少女不十分 (講談社ノベルス)

【少女不十分】 西尾維新/碧風羽 講談社ノベルス

Amazon

悪いがこの本に粗筋なんてない。これは小説ではないからだ。だから起承転結やサプライズ、気の利いた落ちを求められても、きっとその期待には応えられない。
これは昔の話であり、過去の話であり、終わった話だ。記憶もあやふやな10年前の話であり、どんな未来にも繋がっていない。いずれにしても娯楽としてはお勧めできないわけだが、ただしそれでも、ひとつだけ言えることがある。
僕はこの本を書くのに、10年かかった。
「少女」と「僕」の不十分な無関係。

ほぉーー! ほぉーー! ほぉぉーー!
なるほど、これは新境地だなあ。
記憶にある限り、西尾維新という作家がこういう話を書いたという覚えはない。自伝的な小説、という意味じゃないですよ。偽悪的でも享楽的でも退廃的でもない、不真面目でもなく巫山戯てもおらず、楽しそうでもなくかといってつまらなそうでもなく、ひどくコツコツと、或いは訥々と、真剣に神妙に慎重に、勢いだけは変わらずに一気に綴り上げたような、言うなればエンターテインメントたるサービスを一切考えないように築き上げた作品だ。
「西尾維新、原点回帰にして新境地の最新作」「この本を書くのに、10年かかった」というえらく派手とも言えるキャッチコピーは、読む前に受け取っていた西尾維新本人の執筆に関するものではなく、実は中の人の語り手の事だった、というまたやられた! という毎度おなじみ受け手を翻弄する作為タップリの宣伝文句だったわけだけれど、あながち詐言とも言えないのかもしれないと、読後に思うようになったのでした。
10年目の区切りだったからこそ、化物語シリーズやめだかボックスの原作など、作家として走り始めて今アブラの乗り切った状態で多くの進行中の作品を抱えている今だからこそ、外に弾けるように広がる話ではなく、真逆とも言っていい内へ内へと凝縮して圧縮して内圧で爆ぜてしまいそうな密度を得た小さな事件を手がけてみたかったんじゃないかと感じたんですよね。
あとがきでも、それらしきことに触れてますしね。振り返ってみれば、二期に入ってからの化物語シリーズも、あれもこれもと様々なスタイルを試し切りするかのような、餓狼じみた意欲を、貪欲さを感じていましたっけ。その迸りの一つの突端がこれなのかも。心なしか、猫物語の方向性に似たものも感じましたし。
まさにそれ新境地。であると同時に原点回帰とも語れてるんですよね、これ。その通り、この物語、ラストには「彼」という小説家が語り部としての魂を実装してしまう起因となる出来事が待っているのですが、果たしてこの原点回帰は「彼」だけのものなのか。
見つめ直してわかりやすい具体的な形の「原点」が「思想」が、「望んだ在り方」なんてものがあるほど、人間なんて具体的な生き物じゃないし、「彼」が、そして「中の人」も曖昧模糊の不定形で在らんとするのはしつこいほど作中でも語られているわけですから、これが回帰した原点という結論だ、なんてちゃんちゃらおかしい話ですけれど、でも内へ内へと潜った末に出てきた一つの確かな「物語」であるのは間違い無いと思うのですよ。
これが小説である以上、なにも内包していない「大嘘」であるはずがない。
ならば、ここで語られる作品のスタイルへのスタンスが、作者が自身の作風をかえりみて導きだした答えの一つという名の「物語」であるというのは、少なくとも「嘘」じゃないはずなのだ。だったら、これを読んで「ふーん」とほくそ笑んだりして見せて、わかった風にクビを上下に振ってみるのもまあ悪くないんじゃないですかしら?

ちなみに、名前の出てきた作品の元ネタ、結構読んでないっぽいのが多くてショック。というか、本になってないのもありますよね、これ。そもそも、実際に書かれているのかいないのかも知らないのがあるんだが。
そんでもって、ここで語られたとおりだとすると、忍野忍って阿良々木くんに直球で「そう」だったのか。「そう」であっても変化球かと思ってた。ありゃやこりゃこりゃニヤニヤじゃんよw