白雪ぱにみくす!(7) (ブレイドコミックス)

【白雪ぱにみくす! 7】 桐原いづみ BLADE COMICS

Amazon


ひゃああああっ、うひゃああああっ、ヤバいヤバい、もうナニコレいかんよ君ぃ!!
赤面した白雪の可愛さがパねえ。留まるところを知らないというか、どこまで行くんだセニョールというか。うわぁ、それはもう反則。もうね、この巻の白雪ほとんどのコマで顔真っ赤にしっぱなしなんですよ。それだけでわかるでしょう、このラブラブ展開。いやー参った、どうしよう。死ぬわー(おぃ

というわけで、本シリーズ最大の懸案だったシンコのイジメ問題もひとつの解決を見たところで、ついにミドリが白雪に告白へ。キスからはじまった関係にも関わらず、実際はミドリと白雪がお互いの事を好きになるまで結構時間が掛かったんだけれど、お互いに恋が芽生えたあとの嬉し恥ずかしなもどかしいような照れくさいような距離感には悶えっぱなしでした。それも、ついにこの告白で決着へ。け、決着どころか、大悪化じゃないかーーっ。うわぁぁ、甘酸っぺーーっ、砂を吐くほど甘酸っぱいっ!!
もう、あらゆるコマのあらゆる白雪が可愛すぎて、悶絶する。
さっきの、もう一回、して
殺しに、殺しにかかってる、殺す気まんまんだ。死ぬ、死にそう。
あれ、邪魔が入らなかったらミドリの野郎、あの場で押し倒してたぞ、絶対。というか、あそこで押し倒さなくてどうするんだ、と。
そう考えると、表紙裏の白雪のあられもない格好は色々と想像できて素晴らしいな。素晴らしいな!!

兎に角、この最終巻は一冊まるごと白雪を堪能するためだけに与えられた濃厚熟成本と考えればよろし。

なにやら、なんでこうなった!? という訳の分からない展開も逢った気がするが、何はともあれ大団円。ええいっ、ミドリの野郎があそこまで覚悟するとは、見直したぜ若い身空で。
ああもう、最高のラブコメでした。好きだーー。