俺の妹がこんなに可愛いわけがない 9 (電撃文庫 ふ 8-14)

【俺の妹がこんなに可愛いわけがない 9】 伏見つかさ/かんざきひろ 電撃文庫

Amazon

今度の『俺の妹』は“それぞれの視点”で描かれる特別編! 
さらには意外なコラボも!?


 あのルリ姉に──好きな人ぉ? どーせ脳内彼氏でしょ? (8)巻の顛末を黒猫の妹・日向の視点から描いた『あたしの姉が電波で乙女で聖なる天使』。腐女子の妹を「世界一可愛い」と豪語する、もうひとつの“残念な兄妹”の物語『俺の妹はこんなに可愛い』。いくつもの“顔”を持つ沙織・バジーナの“ルーツ”に迫る『カメレオンドーター』。桐乃に“トラウマ”を植えつけた瀬菜の恐るべき行動とは?『突撃 乙女ロード!』。お兄さんが彼女と別れたのって、もしかして……私のせい? あやせのフクザツな乙女心と、加奈子のライブ楽屋裏の一幕『過ちのダークエンジェル』。ほか『真夜中のガールズトーク』『妹のウエディングドレス』2本を収録! さらにはアニメOP主題歌を担当した「ClariS」とのコラボが実現! 原作の主題歌『nexus』の発売や、作中に「ClariS」の二人が登場するなど驚き満載の特別編!!
なんだよこれ、どいつもこいつも重度のシスコンとブラコンばっかりじゃないかw その中でもカラー口絵の加奈子のコメントは際立ってた。加奈子はこれ読む限りはシスコンとは違うんだけれど、素直じゃないひねくれてるほかの連中に比べて、実にストレートなんですよね。なんか、ニヤニヤを通り越して微笑んでしまった。

【あたしの姉が電波で乙女で聖なる天使】
かっけぇ! なんだこの人!?
いかん、思わず妹・日向とシンクロしてしまったがな。時々京介って素でカッコイイんだよなあ。スカしてるわけでも気障にカッコつけてる訳じゃないんだが、なんだこいつ!? と目を剥いてしまうようなカッコイイ時がある。勿論、そこに至るまでにみっともないくらいにグダグダやっているのは、京介視点の本編で嫌というほど味わっているんだけれど、それを踏まえてなおカッコイイんですよね。惚れるわぁ。
まあ、最近かっこ良さに比例するようにキモさも右肩あがりなのですが。京介兄やん、まじキモいです。
というわけで、こまっしゃくれた五更家の次女日向の視点による黒猫が京介と付き合いだし、別れてしまった時の一部始終が描かれているのですが……黒猫、はしゃぎっぱなしじゃないかw
家族の前では建前も何も吹き飛んでいるので、京介や桐乃に対する感情も訴訟されかねないほどの勢いで垂れ流し。黒猫、あんたそんなに京介と桐乃のこと好き好き大好き超愛してる、状態だったんだな。もう、デレッデレである。8巻でも充分デレッデレかと思ったけれど、あれは京介の手前まだまだ澄ましてたんだというのがよくわかる。しかしまあ、黒猫め、随分と妹に心配かけてるんだなあ。基本的にいいお姉ちゃんしているとは思うけれど、あんまり妹に生暖かい目で見守られるような真似はしないほうがいいと思うぞ、うん。
妹ちゃんの視点ということで、彼氏として連れてこられた京介のことも語られているのだけれど、思ってた以上に京介って慕われてたんだなあ。懐かれた、とも言う。すっかり五更家に馴染んでいるあたり、この男、人様の家庭にするっと入り込むの得意だよなあ。田村家だけじゃなかったのか。
あと、桐乃が京介並みにキモいんですが。こいつら、確かに血の繋がった兄妹だよ……兄妹揃ってこれ、ということはあの両親のうちのどちらかも、この手のキモ属性持ちなのか!? ……多分母親だな、あれは。


【真夜中のガールズトーク】
桐乃視点である。繰り返す、桐乃視点なのである。
……桐乃、お兄ちゃん好きすぎるだろうw しかも、最近の一連の出来事や黒猫との一件を通して、どうも理想の枠で括った虚像ではない、等身大の在るがままの兄貴に惚れてきているようだし。それでも兄貴には期待しちゃうのか、この娘は。可愛いなあ、もう。
彼女の独白を聞いていると、どうして京介と一時期疎遠になったのかがうっすらと見えそうなことをつぶやいているのだけれど、それよりも注目はあの発言ですよ。……もしかして、桐乃の真奈美への感情って思ってたようなただの敵視とは違うのか?
あと、黒猫の親父さんと京介がなに話してたか異様に気になるんだが(笑
とりあえず、桐乃はやっぱり京介の嫁は黒猫がいいみたいだ。どう聞いてもこれ、黒猫を応援しているようにしか聞こえないしw


