デート・ア・ライブ3  狂三キラー (富士見ファンタジア文庫)

【デート・ア・ライブ 3.狂三キラー】 橘公司/つなこ 富士見ファンタジア文庫

Amazon

六月五日。士道の通う高校に災厄は突然やって来た。「わたくし、精霊ですのよ」転校生の少女、狂三の衝撃的な自己紹介。校内を案内することになった士道に、少女は微笑を浮かべささやく。「士道さんにお願いがありますの。…聞いてくださいまして?」世界を殺す災厄を体現するかのように己の意思と、明確な殺意で、愉悦を感じながら、人を殺す最悪の精霊。「精霊が現れやがったんです。ならぶっ殺す以外にすることはねーです」そして、その精霊を殺す少女、真那。人を殺す少女と精霊を殺す少女。悪夢を断ち切るため、デートして、デレさせろ!?―。
「狂三」と書いて「クルミ」と読むのは無理です先生!! どう考えても「キョウゾウ」としか読めないよ。どこの世紀末のチンピラか、というような名前である。せめて「狂美」とか「狂魅」という女性を連想させる感じが使われてたら女の子の名前と言われても納得できるんだけれど。サブタイトルを見て、真剣に「ついに男の精霊が現れて、男相手にキスを迫るはめになり『アーー!』」な展開なのか! と勘ぐってしまったじゃないか。
でも、敢えて「三」の字を使わなければならなかった、とも考えられるんですよね。これまで登場した精霊は、十香や四糸乃と全員名前に数字を含んでいる点は注視すべきか。一人例外がいるじゃないか、と言われそうだけれど、彼女についてはあれが本名なのか、という疑問もありますしね。苗字の方にも数字がついてますし。それをいうなら鳶一もじゃないか、という話になり、何気に全員に数字がついているという事実に気づいた次第。別に意味ないのか!?

さて、次に現れたる第三の精霊は、これまで人類に対して攻撃的な意思を持たなかった十香や四糸乃と違って、悪意と狂気を持ってして自らの手で人を殺して回る殺人精霊。人類がまともに対抗できない力を秘めた精霊が、その力を人を害する事に使い出したら、という悪夢を体現した存在。
これまで士道の能力に基づいた作戦が成功を収めていたのは、十香や四糸乃は自分の力に振り回された被害者という立場であったからこそである。精霊の力を振り翳し、人間を惨殺することを楽しんでいる狂三にはデートしてデレさせる、という作戦は根本から当てはまらないのだ。
無理ゲーである。
事態が拗れたのは、狂三の危険性を性格に把握していた自衛隊と違って、士道や琴里を含めたラタトスクの面々は狂三についての情報を全く持っていなかった為に、これまでと同じ、害意のない精霊に対するスタンスで彼女に挑んでしまったことにあるのだろう。違和感や嫌な予感を感じていながら状況を続行させてしまった事はもとより、明らかに狂三が十香たちとは違う危険人物だと把握したあとも、士道に打開を託したのは琴里のミスである。過去に似たような前例があったからこその判断ミスなんだろうが、お陰で状況を挽回するために琴里本人が出張るはめになってしまったわけだ。
琴里の正体については、二巻の段階でほぼ確信を得ていたけれど、どうやら間違いではなかったらしい。琴里の兄への信頼感には、盲目的なものや机上の理論というふうな感じがまるでなかったんですよね。それどころか、経験に裏打ちされた全幅の信頼があった。それが、自分が被験者となった経験に基づくものと考えれば、琴里の確信的な行動にも違和感がなくなるというものである。度々、それらしい発言してましたしね。
ただ、どうして彼女がこれまで頑なに真実を隠して口を噤んでいたかを考えると、琴里が直接出張る羽目になったのは計算外もイイ所だったんだろうなあ。これまでどおりの兄と妹でいられなくなる可能性を思えば、忸怩たる思いだったに違いない。それでも、最愛の「兄」は見捨てられんよなあ。傍若無人に見えて、琴里の行動原理って何気に「献身」だったりするし。
波乱の展開だったが、ラストの急展開は読んでてやたらと盛り上がってしまった。話の筋は結構ベタベタですし、文章の綴り方も決して特徴的だったするわけじゃないんですが、なんだかこの三巻はやたらと面白かった気がする。三股デートとか蛇足もいいところなのにねえ。

最悪の精霊の出現に、謎が謎を呼ぶ義理の妹、ついに現れた真の妹、と存在感を齧りとろうとする新旧ヒロイン衆の猛攻に対して、これを真っ向から迎え撃ったのがメインヒロインである十香さん。二巻ではさっぱり目立てなかったのを取り戻すように、純真無垢キャラで攻める攻める攻める!!
なにこの可愛い生物!! 捨てられた子犬か!? 天使じゃね!? 天使じゃね!?
この娘に嘘ついたり騙したりすると、胸を掻き毟りたくなるほどの罪悪感が湧き出てくるよ。健気だし一生懸命だしひたむきだし、人の言うことを素直に聞いてくれるこの純心さには、意味もなく土下座したくなる。
ごめんなさい。生きててごめんなさいw
さすがメインヒロインだわ。これは敵わん。ぶっちゃけ、鳶一じゃ相手にならんw
士道も三股デートでは明らかに他の二人と十香とでは態度違うし。ほだされてるほだされてる。まあ、あれはほっとけないよなあ。まだ異性としては見られないと思うけれど、仮にもまともな人間なら、あんな健気な子を蔑ろにはできんよー。
とは言え、まだまだ戦うヒロインとしては何も出来ていないので、そのへんは次回以降に期待カナ。まあ、次回も琴里が全部持っていきそうな気がするが。

1巻 2巻感想

を掻き立てる