アイドライジング!〈2〉 (電撃文庫)

【アイドライジング! 2】 広沢サカキ/CUTEG 電撃文庫

Amazon

乙女の夢と願いが熱くぶつかり合う、新世紀アイドルストーリー第2弾登場!!

 アイドルデビューをきっかけに、海上都市ニライカナイの高校・鳴谷鶯(めいこくうぐいす)に転入したアイザワ・モモは、なんとハセガワ・オリンと同じクラスに! 仲良くしようと擦り寄るモモと、突っぱねるオリン。噛み合わない二人だったが──。
『さて今回は、アイザワ・モモとハセガワ・オリンの新人コンビvsユウゼンジ・アレコ&ナギコ姉妹のツインズヒールで送るタッグマッチナイト! 息ぴったりの双子を相手に、今注目の二人はどのような戦いを繰り広げるのでしょうか!? 二つの嵐がしのぎを削る、波乱の一戦がついに開幕!!』
うははは、面白い面白い! 一巻よりも確実にワンステップ面白くなってるよ。まさか、オリンちゃんとモモをかけ合わせるとここまで劇的な化学変化を起こすとは思わなかった。確か前回の感想で、モモとサイの物語は既に完成をみてしまったので、モモよりもキャラクターや環境に個性とハンデキャップのあるオリンの方を主人公にしたら面白いのに、と言及した覚えがあるのだが、そうかオリンとモモをコンビにするという手もあったか。オリンのモモへの敵視っぷりを考えると、この二人が組むという形を想像できなかったのだけれど、むしろ仲が悪いからこそ、いやオリンとモモの感情がそれぞれ一方通行という状態だからこそ、障害を乗り越え友情を育み、タッグを組んで強大な敵に立ち向かうという王道を体現できたわけだ。
モモという天然突撃娘のキャラクター特性も、むしろサイさんのような大人よりもオリンみたいな繊細で意固地でツンデレな娘さんの方が強烈に反応できたようで、キャラの精彩が一巻とは段違いに輝いてるんですよね。オリンもオリンでモモに引っ張られてデレた時の反応が素晴らしかったし、いい感じで相乗効果が発生したんじゃないでしょうか。しかしこれって、完全にモモが主人公でオリンがヒロインだよなあ。サイさんはやっぱり役目を終えてしまったのか、今回はろくに出番も無し。むしろ、一瞬しか出てなかったにも関わらず、パパへの複雑な感情をあらわにしてくれたマツリザキ・エリーの方が印象に残ったくらい。この娘、何気にファザコンだよなあw

それにしても、モモって何気にヘンタイですよね。女の子のくせに同じ女の子の女体が好きすぎるぞ。あからさまに迫ってくるタキ・ユウエンにはビビりまくって逃げ腰だけれど、絶対そっちの卦あるよね。才能あるよね。既にサイもオリンも欲望のままに襲ってるし。そのうちマジで毒牙に掛けそうだ。果たしてモモがタキの毒牙にかかるのが先か、それともモモが欲望のままに誰かを毒牙にかけるのが先か。何れにしても覚醒の時は近そうである(何の?

1巻感想