C3‐シーキューブ‐〈11〉 (電撃文庫)

【C3 シーキューブ 11】 水瀬葉月/さそりがため 電撃文庫

Amazon

アニメ化も決定!
二年生になっても騒がしさは相変わらずな第11弾!


 桜咲く四月。大秋高校にも新入生が入学してくる。フィアも晴れて進級して先輩になり、それを機に春亮からとあるアイテムをプレゼントされてすっかり浮かれ気分になる。
 新入生の不良巫女・千早&用務員となった伍鈴たちとも再会し、さらにはやたらとフィアを慕ってくる元気娘な後輩も出現して、周りはますます賑やかに!?
 そしてこのはが、錐霞が、その存在をはじめて知ったフィアもがとっても気になるクラス替えは果たして──?
 みんなで花見に行ったり、ミスコンも開催されるという新入生歓迎祭があったりと楽しみなイベント目白押しななか、新たな危機が迫る。さまざまな思惑が入り乱れた先にあるものは?
春となり、新入生を中心とした新しいキャラも増えてより賑やかに、より明るく新学期を迎えまして……とならないのかッ!!
正直これは甘く見ていたと言わざるを得ない。最近、強烈化する一方の人の悪意のグロテスクさとは裏腹に、何気に最悪は回避して救いが残っているケースが多かっただけにちょっと油断していたキライがあった。冒頭から、フィアが二年生になって浮かれている様子が晴れ晴れと描かれていただけに、後半の展開は読んでてもキツかったなあ。
皆が前向きに、自分たちの在り方を信じて全力を尽くした結果だけに、悔やみようもないんですよね。こればっかりは、悪意による策謀が上回ってしまったとしか言えないよ。
それでも、あれは彼女にとっての「ほんのちょっとだけ、素敵な未来」だったのだろうか。

フィアたちが健全としている分、余計に各組織のメンバーの壊れ方が鼻につく。むしろあからさまに悪人な分、騎士団のネトーなんかは分かりやすくて対処がしやすい。むしろタチが悪いのがリリィハウルの方なんですよね。この女の言い分ってイイ人ぶってますけれど全部言い訳じゃないですか。一般人には被害を出したくない、関係ない人に手を出すつもりはない、今回貴方達には手を出すつもりはない。言ってることは立派なようですけれど、全然有限実行出来てない。仕方ない仕方ないと前言を翻し、やってることは所詮下劣なネトーと変わらない。救いがたい事に、当人は全部本心から本気でそうした言葉を連ねているようなのだ。なんて言葉の軽い人だ。なんて薄っぺらなやつだろう。この女ほど偽善者という言葉が似合うキャラも珍しい。結局、最後のあの撤退だって自分に対して言い訳を見つけた結果でしたしね。よくまあこんな悪気のなく邪悪でもなくむしろ悪意よりも善意の方をより多く胸にいだいていながら、これほど救いがたいキャラクターを作れるものです。先のビブオーリオ家族会も相当キテましたけど、あれと比べても正気や理性を失っていない分、ほんと余計にタチが悪い。久々に本気で嫌悪感を掻き立てられるキャラでした。

さて、で、だ。問題は本当のニルシャーキは誰だったのか?、ですね。
まあ一番妥当な答えは、誰でもなかった、という所なんだろうけど、本当にそうだったのかな? 実のところ、話には一切関わってこなかったものの、もう一人だけ新登場のキャラクターが居たんですよね。だからなんだって話なのですが、妙に気になったもので。

面白いことに、かの竜島/竜頭師団が力を求めるのと対照的に、フィアが求めるのは力との決別なんですよね。今回、新しい戦い方をあみ出したものの、封印によってフィアの本来持っていた機能はどんどん失われていっている。実のところ、実質的な戦力はフィアって当初から減少の一途を辿っているのだ。それでも、彼女は自分の中から力がなくなるのを切実に願っている。過去の罪の象徴である自分の力を。
彼女は、ついに恋する少女であらんとすることを、自分に許したのだ。それが、彼女のとってのほんのちょっとだけ、素敵な未来。
肝心のラブコメサーキットは、バレンタインで大きく一歩を踏み出した錐霞が、本心こそ伝わりそこねたけれど十分春亮に異性として意識させることが出来たので、だいぶアドバンテージを獲得してるんですよね。春亮があれだけ一挙一動に反応して意識しまくってるのって、今のところ錐霞だけですしね。さて、ここからフィアやこのはがどれだけ巻き返せるか。このはも抱えてる爆弾が発覚した上に、肝心のアプローチについては空回ってばっかりだしなあ。決定打がないとキツいぞ、これ。

このシーキューブもついにアニメ化かぁ。フィアの縞パンは大前提として、あの彼女の操る拷問器具については一度ビジュアルを見てみたいと思っていただけに、それが動いてアクションとして見れるとなると、これは楽しみですわ。

水瀬葉月作品感想