子ひつじは迷わない   泳ぐひつじが3びき   (角川スニーカー文庫)

【子ひつじは迷わない 泳ぐひつじが3びき】 玩具堂/籠目 角川スニーカー文庫

Amazon

なるたま、ピンチ! 使い物になりません!!
「子ひつじの会」に持ち込まれた相談に微妙な反応を見せるなるたまこと成田真一郎。その上、いつもなら積極的に解決しようとする彼が――。「成田くんが使い物にならないんです」。佐々原の訴えに仙波がとった行動は
うはははははっ、会長っ、会長っ、サキ姉激ラブ!!!
いやあ、今回は事件と並行する形で、二大ヒロインである仙波と佐々原の二人となるたまとの関係性が強烈にスポットを当てられ、微妙な緊張感を伴いつつ仲も深まっていく、という恋愛フラグが乱立する展開だったのですが、そんなライトのあてられたメインヒロイン二人の背景で、さりげなく物凄い自己アピールをしている人がw
そう、この三巻の表紙にもなっている生徒会長竹田岬先輩です。
これまで、なるたまの姉的な幼馴染として、なるたまの弱みを握り好き勝手いじり倒して遊んでいたこの人。学内でも表向きの外面の良さとは裏腹に、その類まれなる謀略の手練手管を以て幾多の事件で黒幕的存在として暗躍を繰り返してきたこの人。てっきり、なるたまの事を玩具にして遊んでいるだけの、享楽的ないじめっ子、なのかと想っていたのですが……。
しまった、まさかとは思ったがこの人、実は完全にダダ甘お姉ちゃんじゃないか!!
てっきりなるたまへのあのイジリ方を見て、彼に対してはもっと余裕と距離感を持って見守ってると思ってたんですよね。カワイイ弟分として可愛がりながらも、その成長をちゃんと姉役として一定の距離をおいて見守る分別を持っているのだと。
どうやら、見ている限り、本人もそのつもりのようです。そもそも腹黒系だけあって普段の様子は表も裏も完璧な才女で一切隙が無く、その御蔭でこれまでまるで気づかなかったのですが……。

全然実践できてないじゃん!!!

今回、なるたまが不安定になるのと合わせるように、岬会長も一緒になって不安定になって普段の完璧生徒会長の外面はどこへやら。合わせるようにって、明らかになるたまの不調に影響されまくってるのが、その時点でアレである。
なるたまが過去の失敗を突きつけられた挙句に、現在にまでしっぺ返しをくらって凹みまくっている際、落ち込む弟分を優しく見守るお姉さん、を演じようとして盛大に平静を保つの失敗して動揺しまくってたり(台詞噛むなよw)、なるたまが早退したのを知って、心配が高じた挙句休み時間に凸電しまくり、授業そっちのけで携帯で着信確認しまくったり、いやいやあんた、前巻までの狡猾フィクサー会長の面影どこだよっ、というくらいに新たな一面がボロボロと零れ落ちてきて……これは萌える!!
そもそもこの人、やってることが小さい頃から変わってないんですね。小学校の頃の、楓とのエピソード見て吹きましたがな。あんた、それ仙波に今やってるのとおんなじじゃないか!(爆笑
まさか小学校の頃から、なるたまが気にかける女の子に対して、影で牽制して回ってたとは。さり気無く、楓と仙波のサキ姉への感想が一緒なんですよね。こいつは気に入らない、嫌いだ、敵だ。そりゃそうだろう、サキ姉喧嘩売ってるんだから。ウチのタマに手を出したらどうなるかわかってんだろうねっ、と言外に威嚇してるんだから。
意外にマメな人なのである。
そこまで独占欲を持て余しているなら、いっそ囲ってしまえばと思うのだけれど、この人なりの矜持があるのか、それとも自分で気づいていないのか、弟を見守る姉、というスタンスにしがみついているのがなんだか涙ぐましく思えてきた。かなり失敗してるしw
弄ばれるなるたまとしては迷惑極まりないんだろうし、これまでは読んでるこっちもなるたま大変だなあ、と同情していたんだが、こうなってくるとむしろもっと構ってやれよ、と思えてくる不思議。
仕方ない、わっちはこれでも生粋の姉萌え幼馴染派なんだから、これだけ姉属性を拗らせている人を目の前にして心揺り動かされないはずがない。正直、仙波や佐々原もヒロインとしてはとてつもなく強烈で、他作品なら他の追随を許さないほどの強キャラなんだが、ここは敢えてサキ姉派を立ち上げたい所存である!!

サキ姉に限らずとも、三毛の桃子さんとか、出番の殆ど無いサブヒロインにしておくにはもったいないくらいのキャラなんだけどなあ、この作品は良い意味でみんなキャラが立ちすぎてて、入り込む余地が少ないのが悩みどころである。同じ生徒会の宮野さんなんか、イラスト内にも関わらず滅茶苦茶目立ってたし。

うん、やっぱり話が上手いなあ。その巧さも小器用さとかじゃなくって、自然で奔放なタッチで絶妙に巧いんですよね。至る所で調和が取れていて、でもフラフラと上下左右に揺れても問題ない余裕が空いている。学園青春日常ラブコメミステリーとしては、現在進行中のシリーズの中では屈指と呼んで過言でないかと。
次回はついに一巻まるまるの長編もの。しかも館でクローズドサークルときたら期待せずには居られません。ライトノベルでは珍しく巻末に時間の導入予告編が描かれているという構成は、引きとして良い意味で凶悪ですわ。
しかし、今回は殆ど竹田会長について力説してるだけだったな。世間様では素晴らしいツンをカマしてくださった仙波様へのフィーバー状態にも関わらず、そちらには殆ど触れてないし。しかし後悔など一切していない。自分にとっては会長祭りだったのですから。満悦満悦♪

1巻 2巻感想