氷室の天地 Fate/school life (4) (IDコミックス 4コマKINGSぱれっとコミックス)

【氷室の天地 Fate/schoollife 4】 磨伸映一郎 IDコミックス/4コマKINGSぱれっとコミックス

Amazon


うわぁ、やっぱり微妙にテンション低いな、氷室嬢。先の英雄史大戦で寺の息子にこっぴどく負けた上にこっぴどく突き放され、思わず泣いちゃった氷室さん。一見、立ちなおったように見えても、折々に触れて柳洞との一件がトラウマになって引きずっている様子が見て取れる。もっと割り切りの良い性格だと思ってたんだが、忘れることも出来ず清算もせずに逃げまわり、目を逸らしている様子を見ていると、この娘もヘタレだったんだなあ、と妙に安心してしまった。マキジもけっこうアレだし、周り見渡してもヘタレばっかりだな、この世界観(苦笑
むしろ、三枝さんこそが王なのか。タイクーンなのか。裏表紙の覚醒由紀香路線で行ってもいいんじゃないだろうか。あれはあれで楽しそうだぞ、我様風味で。
ただ、一巻丸々氷室嬢が逃げまわるとは思わなかった。どこまでビビリなんだ。美綴にしても、沙条にしても、もうちょっと氷室を買いかぶっていたからこそ放置して見守ってたんだろうけど、あれは腰が引けてるてどころの話じゃなかったし。マキジは何も考えてないな。いつもどおりだ。
意外だったのが、停滞し萎縮し同じところをグルグルと回っている氷室に最初に踏み込んでいったのが、沙条綾香だったところである。この娘は、ある意味遠坂以上に存在感のあるモブ、というポディションを守ると思ってたんだが。意外と友達思い、というか俗世に関わる気概を持ってたんだなあ。
結果として、何やら意味深な話になってきてるみたいだけど。氷室の婚約者問題がこれ、どういう拗れ方をするっていうんだ? 嫌な話と言われたら気にならずにはいられない。とりあえず、次回は氷室復活篇のようなので、鬱積を晴らすような大活躍、大粉塵バクハツ、傍若無人策士っぷりを発揮していただきたい。何気に、ストレスたまったし、今回。

それはそれとして、マキジが陸上部部長って、ねーよ。大惨事じゃないか!(笑

1巻 2巻 3巻感想