魔法少女おりこ☆マギカ (2) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

【魔法少女おりこ☆マギカ 2】 原案:Magica Quartet 漫画:ムラ黒江  まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ

Amazon

大ヒットオリジナルTVアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」の全編描き下ろしスピンオフコミック、完結巻! 因縁の白い魔法少女を探す佐倉杏子、魔法少女狩りの犯人、黒い魔法少女と対峙する巴マミ、ただひたすらに、鹿目まどかとの平穏を守ろうとする暁美ほむら。交わることのないはずの3人の魔法少女が『織莉子』の手によって螺旋状に運命を束ねられていく。それは、彼女たちの存在を試す物語――。それは、過ぎ去ったひとつの時間軸――。
あー、これはちょっと勿体無かったなあ。おりこの物語だったら最初から徹底して彼女を掘り下げたほうが良かったんじゃないだろうか。一巻でユマと杏子を主人公のように焦点を当てて描いてしまったために、いやそれはそれでいいとして上手くこの二巻の話と連動できてればよかったのだけれど、ユマの話とおりこの話がまったく繋がらずに違う話になってしまってたために、一巻と二巻が分断されて二つの個別の話みたいになってしまってたんですよね。おかげで話にぶつ切り感がつきまとって、【魔法少女おりこ☆マギカ】としてはブレた流れになってしまった気がする。
この二巻では、ゆまが殆どいる意味なかったもんなあ。
確かに、彼女の言葉は魔女化という最悪の絶望しか残されていない魔法少女の在り方に一石を投じ、マミさんと杏子に生きる意志と戦い続ける気力を取り戻させる、【マギカ★まどか】シリーズを通してみても大きな言葉だったと思いますけれど、ユマがあの場面であの言葉を杏子たちに告げるために存在していたキャラというには、ちと流れが悪かった気がする。せっかく一巻でゆまをあれだけ掘り下げたにも関わらず、唐突感が強かったもんなあ。

おりこをめぐるお話も、まどかに集約する焦点も、題材としてはかなり面白いものだったと思うけれど、その一つ一つの優良なパーツを、上手く一つの集大成として築きあげられなかった、という非常にもったいないなあー、と思わされる作品でした。
それでも、意外すぎるオチといい、狂気走ったキャラの狂相といい、スピンオフとしては十分面白かったんですけどね。ただ、内実のポテンシャルが想像以上に高かっただけに……これ、構成次第では原作の別伝として相当の一作となったと思うんだけれどなあ。

あと、最後のオチがよくわからなかった。おりこに手を差し伸べたのって、あれって、さやかなの? 微妙なところでキャラの見分けがつかなかったw
ほむほむは原作の時系列に行くまでずっと敗北続きだったわけだけれど、痛恨という意味ではこの時系列の失敗こそほむらの歴史の中でも最大の失敗だったんじゃないだろうか。この時系列に関しては自分の力不足じゃなく、明らかに自分の不注意とミスが原因だもんなあ。よくまあここで心が折れなかったもんだ。或いは、原作のターンでまどかやその周辺と友好関係を結ぼうとしなかったのは、この時系列での出来事がトラウマになっていた、と解釈できるようになっているのかもしれない。ある意味、まどかたちと友達になってたからこその悲劇ですもんねえ。

1巻感想