変態王子と笑わない猫。2 (MF文庫J)

【変態王子と笑わない猫。2】 さがら総/カントク MF文庫J

Amazon


夏が終わる。十六歳のたった一度きりの夏が。いったいぼくは何をして過ごしたというのだろう? 大いに焦る横寺陽人は、今日も今日とて空回り。月子に振られ、小豆に振られ、ポン太に振られ――自宅までも消滅した! なんで? どうして? どういうこと!? 雷雨のなかにひとり、なにもかも喪って、どこに行くあてすらもない。「それなら先輩。今夜は、わたしの家に泊まるですか」「あ、うん。うん?」……夏の終わりの台風日和。最後の最後に、最高のホームランイベントが待っていた! 風呂場の裸。縛られる布団。落ちる手錠。破られる衣服。そして――土蔵に潜む猫? 早くも人気沸騰の爽やか系変態青春ラブコメ第二弾! バイバイ、ぼくの初めて――
そんなに月子の兄になりたいのなら、いっそお姉ちゃんと結婚してお義兄ちゃんになっちゃえばいいじゃない、と兄兄連呼する主人公を半眼で見てたら、その通りだと言わんばかりにお姉ちゃんがとち狂った!!
すまないが、何がどうしてこうなったか全然わからん! お姉ちゃんの思考プロセスって訳の分からないタイミングで全く予想できない方向に空間跳躍してしまうものだから、時々前後関係微妙に繋がっておらず、何がどうしてそういう事になってしまったのか咄嗟に理解できずに、あのシーンは一瞬唖然としてしまった。
いやまさか、戸籍謄本まで見せたのにそういう結論に達してしまうなんて、予想外すぎるよ!(爆笑

という訳で、表紙は小豆にも関わらず、今回のお話はこれでもかというくらいに筒隠姉妹のための姉妹による姉妹のお話。小豆も途中で無理やり合流してきてるけど、どうも賑やかし扱いだな、これ。そもそも、主人公の小豆に対する扱いが酷すぎるんですが。気がないにしても、眼中にないとしても、その対応はないだろうと。なんでこいつ、万事に万事こんなに確信的なんだ? 世の中こうあるべきという確固とした信念を持っているといったらカッコイイけど、どうも自分の気持から他人の気持ちまでこうあるべきと決めつけて一寸もそれを疑ってない部分があって、折々で殺意が湧いてくるんですがw
ただ、その主人公の一方的な見方と各ヒロイン衆との錯誤、噛み合わなさこそが、この作品の芸術的なほどの会話テンポの軽快さ、軽妙さに繋がっているので損なうのも難しい要素なんですよね。
うーん、改めて見るとホントに凄いんだよな、この会話のテンポ。打てば響く鐘の如し、とでも言うべきか。この手のラブコメというのは軽妙な掛け合いこそが主眼な所があるが故に、逆に言うと掛け合いなんて見慣れきっててよっぽど光るものがないとすぐに埋もれてしまうものなんですよね。キャラクターの魅力や存在感によって面白さを維持向上させているパターンのものもあるといえばあるんだが、純粋に掛け合いだけで魅せれてる作品はやっぱり少ないんですよ。
その中でもこの作品は、会話の内容ではなく、掛け合いの間で魅せるという一点において別格かもしれない。恐ろしく完成度の高い漫才を見せてもらったような気すらしてくる。何より凄いのは、このリズム感が最初から最後まで一貫して調子を崩さず走り抜けてしまうところだ。普通は展開によって、ある程度高低差は出るものなんだけど。これを一本調子と見る人もいるかも知れないが、今回の話については私は高い位置に高度を保ったまま跳躍し切ったと見てる。もう凄いなあと感心するに終始してしまった。
まああれだ。端的に言ってしまうと、単純に掛け合いの描き方が上手いんだわ。それに尽きる。特に今回は、冷静なツッコミ役の月子と、見事な振り回され役の小豆に対して、主人公のボケに対して更なる大ボケで返してくるつくし姉さんが前回よりも遥かに多く関わってきたせいで、ボケとボケの応酬によって会話が明後日の異次元に飛び回るという噛み合わなさが芸術的な領域にまで達した混沌となってた分、余計に冴え渡ってみせたのかも知れない。
自分としては、このアホの主人公にはあのアホなつくし姉さんが意外とピッタリなんじゃないかと思うようになってしまった。小豆さんは不憫だがなっ! いや、不憫すぎて、この主人公相手だと彼女苦労しそうを通り越して悲惨な有様になりそうな気がするし。それならいっそ、何一つ噛み合わないことでむしろ噛み合ってる気がしてきたつくし姉さんとの方が上手くいくんじゃないかと。月子はつくしと横寺くんの皆の望むとおり、妹というポディションのまま事実婚という形で……w
いやね、本気でデレたつくしさんがもう訳分かんない可愛さなんですよ。鋼鉄の王なんて呼ばれてた一巻からは想像できないくらい。ただでさえアホの娘なのに、自分で自分が訳分かんなくなっちゃって、混乱して、一杯いっぱいになってテンパッた挙句の行動がアレですもんねえ。「察して」には直撃くらいました。あれは反則。参った。


1巻感想