狼と香辛料 17 (電撃文庫 は 8-17)

【狼と香辛料 17 Eplogue】 支倉凍砂/文倉十 電撃文庫

Amazon

ホロとロレンスの旅、感動の結末とは──
シリーズついに最終巻が登場!


『太陽の金貨』事件から数年。元羊飼いのノーラと女商人エーブは、ホロからの手紙を手に、北へと向かっていた。旅の途中、錬金術師ディアナも同じ馬車に乗り込んできて──。
 果たしてホロとロレンスは、幸せであり続ける物語を紡ぐことが出来たのか? 第16巻の後日譚を描く、ファン必読の書き下ろし中編のほか、電撃文庫MAGAZINEに掲載された短編3編も収録。
 剣も魔法も登場しないファンタジーとして多くの読者に愛された賢狼と行商人の旅の物語が、今巻でついに完結! 二人の旅の結末を、ぜひその目で見届けて下さい。

おめでとう おめでとう

お幸せに 末永くお幸せにっ


完全無欠のハッピーエンド。将来に渡ってもかけらの不安も残さない、本当に本当の「めでたしめでたし」。
長く付き合うことの出来た作品が終わってしまう時は、もう彼らの姿を見られないのかと寂しくなるものなのだけれど、不思議とこの【狼と香辛料】は寂しいと感じることがなかった。ホロとロレンス、この二人のコンビが大好きだったからこそ、二人がこのような最良の最終回を迎えることが出来たという事への嬉しさと幸福感で胸がいっぱいで、寂しいと感じる隙間も残っていないのだ。ただただ、彼らへの祝福ばかりが湧き上がってくる。
おめでとう お幸せに
思えば、ホロとロレンスがこんな幸せな旅路を手に入れることができるなんて、本編がはじまった当初は思いもよらなかった。いや、はじまった当初どころか、それこそ巻数が二桁を数えるまで二人の旅は別れを以て終わるのだと思っていた。それが決定的に変わったのが十巻の老羊との出会いであり、14巻で再会したエルサの強烈な指摘だったのでしょう。物語が実質16巻で終わったことを思えば、本当にギリギリまで二人の関係は何重にも予防線が敷かれたものだったと言える。それだけ、ホロとロレンスの関係というのは不安要素が大きく、悲観的にならざるを得ないものだったのかもしれない。この16という巻数は、理性的で賢明で思慮深く故にこそ臆病だった二人が、勇気を得るために必要な時間だったのだろう。ただ好きで好きでたまらなくていつまでも一緒に居たいという気持ちを一番の最優先にするだけの勇気を。
勿論、抜け目のない二人である。その気持を気持ちだけの空回りとしないだけの担保と見通しを手に入れてからこその勇気だったわけだけれど。

それにしても、見事なくらいのおしどり夫婦っぷりでした。夫婦の仲の秘訣って、旦那さんの献身さなんだよなあ。むしろ旅をしている時よりもロレンスはホロを甘やかすようになっているようにすら見えます。ホロはホロでロレンスの献身に甘え切るでもなく、むしろ旅をしていた頃よりも我侭言わなくなってるんじゃないかなあ。お互いにぴったりと寄り添っているにも関わらず、寄り掛からずに支えあっている様子はまさに仲睦まじい夫婦そのもの。
コルが戻ってきてくれて、二人を支えてくれてたのも嬉しかったなあ。
個人的にロレンスとホロが定住して店を開くとしても、物を売り買いする商家というのはいまいちイメージがまとまらなかったんですよね。それだと、どうしてもホロとロレンスが幸せに過ごしているイメージが出てこない。まあ大店のやり手女将と大旦那、という構図は眼に浮かぶのだけれど、ちょっと日々が忙しなさすぎて、二人の時間もちゃんと取れなさそうという感じがして。
その点、ロレンスが選んだ湯屋、温泉旅館というのは完全に盲点でした。なるほど、これなら人ならざる身のホロが長きに渡って、それこそロレンスが去った後ですらずっと関わり続ける事ができそうじゃないですか。何より、ホロとロレンス二人が一緒になって切り盛りできる。あの冬の街のうら寂しい宿屋などよりもよほど暖かく賑やかな雰囲気の中で。幸せな日々が続いていくのが容易に思い浮かべることが出来る。
旅の中で出会った友人たちを、笑顔で迎える事が出来る。
まさに、最良の選択だったのではないでしょうか。
そして、ラストのとびっきりのサプライズ。ああもう、最高だ。思いつく限り、最高のハッピーエンド。

まさにライトノベルという分野に燦然と輝く「名作」であり「大作」だったと思います。素晴らしい作品を読ませていただいて、ありがとうございました。

って、短編の感想とか、前半の過去の登場女性陣が集まってのガールズトークについてなど書けずに話が終わってしまったw
これ、短編は巻の前の方に纏めておいて欲しかったよなあ。どれも短いながらも素晴らしく、またあとがきで作者が触れているように、どこか終わりを感じさせる内容で、前座としても適切だったと思いますし。
にしても、エーブはロレンスの事結構本気だったんだな。いや、確かにそういう素振りをはっきり見せていましたけど、それ以上に商人としての我が強かったもんなあ。ただ、エーブがそれをしまったなあ、とちょっと悔しい思いをしてるとは思わなかった。6年経った彼女は相変わらず狼でしたけど、以前よりもだいぶ余裕があっていい意味で貫禄ついた感じです。
ノーラの方も深みが出ててさらに魅力的になってたなあ。彼女がディアナに語った話、抽象的なんですけど、後半読むとね、何となく気持ちがわかった気がします。もう一度あの二人に会いたい、ただ会いたいという気持ち。
ホロとロレンスの幸せそうな姿は、見ているだけで幸福を分け与えて貰えるような気がするから。ただ見ているだけで、不安や迷いが晴れていき、目の前が開かれていくような気持ちにさせてくれるから。
だからこんなにも嬉しいのだ。祝福してあげたいのだ。

おめでとう いつまでもいつまでもお幸せに  幸せになってくれて、ありがとう。

シリーズ感想