乱☆恋3 婚約者は16人!? (富士見ファンタジア文庫)

【乱☆恋 3 婚約者は16人!?】 舞阪洸/得能正太郎 富士見ファンタジア文庫

Amazon

風邪引きのリカルド王子……看病バトル開始です!?
第3の婚約者に会う直前になって、リカルドが風邪でダウン! ここぞとばかり、ムフフなお医者さんごっこに興じるセフィア&ユーリだったが、いちゃいちゃやってる間に、王子たちを狙う刺客が宿屋を完全包囲したっ!!
毎巻婚約者がひとりずつ登場だったら、このシリーズ最低でも16冊以上続いちゃうよね、と危惧していたらようやく今回、婚約者が二人纏めて登場。
……うわぁ。
なんかもう、普通の女の人居ないね、婚約者。次回予告を見ると次の婚約者も相当アレみたいだし、こうなってみると最初のセフィア王女の貴重性がよくわかる。彼女が何だかんだと今にいたるまで正ヒロイン的なポディションを譲っていないのも宜なるかな。彼女のキャラクター性のみならず、彼女が国を追われる事になった内乱の影響はリカルドの婚約者訪問の旅に波及し続け、今回などは刺客を送られる羽目にまで陥ってますしね。それに、リカルドの現在の最大の目的はセフィア王女の立場をどうやって取り戻すか、という所にあり、婚約者訪問の旅も単なる面通し以上に、セフィアの味方を増やし方策を探る所にありますからね。ある意味、セフィア王女を中心に回っていると言ってもいい。ユーリは今のところまだオマケだよなあ、これ。
セフィア王女がヒロイン的な立ち位置に居るのは間違いないとして、今回登場した第三の婚約者エルメンネッラはあの性格といい政治力といい、リカルドの相棒ともライバルともなりかねない面白いキャラになりそう。今はまだリカルドは風邪っ引きで立ち回りや智謀にも冴えを見せてなかったけれど、彼が本調子になればエルメンを十分驚かせ楽しませる事が出来るはず。そうなったとき、果たしてエルメンが彼の能力への好奇心以上に人柄や人間性にどういった興味を示すか、だけれどあんまりそこからほの字になってメロメロ、というのは想像できないんだよなあ。でも、心底楽しそうにリカルドと駆け引きを楽しみ、彼と協力してあるいは利用して大陸を引っ掻き回しそうな危ないような頼もしいような所が多々見受けられるので、今後婚約者の中でも重要なポディションとして活躍しそう。むしろ、リカルドよりもセフィアがエルメンには弄ばされそうだ。
そして第四の婚約者であるセイラ王女は……もう手がつけられないね(笑
アイオリッタ無残。ごめん、自分もけっこう良い気味だ、と思ったw まあアイオリッタも最近は王子を認めるような素振りを見せ始めたし、ダウンしている王子の面倒を何気に一番見てたの彼女だったしなあ。その報いがアレというのはちと可哀想な気もするが。
ふむ、でもこれだと出てくる婚約者が全員が全員王子のハーレム入り、という事にはならなさそうだなあ。そもそもリカルド王子自体、あんまり複数の女性を侍らす事が似合うような性格してないし。王族としての器用さは売るほどあるので、何人かは妃として娶って上手いこと奥は回せるだろうけど。

にしても、ハーレムは増えなくても同行者は際限なく増えていくのね。えらい大所帯になってきたなあ。

1巻 2巻感想