【俺の妹はこんなに可愛い】
赤城兄妹は正直ヤバいレベル。むしろこの二人が存在しているお陰で、京介と桐乃がまだマシで健全に見えてくるという不思議、あるいは計算しつくされた配置?
兄貴が妹狂いなのは前から堂々と表明されてましたけれど、これ妹の方も相当にイッちゃってるじゃないか。もうちょっと冷めて単なるネタ扱いなのかと思ったら、完全に相思相愛じゃないかこれw
正直、桐乃と京介よりも高い確率で将来社会的に認知できない関係にマジで陥りそうだ。
それにしても、まさか京介が白昼堂々、赤城とどっちの妹が可愛いか対決なぞはじめる時代が来るなんて。京介、お前もう自分がシスコンだと隠そうともしてないな、おい。
いきなり赤城の妹自慢に俺の妹の方がガチで可愛いんだよ、とキレだす京介。末期だ、リアル末期だ。
そして、京介の妹対決に負けたくないから可愛い写真よこせのメールに、罵倒の返信とともにちゃっかりポーズ決めた写メを送る桐乃さん……だ、ダメだ、この妹の方ももうブラコン隠そうとしてねえw
京介……お前、携帯に妹とのツーショットプリクラ貼ってるのかよ……スゲエな、本気で末期だ。


【カメレオンドーター】
槇島沙織が如何にして沙織・バジーナになったのか。彼女が如何にして自分のサークルを作ろうと思うに至ったか、のお話。以前にちらっとだけ触れられていた、彼女が失ってしまった遊び場のお話ですな。沙織も考えてみるとこれもシスコンの一種なのでしょうけれど、こちらは正しくコンプレックスだなあ。尊敬もしてるし目標とすべき人物なのでしょうけれど、それ以上にむかつくし腹が立つし頭に来るし、と天敵そのもの。彼女に関してだけは、姉が嫌いだ、というのは間違っていないのでしょう。それでも、家族なんだよなあ。
それにしても、一連の黒猫恋人問題について完全にハブられてた事に関して切れまくる沙織が、壊れたw 


【突撃! 乙女ロード】
桐乃の友達との付き合い方は、今となってみるとなかなか面白い。特に、一般人とは違うオタク仲間とのそれだと。オタクはオタクなんだけれど、わりと対応が卒ないんですよね。このへん、沙織とは別の意味で合わせるのが結構上手い。やろうと思えば出来るんだよな、この子は。
で、先の兄貴たちの妹自慢大会を繰り返すように、こちらでは兄貴自慢大会に。桐乃も言うようになったなあ……ってか、お前も携帯にプリクラ貼ってるのかよ、隠す気ないのか!?
しかし、京介のシスコンは桐乃の口から聞くと、酷いな。どれも事実なんだよな。なんかもう、人として終わってるレベルですよ?


【過ちのダークエンジェル】
……あやせェ。
この女、もしかしてぶっちぎりでダメなんじゃぁ。前に京介を監禁調教しかけた時から薄々怪しいと思ってたんだが、思考の方向性が明らかにおかしい。なるほど、ヤンデレになる素養というのはこういう部分から垣間見えるのか。本格発症する前の段階でその顕著な傾向を確かめられるケースは稀なだけに興味深いサンプルだ。皆さん、ここのヤンデレ予備群がいますよ、注意!!
ってかさ、あれほど本気で京介に付きまとわれるの嫌がってたくせに、相手の反応が淡白になりはじめたら途端に物足りなくなってむくれだすって、アレだよね、相当にアレだよね。いやよいやよも好きの内、というレベルじゃないぞ?
……マジで今のあやせなら、セクハラしても許してくれるどころか、むしろやめてくださいと口では言いながらもっともっとと強請ってくる可能性を! 否定! 出来ない!
ところで、新キャラの【ClariS】ってなんぞ? と思ったら、主題歌歌ってた人らかいね。凄いな、チョイ役はチョイ役でも、ちゃんと挿絵付きでがっつり京介たちと絡んでたぞ!? というか、京介の野郎、リアルの人にガチでセクハラしやがったぞ、いいのか!?(笑


【妹のウェディングドレス】
表紙絵の桐乃のウェディングドレス、まさかちゃんと本当に着る短編あったのか。表紙だけのネタなのかと思ってた。話があるにしても、どうせモデルの仕事だよな、とは思っていたものの、それだとどうして京介がスーツで決めているのかが謎だったのだが、そういう事だったのか。
ってか、そろそろ京介はシスコン自重しろ。いや、自重はしなくてもいいが世間の目をもうちょっと気にしなさいw
桐乃があそこで、ちゃんとあれは自分の兄です、と言うシーンには、二人の関係が一巻の頃からすると隔世の感があって、何気に感慨深かった。
あとがきの書き方を見ると、この衣装、これ一回きりの見納め、という気はさらさらないようで、ええいそのまま行けるとこまでやっちゃえやっちゃえ。


なにやら、桐乃の独白シーンでチラチラと過去についての後悔と、過ちを繰り返さないという戒めが垣間見えるんですよね。これはそろそろかつての二人の断絶の原因が明かされる話がくるフラグかしら?
妙に大人しいというか、虎視眈々と爪を研いでいる感のある田村真奈美嬢の動向も合わさって、こりゃあ過去絡みの話くるか?


伏見つかさ作品感想