断章のグリムXIV ラプンツェル・上 (電撃文庫)

【断章のグリム 14.ラプンツェル(上)】 甲田学人/三日月かける 電撃文庫

Amazon

「不本意に生きて、何もできずに死ねばいい」
苦悩の蒼衣を気遣いつつ、雪乃が取る行動は──!?


“──彼女の髪に、触ってみたい……”
 少女が歩道橋を登り、階段の一番上に、ぺた、と差し掛かった時。突然、ぐん、と後ろ髪を鷲掴みにされた感触と同時に、髪の毛が思い切り後ろに引っ張られた。そして、恐怖とともに堕ちていき──。
 いまだ葉耶の悪夢に苦しむ蒼衣は、葬儀屋の件でさらに自責の念に駆られていく。葬儀屋の蘇りにより自我を保っていた保持者が多く、蒼衣は方々から恨まれていた。そして責任を取るかのように、蘇りに関わる〈泡禍〉解決に雪乃と二人で向かうのだが──。
変な話なんだが、一線を超えてしまった今の方が、蒼衣がマトモに見えてしまう。自分のやってしまった行為に慄き、恐怖し、悔恨して苦しんでいる今の蒼衣には、これまではりついていた、普通を標榜しながらどこか異質で不気味で肌が粟立つような違和感が拭い去られたかのようだった。皮肉なものだ。葬儀屋と可南子を消し去ってしまったことで、ようやく蒼衣が普通の少年に見えるようになっただなんて。
でも、そんな感覚ももしかしたら錯覚なのかもしれない。
果たして、蒼衣が悔やみ苦しんでいる理由は、罪悪感ゆえなのか?
もしかして、彼が苦しんでいるのは葬儀屋たちを殺してしまった事そのものではなく、「普通」を逸脱してしまった、という一点にあるのではないか。そういう疑念が湧きでて止まらないのだ。彼が贖罪を希望し、葬儀屋が消えたことで被害を被った人たちにしつこいくらいに頭を下げて回ろうとするのは、そうすることが「普通」の人としての反応だからではないのか?
彼は、この期に及んでなお、「普通」を演じようとしているのではないのか? そういう一抹の疑念が浮かんできて仕方ない。それだけ、自分は蒼衣という少年に対して不信感を抱いているのだろう。
しかし、彼が思い悩み深刻に心を翳らせているのは本当だ。決して表層でだけそう演じている訳ではない。それこそ、切羽詰まって余裕をなくして素の性格が出てしまっている時の雪乃ではなく、平素の冷酷で非情で残酷な怪物であろうと心がけている雪乃が、思わず蒼衣を気遣ってしまうほどに。
まあ雪乃さんの場合は平素の時でも、それこそあくまでそう在らんとしているだけで本来の優しさは殺しきれてないのですけどね。それでも、普段の時の雪乃さんがあんな風に蒼衣を支え、沈みゆく心を繋ぎとめるような行為に出たのは驚かされた。それだけ、雪乃さんには蒼衣が参ってるように見えたんだろうなあ。それでも、思わずあんな事をしてしまうあたり、やっぱりこの人はどうしようもなく優しいよ。可哀想に。

さて、今回のお題はラプンツェル。髪長姫の童話だ。実はこの話については、ラプンツェルの名前くらいしか知らず、話の内容はあんまり詳しく知らなかっただけに、ちょっと新鮮でした。思ってたのとだいぶ違った。というか、マイルドにアレンジされた話の方でも、あんなに生々しい話だったのか。直接的な部分は削られてても、あれじゃあ塔の中で何が行われてたかすぐ分かっちゃうじゃないか。
しかし、髪関係だけでも相当にエグい話になりそうなのに、そこに加えて妊娠が主題に入ってくるとなると、これはまた想像を絶する話になりそうだなあ。今の段階ではまだ起こるべき惨劇が起こり始めたばかりで、グロ描写は最小に留められているだけに。

ただ、今回の話についてはまたぞろ、何か裏かひねりがありそうだ。冒頭のイタズラが原因で起こってしまった事故。あれは今のところ単なる過去の事故として処理されているけれど、描写だけ見てると死んでしまったようにしか見えないし。そもそも、今回の一家を襲い妹を死に至らしめた泡禍の発生源はまず母親と見るべきだし、ならそれはいつ始まったのかとか、考え始めるとそもそも発端から何かオカシイ気がする、この事件。

それとは別に……ああ、そうだった。葬儀屋が消えてしまい、彼によって蘇らされていた死人たちもまた消滅してしまった以上、あの子もまた同じ運命を辿っていたんだ。それはつまり……。

かくして。
また<悪夢>は、さらに続く。

続きが出ても待たされても、息が詰まりそうだ。

甲田学人作品感想