ゼロの使い魔20 古深淵の聖地 (MF文庫J)

【ゼロの使い魔 20.古深淵の聖地】 ヤマグチノボル/兎塚エイジ MF文庫J

Amazon

「やっぱりわたし、サイトのこと好きなのかな」「見せるの、そんなにイヤじゃなかったの」「わたし、悪い女の子なんだわ。友達の恋人を好きだなんて」―― ティファニアの『革命胸(バスト・レボリューション)』のおかげでエルフの追っ手から逃れた才人たちは、ルクシャナの導きでとある島を訪れる。この世界の生き字引といわれる水韻竜に会うためだ。だが有益な情報はなく、やきもきしながら過ごすうちに、ついにテファがレボリューション!? 一方、ルイズは学園の仲間とともにエルフの土地へ。迎撃してくるエルフたちに、才人を助けにきたと訴えるが……。世界を巻き込む災厄に翻弄されるルイズと才人は、再び手を取り合うことができるか!?
それは立派な寝取りでございますよ、ティファニアさん。罪悪感を抱いていたら、自己嫌悪に陥ったら許されるのか、と言えば自重できない時点で所詮は自分への言い訳に過ぎないのである。敵地で二人きりという突き放せない状況でサイトを誘惑し、その心を惑わそうとする行為は、友人であるルイズへの裏切りであることは否定できない。ルイズの居ないところでこっそりと、というのがやっぱりマズイよなあ。ティファの意図する所でなかったとしても、どうしてもやり口が卑怯に見えてしまう。特に、サイトがルイズを哀しませてはいけないと何度も断っているにも関わらず、繰り返し繰り返しねだるやり方がねえ。これで、開き直って決然とサイトを寝とってやるという意思と決意の元のモーションなら、それはそれでルイズが不在だとしても勝負を挑んでいるようにも見えるんだけど、こんな事しちゃいけないの、駄目なのだめなの、とか嘯きながら、まるで自分の意志じゃないみたいに、責任無いみたいに、自分はサイトを好きだけどそう思っちゃいけないんだけど、サイトは私を好きになってほしいなあ、という感じに搦手で攻めてくるもんだから、段々と読んでてイライラしてきてたり、実は。
丁度、シエスタという毅然と、というかオラオラですよ、という感じでルイズと真っ向から張り合って、遂にはお互いに認め合った恋敵同士となり、果てには生死を共にしても最期まで添い遂げようという関係になったメイドさんの存在があるだけに、この三人の関係にそんな意気地のないやり口で割って入ろうとするのが、どうしても認めがたいのです。
今回のシエスタの傷心のルイズに語りかけた発破の台詞なんか、シリーズでも屈指の名台詞だもんなあ。あんた、どこまでサイトとルイズの事好きなんだよ、と。さり気無く、奥様公認の愛人の座をちゃっかり確保しちゃってるし(笑
まあ、前々からもうルイズは、シエスタならいいか、みたいな感じになってたけど、公然と三日はサイトを寄越せ、ダメ二日だけ、みたいな会話をするようになってしまったかw
それでも、この三人の形って凄い安定してるんですよね。ルイズとシエスタって、身分の違いもあって対等の親友同士では絶対にないんだけれど、ある意味それ以上の理想的な主従としての絆がいつの間にか結ばれていたんだなあ。
公式の告知で、【ゼロの使い魔】シリーズは全22巻でついに完結する模様。あと二巻と差し迫った中で、ついにブルミルが残した虚無の謎へと物語は迫りつつある。まだ虚無の使い魔が全員出ていない以上、まだまだ話は続くと思っていただけに、あとこの巻も含めて三冊で終わりという話に意外の念を隠せなかったんだが、そうか、四人の使い魔はそういう形で現出するものだったのか。これは、教皇たちにも想定外? 未だ、使い魔に課せられた役目は見えてこないんだが、ジュリオたちの様子からすると、相当にろくでもなさそうだなあ。
それでなくても、サイトが海底で見つけてしてしまったものは個人が持つには重すぎるものなのに。

ヤマグチノボル作品感想