乱☆恋4  婚約者は16人!? (富士見ファンタジア文庫)

【乱☆恋 4 婚約者は16人!?】 舞阪洸/得能正太郎 富士見ファンタジア文庫

Amazon

「誰が“本物の婚約者”か当ててください!」16人の婚約者を持つリカルド王子。5番目の婚約者であるネゥラ王女には、ナゥラとノゥラという顔かたちがそっくりな二人の姉妹がいる。悪戯好きな彼女たちが仕掛けてきたのは、三人のうち誰が“本物”か当てるという難題!しかもネゥラは「間違えたら―婚約は破棄します!」とか言い出してきて…。確実に三人を見分けるためには、真っ裸にして胸の黒子を確認せねばならないっ!?ドツボにハマッたリカルドの前に、商家の令嬢だと名乗る美少女が現れる。「私であれば、きっとお役に立てるはず」…と告げる彼女の正体は?そして超弩級の危機に、王子が取った決断とは。

さすがに一巻につき登場する婚約者が一人だと何巻あっても足りないので、前回は二人纏めて登場したわけですが、今回はさらに一気に四名が登場。口絵のピンナップには全員が侍女服を着て並んでいるイラストがあるのですが……壮観を通り越してちょっと怖い絵だぞ、これ。ってか、こんな侍女軍団引き連れて婚約者の邸宅を訪問するって、一体何事と思われても仕方ないぞ、これ(苦笑
でも、得能さんのぷにっと柔らかそうな女の子がたくさん見れるというのは、それだけで眼福である。

とは言え、これだけキャラクターが増えてくると肝心の掛け合いも散漫になっちゃって、ちょっと歯応えは足りなかったなあ。リカルドもあっちこっちと相手をしないといけないから一人一人とじっくりと受け答えするのもままならず、いい雰囲気を作ったりも出来てなかったし。セフィア王女も何だか嫉妬してばっかりで、最初の頃の健気で可愛らしい佇まいも薄れてきちゃったし。セフィアさん、それだと男に逃げられますよ?

一方で、今回登場した新しい婚約者の一人、メッシナはこれ相当リカルドの好みにストライクなんじゃないかと。性格は飾った所がなくさばけていて、でも男勝りというほど荒っぽくなく、何より聡明で頭の回転が早くリカルドと同レベルの頭脳の持ち主と来た。それでいて、先のエルメンネッラ王女ほどエッジの利いた危険な雰囲気はなく、駆け引き抜きで親身になってくれそうなところもあって、ほんとうの意味で良いパートナーになってくれそうな人柄だし。その上、巨乳ときた。殆どパーフェクトじゃないのか、この娘さん。
リカルドと対等な高さで知的な会話を出来る、それこそ政治的な内容な外交的な判断を相談できるような相手が使者団の中には居なかっただけに、このままついてくるとなると相当に出番増えそうだなあ、メッシナ嬢は。

しかし、メッシナたちは訪問の順番が後ろに回されたら外聞的に問題だし、女としてなんかヤダから、とリカルドに向こうから偶然を装って逢いに来たわけだけれど、此処まで来ると逆に最後になった婚約者の方が真打ちついに登場、みたいな雰囲気になって存在感出そうだなあ。

1巻 2巻 3巻感想