アンチリテラルの数秘術師 3 (電撃文庫 う 5-3)

【アンチリテラルの数秘術師(アルケニスト) 3】 兎月山羊/笹森トモエ 電撃文庫

Amazon

私達は無自覚に、目に見えないi(ウソ)を必要として生きているんだよ。

 仲間でやってきた北海道旅行。様子のおかしい雪名に、俺は歯がゆい気持ちでいっぱいだった。彼女は俺との“約束”を疑っているのかもしれない──そう思った折、町が歪み始める。無数の化物。数秘術(アルケニック)が使えなくなる雪名。NPCのように機械的な、町の住人たち。そして現れる、“虚数”の災厄の数(アルヘトス)。彼との出会いで、俺と雪名は互いの本当の気持ちを知ることになる。“数”の異能力バトル、第3弾登場。
本当に可愛らしいヒロインだなあ。実力的には最強に近いものを持ちながら、キャラクターとしては完全に大人しい小動物系。健気で儚く素直で優しい。このギャップがまた新鮮なのである。一方で主人公は強力な能力的なものは持ちあわせていないものの、その精神面でか弱げな雪名を庇護し続けている。誠実でブレないその人柄は、具体的な無力さを何ら気にさせない頼もしさに溢れている。この二人のカップリングには誰も入り込む余地ないですよね。パーフェクトカップリングすぎる。新たに登場したアンデレさんはイイキャラなんだけれど、このオモシロ空回りさんはラブコメ要員ではないんだろうなあ。というか、この隙だらけの執行官は、明津と鐘をつくような丁々発止を繰り広げてたので、コンビとしてはそちら推奨? お互いボケとツッコミの両刀使いだから相性も良さそうだし。
今回の敵はこれまでの二回の敵のような破滅的な人物と違い、むしろ誠一に似た大切なモノを守る側の人間、守ろうとした人間。その事情を知ってしまえば知ってしまうほど共感が生まれていく。なればそれは、誠一たちのありえた可能性だったかもしれないからだ。でも、最後の誠一の下した決断が、彼と誠一との決定的な違いを表している。誠一ってただ優しいだけの男の子じゃないんですよね。だからこそ、雪名のような子を守れる立場に居るのでしょう。
今回の物語は、自分たちのありえた可能性と同時に、誠一と雪名に改めて自分たちの関係性を見直すきっかけを与えることになる。特に雪名は、今まで誠一に抱いていた淡い想いの名前を教えて貰うことで、完全にそれを自覚する。その様子のまた可愛らしいこと可愛らしいこと。これだけ嫌味なくあざとくなく可憐で可愛らしいヒロインも珍しいよなあ。

悲しい嘘の積み重ねで築きあげられた「i」の世界「ガウスの迷宮」。結果として破綻してしまったけれど、その哀しくも優しい嘘は本当の気持ちを伝え合う為には決して無駄じゃなかったと信じたい。ただ悲劇で終わってしまうはずだった物語に、一滴の、だけれどとても尊く大切な幸せを落としてくれた結末に、祝福を。
いい、お話でした。

安易で迂闊なアンデレさんは、どうやらこのままレギュラーになりそうで嬉しい限り。どうも脇が甘い新米さんだけれど、実力的には執行官の名に恥じないちゃんとした人なので、日常パートはともかく非常時にはとても頼もしそうなので、味方として加わってくれる事はどうもラスボスらしき相手も出てきた今となってはありがたいところ。賑やかし要員としても大活躍してくれそうですしね♪

1巻 2巻感想