ウィザーズ・ブレイン〈8〉落日の都〈中〉 (電撃文庫)

【ウィザーズ・ブレイン 8.落日の都(中)】 三枝零一/純珪一 電撃文庫

Amazon

シティと賢人会議の歴史的同盟は、果たして実現するのか!?

 シティ・シンガポールと賢人会議の歴史的同盟締結を前に、凶弾に倒れてしまった参謀の真昼。厳重な警備が敷かれた病院に真昼は収容され、刻一刻と調印式の時間が迫りつつあった。様々な勢力の思惑が渦巻き、反対派が更なる妨害工作を仕掛けるなか、果たして調印式は無事執り行われるのか? 真昼の描く魔法士と人間が共存する未来の行方はどうなるのか!?
 そして、その一方、賢人会議の代表・サクラは、ウィッテンが書き残し真昼が隠していた地球を覆う「雲」を除去する方法を知ってしまう……。
 いよいよ佳境へと進む『ウィザーズ・ブレイン』、第15弾!
政治家ってそこまで市民に対して責任を負わなきゃいけないものなんだろうか。政治家というものは市民の代表であって、市民を庇護するものじゃない。彼のやってることは、政治家じゃなくて臣民の上に君臨する領主や貴族のあり方なんじゃないだろうか、とある政治家の強烈なまでの使命感に伴う行動に、ふとそんな事を思ったり。少なくとも、それは政治家としての役割の果たし方じゃない気がするんだよなあ。
そんな事を思ったのは、あの黒沢さんがイルに語った英雄論と助言が脳裏を過ぎったからである。この滅び行く世界にあって、無辜の民たちはただ庇護されるだけの存在であるべきなのだろうか。未来を選ぶ決断も、困難に立ち向かう選択も奪い去り、すべて与えられるが侭享受するだけの、本当に無力な存在として。守られるだけの存在として。
滅び行く世界の中で、目の前の人々を救うために多くの力ある者たちがそれぞれの信念のもとに動き、結果として対立が生じ、闘争が激化する。これら様々な信念と思想を持つモノたちの中で、本当の意味で世界中の人が力を合わせるべきだ、という考えに到達している者はどれだけいるんだろう。魔法士と一般人が協力し、各シティーが手を取り合って滅びに立ち向かわなければならない、と考えている人は多いんだろうけれど、その協力、という概念をよりミクロに、あるいはマクロに広げて考えている人はいるんだろうか。
むしろこの点については権力にしろ指揮権にしろ、戦う力にしろ、何らかの力を有している大人よりも、子供たちの方がよりそうした視点に近付いているような描写が伺える。最初の頃と違って、ここしばらくの巻では責任を負い義務を果たそうとして信念に殉じる大人たちの姿が切実に描かれているけれど、ここで再び主役たる立場に何の背景もない純然たる想いだけを持った子供たちが立ち返り始めている兆候が感じ取れる。
さて、未来は託されるものなのか、それとも切り開くものなのか。


幸いにも凶弾に倒れながらも致命傷は与えられずに生き残った真昼だけど、まだまだ死亡フラグは消えてない様子で、ヤバいなあ。さすがに真昼がどうなってもこの期に及んでサクラが発狂する事はないと思うけど、このタイミングでウィッテンが残した雲の除去方法がサクラにも知れるというのは意味深ではあるんですよね。しかし、雲の除去についての問題点があんなシロモノだったとは。これについては技術が未完成とかの方向性なのかと楽観してたんですが、これはあの真昼が絶句して頭を抱えるのも無理ないわ。もし、この情報が流出してしまった場合、ただでさえ魔法士と一般人の対立が深まっている中で致命的な自体を引き起こしかねないし。ある意味、魔法士対一般人の戦争をほぼ確実に引き起こしかねない鍵になってしまってる。
もっと簡単に世界は救われるものだと思ってたんだけど、これほんと人類滅亡を回避するために何か方法が残ってるのか?

そんな絶望的な状況の中で、救いはサクラの想いが花を咲かせたところでしょうか。もう、なんという甘酸っぱさ。カラー口絵のサクラのイラストなんて、凶悪のヒトコトであります。なんだ、真昼も満更じゃなかったのか。てっきりサクラが一人でテンパッてるのだろうかと不安に思ってたんだが。
真昼にとってサクラは運命の人だったわけだけど、いつの間にかそれ以上の意味合いをもって運命になってたんだなあ。
だからこそ、悲恋にはして欲しくない。サクラの両親があんな形で終わってしまった事を思えば、その娘であるサクラには幸せになってもらいたい。切実にそう願う。だから、真昼の死亡フラグは誰か引っこ抜いてーー。
あのちびっ子が、その重要人物になってくれそうな気もするけど。
どうしたらいいんだろう。神戸シティが滅びる渦中に居て、世界が滅びていく様に静かに絶望していた少女が、世界を救うために様々な人が一生懸命にがんばっていると知って笑顔を取り戻したこの子が、真昼と邂逅する事で一体どんな化学変化が起きるのか。もしかしたら、この物語のターニングポイントは此処なのかも知れない。

シリーズ感想