ディーふらぐ!4 (MFコミックス アライブシリーズ)

【ディーふらぐ! 4】 春野友矢 MFコミックスアライブシリーズ 

Amazon

校内でも有名な不良の風間堅次は、ある日偶然足を踏み入れた「ゲーム制作部(仮)」に入部することに。高尾部長とゲームを買いに行ったり、顧問の先生の秘められた(?)過去を知ったり、クラスメイトの船堀さんと仲良くなったりと、となんやかんやで馴染みまくっている風間くん。変人たちの魔の手は、その風間くんの妹、乃江にまで伸びていた…!妹ブームの最後尾を行く禁断の第4巻!
最後尾を行くのか!(爆笑 確かに最先端を行くというには明らかに可笑しい内容ではあるんだが、妹ちゃんの乃江っちは風間の妹だけあって常識人ですよ? というか、数少ないツッコミ役? そもそも常識人の範疇に居る人がこれだけ登場人物が居ながら、今のところ風間っちと高尾部長くらいだったからなあ。船越さんも一般人よりかもしれないが、あれ一般人のフリして反応が時々ではなく割りと常時に渡って変だし。それを言い出すと高尾部長も相当に反応が変なんだが、あれはラブコメを拗らせていると捉えさえすれば楽しいだけなので気にしない。
そんな中で風間っちに匹敵するまともなツッコミをしてくれる乃江っちの登場は頼もしい……というよりも痛ましい(笑 単に被害担当官が増えただけだもんなあ。あれで乃江っちも兄貴と同様に一番肝心なところで相手に絆されてしまう甘い子だったからなあ。可哀想に。弄られる事確定じゃないかw
ああでも、相乗効果で水属性の子が随分と映えていた。あの子、性格にしてもキャラにしても謎過ぎて、ちょっと風間では絡みにくい所があったんですよね。風間くんはわりとロカと高尾部長の二人で手一杯なところがあったし。でも、乃江と突き合わせることであの掴みどころが無い性格にも一定の方向性が。なるほど、あの水上桜というキャラには相棒とも好敵手とも言える、弄って怒らせ掛け合って纏わり付く相手が必要だったわけだ。風間乃江は犠牲になったのだw
うん、こうして見ると水上桜も変可愛いなあ。尤も、彼女の関心の対象は兄貴よりも妹の方に重心が移ったみたいだが。
まあ兄貴にはちゃんと高尾部長がいるもんな。この人だけは真っ当にラブコメやってくれてて本当に安心する。いや、テンパッた挙句の暴走具合がまた相当にヒドイといえばヒドイんだが、根っから酷い他の連中に比べると愛嬌があるじゃないですか。芦花は明らかに変の方に偏り過ぎてて、ラブ分がまだ少ないもんなあ。
赤面してアワアワしてる高尾部長はパンパンと拍手を打つほどありがたいです。まあ、一番良かったのはあの満面の笑みですけどね。あれだけで一冊分の価値はある。ええいっ、恋する少女め、なんて凶悪な可愛さよ。

シリーズ感想