博物戦艦アンヴェイル2 ケーマの白骨宮殿 (朝日ノベルズ)

【博物戦艦アンヴェイル 2.ケーマの白骨宮殿】 小川一水/藤城陽 朝日ノベルズ

Amazon

「アンヴェイル号の再建のために、快速の秘訣を教わってきてちょうだい」―長い旅を終えて王港に帰りついた少女騎士ティセルと道化のジャムは、王妃から新たな命令を授けられた。不気味な書庫船の番人たちが待ちかまえる。いっぽう青年艦長アルセーノは、宿敵を前に剣を抜き、大切な人が誰なのかを知る。困難を乗り越えた一行は伝説の白骨宮殿を求め、再び海に出た。
相変わらず、ティセルは女の子の部分と騎士の部分が上手くバランスが取れていて、いいキャラクターだなあ。女性騎士という普段は堅苦しいほどの堅物なぶん、デレると反動で壊れてしまうケースが多々見受けられるのだけれど、テスの場合は最初から女の子らしい柔らかい考え方を保っていたので、ジャムと良い仲になっても見ていられないような崩れ方はせずに居てくれて一安心。
とは言え、普通の女の子らしさを保っていると言うことは、男の子との付き合い方に変な壁を作っていないという事でもあり、人前ではちゃんと節制を求め、危急の時に備えて騎士らしく咄嗟の対応が出来るよう注意は怠らないものの、ジャムの求愛に対してむしろ積極的に応じようとするくらい。だもんで、二人きりになったら、チュッチュチュッチュと発情しっぱなし。若いねえ。そんな勢い任せでもよかろう男女の仲にでさえ、師匠である女性の騎士団長に相談して、作法まで教えを乞うているあたり、ティセルも色々な意味で真面目な子だw
航海中はある意味閉鎖空間である船の仲という特殊な環境で芽生えた好きという気持ちであり、わりと雰囲気で盛り上がっているという印象も少なからずあったティセルとジャムの関係だけれど、こうして陸地にあがって落ち着いた、というほど落ち着いていないけれど、それでもちゃんと街の中で逢瀬を重ねる二人の様子を見ていたら、前よりもいい雰囲気になってるんじゃないかな、これ。書庫船での脱出口など、お互いの人間性や性格なんかを深く知り合うイベントなんかもあったにせよ、特別な雰囲気にアテられた勢いだけじゃない、ちゃんとお互いの素敵な部分を発見し、改めて惚れ直して想いを新たにした様子が窺える。
相思相愛のカップルとして、ちょっとやそっとじゃ動かない芯が出来た。そんな風に見えました。

だからこそ、次のメギオス驚異の白骨宮殿で、皆と離れ離れになりジャムと二人きりになってしまった時も、不安に陥り心すり減らすこともなく、つまらない衝突もなしに割と長い孤立状態を乗り越えられたように思えます。というか、この時点での二人の場合、むしろ二人きりの方が調子が良かったんじゃないだろうか。

でもそんな身も心も委ねられるほどの信頼を交わしたつもりだったからこそ、ティセルは最後、ジャムの嘘と拒絶が許せなかったんだろうなあ。これについてはジャムも擁護してあげたいところだけれど、もうちょっと女の子が全部捧げてもいいと思うだけの覚悟の重さを理解してあげるべきだったな。それを受け取るだけ受け取って、自分は同じだけのものを返そうとしない、というのはティセルとしては自分がそれだけ軽く見られている、とも自分が彼を思っているほどには、彼は自分を信じてくれていない、という風にも捉えられるわけで、失望を禁じえないのも無理からぬところ。全然擁護してないな、これ。まあジャムにはジャムの言い分もあるのだろうけれど、今のところ彼の抱えている秘密については何も語られていないので、やっぱり擁護できないな。

そんな株価を最後に落としてしまったジャムに対して、最初に株を大暴落させた末に、見事に男をあげなおしたアルは大したものでした。とはいえ、最初の増長っぷりがひどすぎたんですけどね。それでも、手ひどいしっぺ返しを食ったあと、侍女のグレシアにガツンと言われて目を覚まし、あとは自分で立ち上がり、考えて汚名をすすいだんだから、やっぱりエラいですよ。前回の航海ではずいぶんと成長したなあ、と思ってましたけれど、そんなのは単に背伸びした程度だったんだよ、と言わんばかりの本物の男への成長っぷりには思わず目を細めてしまいました。どうやらグレシアとの事も真剣に考えだしてくれたようですし、無論身分差というこの時代にはどうにもならない障害はあるにせよ、普通に結婚して家庭を作るばかりが幸せのカタチじゃないですからね。それは、同じくそれぞれの身分や立場のこともあり、家庭を持てないだろうと覚悟しているティセルも、既に結論を出しているようですしね。……ティセルって真面目なんだけど、情熱的でもあるんだよなあ。だいぶ師匠の影響、大きいんだろうな、これ。

アルの方は、おそらく彼の覚悟と考え一つでしょう。あとは、ティセルとジャムの間に入った亀裂か。二人共、互いに依存しない自立した対等の付き合いなだけに、妥協やごまかしで仲が修復できるような関係じゃないんですよね。おそらく、ジャムが抱える秘密は彗晶族も絡む物語の重要なキーワードになるものと思われるだけに、一筋縄じゃいかなさそうだなあ。ティセルは優しい子だから、突き放してばかりじゃないんだろうけど、ジャムが心の機微に疎い分、結局彼女が自分で動かないとどうにもならないんだろうな。結局、ティセルが一番大変なのか。頑張れ頑張れ、女の子。

1巻感想