境界線上のホライゾン4〈下〉―GENESISシリーズ (電撃文庫)

【GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン 4(下)】 川上稔/さとやす(TENKY) 電撃文庫

Amazon

 伊達、最上、上越露西亜へ外交官として赴いた教導院のメンバー達。
 だが、それを牽制するため、羽柴・秀次率いる戦闘外交艦“聚楽第”を先頭に羽柴勢が水戸領地に対し戦闘を開始。
 一方、武蔵では、生徒会と総長連合に対し、平和を求めて大久保・忠隣を代表とする委員長連が蜂起し、内部に潜入した伊佐、穴山ら真田十勇士は、艦の破壊工作の準備を進めていた。
 まさに内憂外患の武蔵は、この状況を打開し、東北・上越への活路を開くことができるのか!? 第四話ついに完結!
此処ぞという時、行き詰った空気を一気に切り開いてみせるのは、やっぱりみんなのおうさまであるところの、葵・トーリなんだな。一巻の下巻以来の仕切り直し。改めての、トーリの世界征服宣言。痺れたーー!! 再び、あの6ページ見開き挿絵。一巻の時と違って、みんなが居るのは同じ場所ではなく、それぞれの戦いの場所。あの時から、新たに加わった仲間たちの姿も見える。
あの時と同じではない、立場も考え方も未来への見方も、それぞれの在り方も「前へ」進んだ、その姿にこそ、痺れた。
三方ヶ原の戦い以来、どこか燻ったようなもどかしい、力及ばない、哀しい気持ちが拭われない、そんな停滞に包まれていた空気を吹き飛ばすような、痛快にして豪快な、打破打破打破の復活回。
まさに、これは『再起』の物語。
そんでもって、素晴らしいまでの総力戦、総力戦ですよ^ーー!! てっきり、奥州三国と上手く協力関係になるための交渉メインの回だと思ってたんですよね。良い意味で派手に裏切られた!!
前回の感想で、辛すぎる伊達、最上、上越露西亜の悲しい感情を何とかしてあげて欲しい、とせつに願っていたのだけれど、これほどきっぱりばっちりズンバラリンとなんとかしてくれるなんて。そう、そうだったんだよなあ。トーリたちの目的というのは、まさにこういうどうしようもない運命を、悲しい出来事を、なくして潰してひっくり返して、取り戻して無くさないようにすることだったんだよなあ。彼らの宣言は、想いは、口先だけのものじゃなかったのだ。こんなにも具体的な形で、実現してくれるなんて。嬉しいなあ、嬉しいなあ。
幸せに、なりましょう。楽しく、なりましょう。みんなで、笑いあいましょう。
そうした世界を、創りましょう。

だから、戦争だ!!(マテ


いやあ、久しぶりの千ページ近接厚だけあって、これでもかこれでもかとネタが詰め込まれてて、読むのにガチで4,5時間掛かった気がするが、大満足でした。


ネタバレ前回で量もだいぶ多くなってしまったので、収納ですよ、以下に収納 ↓





・浅間の側室確定回(いきなりそれかw
口ではごちゃごちゃいいながら、周囲からの包囲網に対して自らカラまれに言ってますよね、この巫女。ミトも全然満更ではないどころか、それっぽい宣言を自分からシチャッてることもあって、受け入れ態勢万全だし、ここにベルさんが入るかはまだわからないけれど、少なくとも側室二人は決定か。


・大久保さん、新規参入おめでとう。
ここは正純が政治家としての器と格を見せつけた感じ。最初期と比べても、正純には宰相としての風格が出てきたよなあ。少なくとも、セグンドさんにあそこまで絶賛されるほどとは。とは言え、自分がやられたアレを大久保ちゃんにやり返すあたりは、もう可哀想なくらいに染まっちゃって、と目を背けざるを得ない。なんか、微妙に芸風が最終兵器扱いされだしてるし。安定のウォーモンガーである。
大久保さんの方はしばらく可哀想な弄られポディションに収まりそうな。この娘、珍しく武蔵の人としては外道でもキチガイでもないからなあ。
加えて、ついに柳生さんの登場ですよ!! 柳生・宗矩きたーーー!! しかし、ハンターチャンスはだめーー!!


