美少女を嫌いなこれだけの理由 (このライトノベルがすごい!文庫)

【美少女を嫌いなこれだけの理由】 遠藤浅蜊/黒兎 このライトノベルがすごい!文庫

Amazon

完璧な外見と不思議な能力を持つ種族「美少女」が、人間と共存している世界。素性こそちょっと訳アリだが、基本はごくごく普通の男子高校生である亜麻野雄介は、ある日唐突にふたりの「美少女」の訪問を受ける。熱心な説得を受け、また報酬につられて、田舎町の「簡易美少女局」のサポートマネージャーに就任してしまった雄介。可愛くてミステリアス、身勝手で能天気、そんな老若男女の「美少女」たちに振り回される日々が始まった……! 第2回『このライトノベルがすごい!』大賞・栗山千明賞受賞作!
なにこれこわい
あははは、こりゃ参った。いい具合に発狂した世界設定だ。人類とは別に「美少女」なる種族が居る、という所まではどうってことないのだが、「美少女」なのに女だけの種族ではなく、ちゃんと男女の性別があり、老いもあるのだという。見た目、美少女のまま。だから、中年のおっさんの美少女も居れば、枯れた爺の美少女も存在する。
実際、この物語の中心となって動くサブリナは、見た目幼女の金髪ドリルツインテールの美貌麗しい吸血鬼属性の美少女にも関わらず……実年齢四〇代に差し掛かろうという中年のおっさんなのである。
オッサンなのである!!
サブさん、まじおっさんなんだよぉ。もう言動がね、加齢臭漂ってくるんですよ。しかも出来る大人じゃなくてうらぶれた場末で酒臭い息吐いてとぐろを巻いているような、スレたおっさんなんですよぉ。
もうどうしろと。
これで傍目だけは「美少女」なものだから、読んでるこっちは美少女かおっさんかどっちに焦点を合わせていいかわからず混乱弥増すばかり。この違和感たっぷりのシュールすぎる世界観に心が不安定になってきて、もうなんだか笑えてくるのだ。
やっていることも世界の危機だとかいう大きな出来事とは程遠い、美少女の供給過多によって爪弾きにされた末に地方都市の隅っこで本局からのリストラに怯え、監査の人の目の恐々としながら、なんとか仕事を確保しようとドサ回るという、不況下の社会の縮図を見るような世知辛いお話なのである。
いや、でもその世知辛さにため息をつきながらも、グチグチ言いながらもそもそ頑張る姿やおっさんが年甲斐もなくウブな反応みせもって恋にうつつを抜かしたりするのがまた面白いんだが。
……これ、おっさん萌え、という事になってしまうんだろうか。サブさん可愛いなあ、と思ってしまった自分に軽く絶望感がw だが男だ。
呑気なのか朴訥なのか境目がわかりづらい訥々とした語り口もあいまって、妙にアットホームな雰囲気が漂っているのも妙に心地よい。
いやあ、まったくもって奇妙で奇っ怪極まる設定の上に牧歌的(?)で地に足のついたような勘違いをさせられる話が繰り広げられる、何だかほんわかするのに悪酔いさせられたような微妙な感覚がやたらと面白い、ともあれ変な作品でした。
今回の受賞作品の中では、これが一番好きだなあ。