織田信奈の野望 5 (GA文庫)

【織田信奈の野望 5】 春日みかげ/みやま零 GA文庫

Amazon


 武田信玄、ついに動く――。最強とも言われる騎馬隊を率い、甲斐から織田信奈を倒すべく軍を進める信玄。さらには、浅井長政と朝倉義景の連合軍も攻め寄せ、織田家は追い詰められつつあった。

 なぜか史実とは微妙に異なる戦国時代に来てしまい、織田家に仕官した高校生の相良良晴は、信奈に勝利をもたらすべく「織田家四天王」最後の一人・滝川一益のもとへと向かう。

 果たして織田家臣団は、武田信玄軍と浅井・朝倉連合軍の挟撃を退けられるのか? そして天下盗りの野望に燃える武将たちの運命は!?
 ますます目が離せない天下布武ラブコメディ、第五弾。
何なんでしょうね、これ。ぶっちゃけ、戦国モノとしても戦記物としても話にならない、それ以前に世界観も適当でひとつの物語として話の持って生き方がハチャメチャで非論理的もいいところ。完全に気分でブン回している、とでも言うんだろうか。本当に、枠も筋道も構築せずに好き勝手に思うがまま書いてるだけとしか言いようがない。小説としてのクオリティとして見た場合、ちょっとどうしようもないです、はい。
それなのに、面白い。ええ、襟首掴まれて有無を言わせてくれない、心を捉えて仕方ないものが確かにあるわけです。とにかく『情』に訴える演出描写が抜群に上手い。いや、上手いのかな。文章的に上手いとはとても思わないんだけど、問答無用のパワーがあるんですよね。道三と信奈の親子愛に、信玄と勘助の否定されたもの同士の主従としての絆が、やがて親子にも似た親愛に至っていた情の結びつき。敵味方に分かれてなおお互いを忘れられず求め合う長政と信澄の愛情。ほんと、なんでこんなにグッと来ちゃうんでしょうね。読んでて訳がわからないくらい感情を揺さぶられてしまうのです。小細工抜きのド直球、脇目もふらぬ懇親のストレート、そんな登場人物の心情をそのまま叩きつけるような勢いこそが、この作品の魅力なのかも知れません。それこそ、立ち止まったらおしまいだと言わんばかりの突進こそが。そして、登場人物たちの「心情」以外全部うっちゃる潔さこそが、心の繋がりの描写を引き立たせ浮き彫りにしているのかもしれません。
あと滝川一益軍団ナメるなw
と、今まで唯一織田四天王の中で登場していなかった滝川一益が出てきたわけですけど……また幼女かw
しかし、丹羽さん以外残念なヤツしかいない四天王の中では、むしろ一益は良識派、ではないか、でも強かで頭も回る様子から頼もしい方になるんだろうけど、比較対象が大したコト無いからなあ。
……そもそも、この作品、大した武将っているのか? マジになった長政と信玄くらいじゃね? ってか、織田軍団ろくなのいなさすぎw 頼りの三河軍団も全然頼りじゃないしな。

一応、本命の信奈の攻略は変なところで躓きながらも、今回ちゃんとご褒美貰ったのか上げたのかどちらとも取れる展開でグッと進み、さらに信玄こと勝千代にもフラグを立て、となると勿論上杉謙信の方も何とかしないと話にならないんだろうなあ。謙信は、女バージョンになるとわりとどの媒体でも同じようなキャラになるけど、この作品も同じになるんですかねえ。あまりそのへんは突飛に走らずベタに落ち着きそうではあるが。