○×△べーす (1)ねっとりぐちゃぐちゃセルロイド (ファミ通文庫)

【○×△べーす 1.ねっとりぐちゃぐちゃセルロイド】 月本一/日高フウロ ファミ通文庫

Amazon

スポ根お断り! ちょこっとラブで、ゆるっと「ぬるコメ」!?

「練れば練るほどぐらつくセメント、略して寝癖ボーイ! カマーン!」入学式当日の河川敷で威風堂々僕に呼びかけるキャッチャー姿の男。……変態だった。白球を追う青春なんてノーサンキュー。僕はのんべんだらりとした高校生活を夢見てたのに〜。その夢は一瞬にして砕け散ってしまった(完)。というわけにはいかず──。第12回えんため大賞特別賞受賞。変態と金魚の呪い?に振り回される僕と彼女とときどき野球のぬるま湯日常ラブ?コメディ開幕!
これ、タイトルからだと野球のスポーツものだとわかんないですよ。公式のあらすじ見ても分からなかったしっ! 他の方の感想を見てようやくスポ根ものだと把握した次第。とにかく、タイトルもサブタイも意味が分からないのは如何なものか。
スポ根お断りっ、とか書いてますけど、どう見てもスポ根モノじゃないのか、これ。挫折から立ち上がり、かつて自分をたたき潰した壁に立ち向かう、という意味で正しくスポ根やってるように見えるんだがなあ。わざわざ否定してぬるっとラブコメを前面に出さないと売れないのかしら。そうだとしたら遣る瀬無い世の中ですねえ、まったく。
ぬるま湯かどうかは兎も角として、野球というスポーツに対するこの作品のスタンスというのは、現実的なのかファンタジーなのか結構曖昧な立ち位置なのが興味深い。同じ女子が選手として参加し、強豪校と試合するという内容では電撃文庫の【若草野球部狂想曲】が今も傑作として燦然と輝いているわけですが、あれは現実とファンタジーの擦り合わせが絶妙だったんですよね。女の子のピッチャーが如何にして強豪校と真っ向から戦えたのかが徹底して論理的に突き詰められていた。それに比べると、この作品は些か曖昧度が強かったかなあ。いっそ、もっとファンタジーに徹しても良かった気がする。主人公が大好きだった野球を、努力の成果を諦めてしまうほどの天才性を示した少女の力量の凄味が、いまいちよく伝わって来なかったんですよね。
彼女が高校で獲得していた地位に見合うだけのとんでもなさが、具体的に分からなかった。もし、彼女が150キロを越える豪速球を投げる、とでも言うのなら理解も出来るんですが、底のところは妙に現実的で、実質130キロ前後しか投げてなかったみたいだし。女子としては凄いんだろうが、それで果たして甲子園でも名を残す強豪校のエースを張れるのかというと、説得力決定力不足な気がしますし。ぶっちゃけ、数ヶ月練習しただけの野球の素人が半数を占めるようなチームが、強豪校と試合をしてまともな勝負になるためには、リアリティ重視の話だとすると相応の論理的な説得力が必要ですし、ファンタジーに徹するなら相応の非論理的な説得力が必要なのですが、そのどちらもが欠けていた中途半端さ故に、試合の緊張感もちょっした草野球レベルのものになってしまっていて、ちと残念だったかなあ、と。
……あれ? おかしいな、私これなかなか面白かったよっ♪ という趣旨の感想を書こうと思って記事を書き始めてたはずなんだが、気がついたらこんな内容になってたぞ? なんでだ?
自分でも気がついていなかったが、野球ものに対しては何かしらのこだわりがあったんだろうか、自分(苦笑
しかし、実際の野球のプレイ部分は兎も角として、一度逃げ出しながら後ろ髪引かれるように戻ってしまった主人公の野球への愛情。主人公と同じ相手に自分の存在意義を踏み躙られ、同じ立ちはだかる壁に立ち向かう同志として、何より自分にとっての支えであり憧れであった人の、好きな人のかっこ良い姿をもう一度見たいという乙女心の赴くままに、戦友として主人公の隣に立つ幼馴染。他にも、それぞれに戦う意義を己の胸に宿した仲間たちと試合に挑む、熱いパッション。スポーツという舞台を通した若者たちの生き様を描く物語としては、充分以上の青春万花の作品である。ネタキャラに思えたチャーリーなんか、クライマックスに行けば行くほど、やたらとカッコイイ台詞を吐きまくるんだもんなあ。なにこの威風堂々のデブゴンわ(笑

でも、これ視点を変えてみると一方的にトラウマの元扱いされてる娘は、この娘はこの娘で同情してしまうんですよね。彼女は彼女で何の悪気もなく、憧れと恋心の侭に全力で期待に応えようとしていただけなんですから。その結果、栄光は手に入れられたにも関わらず、本当に欲しかったものは手に入らず、妹に盗られちゃう形になってしまった訳ですから。悔しいだろうなあ、とちっとだけ思ってしまったのでした。

一応続くのか、これ。とりあえず、あの校長は一度痛い目合わせて欲しいですね、うん。大人気なさが酷過ぎる。