かぶのだけれど、そもそもリリスがそうであるように、宗司が父親の実子であるかというと、どうもかなり怪しい部分があるし。宗司が、三人いる母親について肉親としての愛情があることは語っても、実の母親というふうには、その語り口からは感じられなかったし。そもそもあの写真。父親と母親三人が映ってる写真。なんで十年前なんだ? 宗司の年齢である16,7年より前の、子供がいない時分の若い頃の写真ではなく。
父親、性格が結構違うくね? という部分は確かにあるんですけどね。でも、宗司の正体が未だに謎に包まれ、彼が自分のことについて嘘をついていることが明らかになった以上、父親と母親たちの素性が、いわゆる前作のあの人たちである可能性は大いにあるはず。
だとしたら、幸せにやってるということで、嬉しいんですけどね。両親の寝室、ダブルベッド二つ並べて、四人一緒に寝られるようにしてるって、どれだけ幸せ享受してるんだ、って話ですけど(笑
しかし、身近にこうしてハーレム完成させた実例があると、現状の宗司だけが認めていない一乃、キリカ、リリスによるラブラブ時空も、そのまま成立してしまえばいいんじゃない、という気になっちゃいますよねえ。肝心のヒロイン衆も「あれ? ハーレムってありなの?」と蒙を啓かれたようですし。さすがは日本人。前例主義者は伊達じゃありませんw

さて、本格的にリリスも加わったヒロインたちの誘惑合戦もアバンチュールな夏に差し掛かった事でさらにエスカレート。まあ、エスカレートと言っても彼女らが切羽詰ってるって訳じゃないんですけどね。この手のラブコメ系で主人公にアピールをスルーされ続けていると、大抵のヒロイン衆は焦って暴走しだすのが常なのですが、一乃たちはむしろ余裕たっぷりなのが面白い。宗司が弄り甲斐のある可愛い反応をしてくれるというのもあるし、彼女たち自身がそれほどガツガツと成果を求めてないからなんでしょうね。今の関係を大いに楽しみつつ、でも本気になって襲ってきてもそれはそれで嬉しいからオッケー、という余裕のある姿勢でいるからか、露骨な誘惑を仕掛けてきても見苦しさがないですしね。恋敵との競り合いも、姑息に走らず真正面からの殴り合いで、いっそ爽快でありますし。
そろそろ一乃の異能が、ただの謎ペット製造機関になりつつあるのが何とかしろ、という感じですがw
にしても、自分、ナース服属性は皆無だったはずなんだけどなあ……まさか、黒ナース服なんてジャンルがあるとは! これは死角を突かれたぜ。さらに、白スク。自分、白スクに限らずスクール水着にはピクリとも食指を動かされること皆無だったのだが……一乃さん、すげえぜ。ナース服といい白スクといい、本来萌え属性にないジャンルにも関わらず、ザクザクとこちらのハートを抉ってきやがる。おへそおへそ♪ 最近の一乃さんの誘惑は、本気でその場で襲い掛かれても仕方ないレベルだぞ。
「そう、私は森塚一乃、十六歳」「強引に迫られるのも悪くないかもとちょっぴり思う、意外に受け身な部分もある少女」
「そう、私は森塚一乃、十六歳」「鉄壁のガードを誇るも一度内側に踏み込まれると意外にちょろい少女、攻略難易度は上の下ぐらい」
「ね、ねえ宗司。私は首輪と目隠しにロープくらいなら、その、頑張るわよ?」
鉄壁のガードを誇っていたのはいつの時代ですか、一乃さん。全然記憶にないんだが(笑

一応、今回はリリスの当番回、になるのかな。此処に来て、ほぼ一乃やキリカと同等の第三ヒロインとして、出番の頻度も同じくなってきたし。彼女が養女であること。最初は一人であったことなどが明らかになったわけで。彼女の異能「第一世界」の詳しい内容や、なぜ同一の二人のリリスが存在しているのか、の謎については語られないものの、あの過去回想から色々推察は出来るようになっている。
とはいえ、むしろあの回想は宗司の異常性を示すものとして描かれているようだけれど。やっぱりこちらのシリーズでも、ヒロイン的な役回りになるのは主人公である宗司になるっぽいな。
そして、次は同棲編か。これももう、定番だな(笑

1巻 2巻感想