ダンタリアンの書架7 (角川スニーカー文庫)

【ダンタリアンの書架 7】 三雲岳斗/Gユウスケ 角川スニーカー文庫

Amazon

“幻書”の封印のため、名門女子寄宿学校(ボーディングスクール)カドフィール校を訪れたダリアンとヒューイ。ヒューイは夕食会に連れ去られ、一人残されたダリアンに、世話役として手配されていたのはジェシカだった。ダリアンは女生徒の集団に発見・蹂躙され、大騒ぎに。なんとか脱出したダリアンだが、“幻書”が一冊失くなっている! まずは容疑者を片っ端から当たることにした二人は馬術部へ――学園中を巻き込んだ、少女たちの長い夜が始まる!!
ダンタリアンの書架もついにアニメ化か。この作品は比較的アニメにしやすいシリーズだと思うので楽しみだけれど、ヒロインが翠星石だ! とか言われないだろうかw

第一話「災厄と誘惑」
……あれ? 本を置いて最初に見た人間に? じゃあカミラの反応ってオカシイような辻褄が合わないような気がするんだけど? あのあっけらかんとしたカミラがまず見せない反応だったのでだいぶそそられたのだけれど、あれが本の効果だけではないとするなら楽しいんだがなあ。
ネタが明らかにされると、手品の基本的な意識の誘導法に沿うような話なんだが、普通本でそういう発想には至らないよなあ、という意表を突かれる話でした。オチがまた酷いのか秀逸なのか(苦笑


第二話「叡智の書 2」
以前の叡智の書の話は、人が辿り着いた叡智の果てがあんなものだったのか、という失望とも絶望ともつかない哀れな結末だったのだけれど、こちらの叡智の書の使用者が辿り着いた真理はまったく様相を異にしていて、結局人の叡智なんてものは、唯一の真理などではなく人それぞれに様々な形で持ち得るものに過ぎないんだなあ。


第三話「少女たちの長い夜」
ジェシカ再び! この娘は絶対にもう一度登場する、というよりもカミラ並の準レギュラーになると信じていましたが、信じててよかったなあ。また出てきてくれたよ。カミラとジェシカが違うのは、ジェシカの方はヒューイじゃなくてダリアンの相方となるキャラなところ。基本的にダリアンとジェシカって別に仲がいいわけではなくむしろ天敵同士なのですが、ジェシカの面倒見の良さが災いしてか、ワガママで気まぐれなダリアンを突き放せず、どーしても構ってしまうのです。ダリアンも口うるさいジェシカを邪険にしながらも偏見なく自分に接してくるジェシカを嫌えない。ダリアンにとっては唯一と言ってもいい友人ポディションの娘なのです。その意味ではもっと出番多くてもよさそうなものだけど、彼女学生だからなあ。まあ、彼女の通う学校の偉いさんがヒューイの親族なので、機会自体は幾らでも作れそうですが。


第4話「鍵守」
スニーカー廃刊に伴っての雑誌連載最後のエピソード。このシリーズ自体は続くそうですが、果たして短篇集としてはどうなんだろう。一度、長編も読んでみたくはありますが、この短編形式がなくなってしまうのも勿体ないよなあ。
さすがに途中で気づいたものの、これはかなりのミスリード。というか、いくらなんでも似過ぎてるだろう、あの二人。カミラのあの性格というかスタイルって、もしかして勝手にああなったわけじゃなくて、かなり影響を受けたものだったのかしら。しかし、ダリアンの食い意地の汚さといったら。おまえさん、いくらなんでもそこは我慢のしどころだろう(爆笑