つきツキ!2 (MF文庫J)

【つきツキ! 2】 後藤祐迅/梱枝りこ MF文庫J

Amazon

転校生がやってきた。外国人らしく、長い赤の髪、気の強そうな瞳、整った顔立ち。そして彼女は口を開くなりオレに言った――「あんた、あたしの奴隷になりなさい」。……ちょっと待て。オレは奴隷になるような男ではないぞ? だがしかし、マキナというその転校生は、その後も学食に連れて行けだの学校を案内しろだのとオレにつきまとってくる。話すとちょっと抜けてて可愛いところもあるんだが、とりあえずすぐに蹴りつけてくるのは勘弁してほしい。一方、家では妹のなずなが、ふとしたことでルナと喧嘩して家を飛び出してしまい……!? 学園ハートフル守護霊ラブコメ第二弾!
相変わらず、主人公の受け答えが自由すぎる!(爆笑
もうこの作品、主人公のキテレツな言動を追っているだけで十分楽しいですわ。ラブコメの主人公としてのテンプレートな言動をここまで徹底的に無視し続ける子はなかなか居ませんよ。無視してるだけなら兎も角、おちょくってるもんなあ(笑 ラブコメの主人公として、という段階を超えて、既にまともな人間としてまともな受け答えを放棄している、とも言えるんですが。あらゆる会話をボケ続けるとこうなるのか。
とはいえ、この縦横無尽にフリーダムな大ボケ連鎖に対して、これまではまともに突っ込める人材が皆無であったんですよね。実はヒロインであるルナ、エルニ、五行さん、なずなの四人のうち、五行さん以外は主人公に負けず劣らずのボケ属性なので、主人公のボケに対してさらにボケを返し、それを主人公が重ねてボケるという無限ループが延々と続くという恐ろしい事態になってしまうのである。最後の良心の五行さんは、ちょっと主人公のボケが難易度高すぎるのか、いつも可哀想なくらいにあわあわと狼狽え右往左往するのが担当になってしまったので、実はツッコミあんまり出来なかったんですよね。
そんな中で現れた転校生マキナさんは、ついにやってきたツッコミ属性。それも、ノリツッコミが出来るという上級ツッコミ属性であったのだ! ……可哀想に、それって五行さんよりも弄られやすいって事だぞw しかも、完全に自爆系だし。
案の定、わりとこう、思い詰めた思惑を胸に抱えてやってきた娘さんだったのに、後半行くまで主人公のフリーダムに散々振り回され、弄られ、放置プレイもかまされ、とえらい目に合わされる始末。
「あんた、あたしの奴隷になりなさい!」なんていうタカビーキャラでやってきたのに、一瞬たりとも忍を奴隷扱い出来なかったもんなあ。むしろ、何故か奴隷とご主人様の扱いが逆転してたような。忍ちん、ナチュラルに女の子奴隷扱いしすぎ! まあクラスメイトに「また調教するんだ」なんて言われる子だから、仕方ないかw

と、存在感を示した新キャラのマキナであるが、今回一番ヒロイン株が高騰したのはやっぱりエルニだよなあ。この娘は一巻からコンスタントにポイント稼いでるし。脳天気で純真、しかも健気で気遣い上手ってさり気無く完璧少女だしさ。化物語の真宵じゃないけど、普段からどこに居るかわからないエンカウントの難しいキャラだけに、街で遭遇すると幸運ゲットだぜ、みたいな良い気分になりますし。
しかし、この娘の正体というか素性だけは謎だよなあ。神様を名乗ってるし、実際にいろいろな能力を見せてくれてるので普通の女の子ではないのは確かなのに、全然浮世離れしてないんですよね。普通に飲み食いするし洋服にも興味津々、財布の中身と相談してため息ついているあたりなんて、お小遣いが足りなくてガッカリしているそこらの女の子と変わらない。忍とのやり取りも、神様っぽい所が全然無いんだよなあ。
あまりにも普通なので、家や家族も普通に存在しているのかと思い込んでただけに、彼女の住まいや生活環境が明らかになったときは結構驚いた。本当に、エルニってどういう娘なんだ? ある意味、悪魔のルナたちよりも相当に謎だぞ?

1巻感想