機巧少女は傷つかない6 Facing Crimson Red (MF文庫J)

【機巧少女は傷つかない 6.Facing Crimson Red】 海冬レイジ/るろお MF文庫J

Amazon

「夜々はずっと、貴方を護ります。この命の続く限り」過去と現在は交錯し、再び〈夜会〉の幕が上がる――!
機巧魔術――それは魔術回路を内蔵する自動人形と、人形使いにより用いられる魔術。夏休みも既に半ばが過ぎ、夜会を勝ち抜くため〈紅翼陣〉体得の修行に励んでいた雷真は、硝子からとある人物の内偵を命じられる。その人物とは、四年前の前回夜会の勝者である、〈迷宮の〉魔王――グリゼルダ・ウェストン。学院から出られない夜々の代わりに、小紫とともにグリゼルダのもとに向かう雷真。すると、彼女は〈紅翼陣〉とそっくりな能力を持っていて……? 「俺を弟子にしてくれ」「と……遠まわしの求婚?」「妙な自己完結をするな!」シンフォニック学園バトルアクション第6弾!
年上キャラきたーーーー! しかもお師匠様と来た。グッジョブ!グッジョブ! そうだよ、この作品に足りなかったヒロインは年上なんだよ! って、実はフレイもロキにお姉ちゃんだし、硝子さんやキンバリー先生を含めて年上キャラには事欠かなかったんだが、違ったんだよなあ。フレイは惚けてる大人しめのどちらかというと庇護欲を掻き立てるキャラだし、硝子さんは完璧すぎて立ち入る余地がない。キンバリー先生にはどうやらお相手がいらっしゃるようですし。というわけで、目上で年上としてちゃんと主人公を可愛がってくれるだけの風格を持ちつつ、同時にグダグダな隙があって押しに弱いところがあって甘えたな可愛がられ属性も持っている、というマイティな年長キャラが足りていなかったのです。
パーフェクトだ、レディ・グリゼルダ!!
この人、魔王というとんでもない強キャラにも関わらず、性格が可愛すぎる。お師匠キャラがこんなに恋愛面ウブで夢見がちなカワイイキャラでいいのか? 基本的に無骨な戦争屋で女っ気に乏しい人なんだがなあ。雷真にちょっと言われたくらいでいそいそとちゃんと女性らしい衣装で身を整えたり、褒められたらすぐに有頂天になったり、物騒なわりにかなりチョロいんだが、この人。よっぽど免疫なかったんだな。元々幼い頃から戦場に立つ必要があって、その力量からも家や街を守るために率先して最前線に立ち続けたグリゼルダだけれど、一連の言動を見ていると、どうやら実はかなりのお姫様願望の持ち主だよね、この人。無骨で横暴な乱暴者のくせに、弱い奴は守ってやるっ、というような姉御肌ではなく、むしろ凛々しいナイトさまに守ってもらえる事を望むお姫様みたいな夢見がちな所が散見されるのだ。
ヒロイン度高いよ、グリゼルダ!!
可哀想に、チョロい上に世間知らずということもあって、完全に雷真の天然ジゴロっぷりに騙されちゃってるよ。今回、雷真が学園を出て小紫だけ連れてグリゼルダの領地で過ごしていたのが仇になったんだな。これで他のヒロインが居れば雷真がどんな男かわかっただろうに、なまじ二人きりだったものだから彼の言動が自分だけに向けられたものだと勘違いして思いっきりのぼせてしまったグリゼルダ。
もはやこれは運命だ、とばかりに熱に浮かされてデレデレホイホイと学園まで追いかけてきた挙句に目の当たりにした雷真の現況を目の当たりにした時のグリゼルダ師匠の唖然とした姿はもうなんともはや。
その後の惨劇の台風の目となった逆切れ大暴れっぷりはまさに魔王。文字通りの魔王!
そりゃキンバリー先生も爆笑するわw
なんちゅう可愛い人じゃ。これまで自分、一応シャル派だったんだが、今回で一気に転向してしまいましたよ。
グリゼルダ! グリゼルダ!
シャルを始めとする他のヒロインからしても、グリゼルダの参戦は結構な大問題なんじゃないだろうか。今後、教授と学生という立場だけじゃなく、師匠と弟子という密接な繋がりもあり、その力量は魔王<ワイズマン>として学生など問題にならない学院でも最強クラス。ヒロインとしても一流の妄想家であり、引き篭っていた領地を出て、見の安全の保証をされたとはいえ権謀術数の中枢であり魔窟である学院に自ら飛び込んで雷真を追いかけてくるほどのデレっぷり。他のヒロインからしたら、文字通りの怪物ですよ、この人。うははは、なんか今後、想像以上にグリゼルダ、大いに色々と引っ掻き回してくれそうだな。ある意味シャルよりも余程危ない暴君だしw

今回同行できなかった夜々は、代わりに回想で雷真との馴れ初めが描かれてたけれど……わりとさっさとデレたんだな。まあ、それだけ雷真が体張って努力したのは認めるが。というか、ちゃんとツン→ツンデレ→デレデレ→ヤンデレという過程を辿ってたんだな、夜々……いや、何故ヤンデレへと辿り着く?
個人的には初対面から攻撃的に反発してきた夜々よりも、凍てついた氷みたいに突き放した態度だったいろりの方がストライクだった。あれがどうやったら今みたいな、指加えて物欲しそうに雷真の周りをうろうろしてるみたいなデレへと移行するんだ?

1巻 2巻 4巻感想