・喜美VS二代再び。
賢姉はやんわりと否定したけれど、なるほど両親が神子上典膳と小野善鬼なら、彼女は小野忠常に一応は該当してしまうのか。本人、自分は剣豪なんかじゃないよ、とのたまってるけれど、ぶっちゃけ「体の使い方」という分野に限定してみればこれ、賢姉って武蔵の中でも頭ひとつ飛び抜けてるんじゃありません? 実際、葵母も天賦の才があると言ってるみたいだし。気分屋なんでどうにもならないらしいけど。
ともあれ、二代をブレイクスルーさせるのは結局再び賢姉だったわけね。すごいな、二代。完全に見違えたじゃないか。なんで彼女、本多小松じゃないのかなあ、と密かに思ってたんだけれど、なるほどこの方向を目指すなら小松じゃダメだよなあ。いやでもわからないぞ。まだ、真田教導院の真田家の面々は出てきてませんしねえ。彼女にはまだ誰もフラグ立ててないし!
あっ、そうだ。ここでようやくあの義経の「八艘飛び」の極意が見えたような。義経の説明、ボタン入力型は本気でさっぱり意味不明だったもんなあw


・アサマチ、ズドン祭り!
さすがにアニメのように戦艦撃沈のような大物撃ちは今回ありませんでしたが、その分嬉々として対人狙撃ズドンズドン!! ハイディがーー!!(笑
其れ以外にもあっちでズドン、こっちでズドンズドンズドンズドン四連発ズドン、とストレスたまってたんですか、アサマチさんw


・眼鏡、合体。
ネシンバラ、ようやく二次元から復活……って、シェイクスピアさん、あーたなんでその場面で脱ぎ始めてたんですか!? 事後ですか!? リアル事後ですか!?
なんか、余裕タップリになってますし。しかも、ストーカーのくせに相手への要求高すぎません、この娘!?


・今回最強の萌えキャラ、満を持して登場!
教皇総長、セグンドさんときて、今度は雷帝・上杉・景勝!! なんで川上作品のおっさんはこんなに強力な萌えキャラばっかりなんだヨ!!
暴君ちゃうかったんかいなーー!! やだっ、この暴君可愛いっ!!
上杉家の厳格な表と萌え萌えな裏のギャップが素敵すぎて吹いたっ。でも、この萌え雷帝、締めるところは締めまくるんですよね。きっちりやるべきことをやり、助けたい女を助けていきおった。マルファさんをちゃんと抱きとめていったおっさんには惚れたわー。
しかし直江、お前は駄目だ。こいつは放送禁止ーーー!! あうとーー!! どこが爽やか系だこらーー!! あんたのそれはサンライズ違う、東映アニメーションや。あとプリキュアはどちらかというとガッちゃんとナイちゃんの担当であって、オマエ違うから! 初代とハートキャッチだから違うとか言わない。とか、オマエがハートキャッチするなーー!!


・最上と里見の関係。
義康の提案を見た時は、思わず声を上げて「ああ!!」と唸ってしまった。いやあ、なんで里見義康が最上義光の元に送られる外交官になったのか、理由がわかっていなかったのですが、これにはうならされた。
義康という名。里見という姓と最上義光の関係。これはまた、すごい所突いてきたなあ。駒姫の件はどういう決着になっても最上家の先はなく、どこか閉塞感があっただけに、義康の提案は暗幕を開くような光を感じた次第。


・ウッキー超イケメン!!
ちょっ、おま、なにその神攻略!! やべえ、忍者と違ってウッキーがイケメンすぎてやっかめねえ。オマエ、姉属性姉属性連呼しておいて、それってずるいよ、かっこ良すぎだよ。まさか、最初から成実狙いとか、一目見染すぎるにも程があるだろう。しかも、関心ないフリして逆に関心を惹こうとするとか、落とし神か、あんたは。しかも、文字通りの肉食系ですよ。さすがドラゴン。食べちゃうんですか!? 柔らかい女肉食っちゃうんですか!?
というわけで、成実を嫁げっと!! 点蔵と違って、誰もいじらないし!!(笑
戦力としても、このカップルの息の合い方と戦闘力は武神と半竜ということもあって、強力無比。ウッキー、本気だとこんなに強かったのかよ。しかも、そんなスタイルも取れるなんて。さっさと同棲用の部屋まで用意してるし、エロエロですか!? 今晩からエロエロですか!? 都市シリーズからの伝統で、相手との相互理解を深めるにはやはりセッションですよ、セッション!!


・独眼竜、生誕!
おおおおっ、ここで政宗が隻眼になるのか!! 有名な夏侯惇のそれが、流矢によるものだったのに対して、政宗は眼病を患った自分の目を、自らえぐり出すエピソードが有名なのだけれど、こういう形にしたか。
庇護される存在でしかなかった少女が、自らの意思で皆を守るために自らの目を抉り出す。自らの罪を受け入れ、つらい過去を認め、その先に幸いを積み重ねていくために。
ここぞという時に支えてくれるベルさんが、お母さん過ぎて泣きそうだ。これ、政宗が女じゃなかったらベルさんとフラグが立っててもおかしくないくらい。
にしても、上杉・景勝、最上・義光、伊達・政宗、と何処の家の当主も魅力的すぎて素敵過ぎる……って、考えてみればこの三家に限らず、何処の家もそうなんですけどね。


・存在自体が放送コードに引っかかる!!
アニメ化、アニメ化、これこの作品アニメ化してるの知ってますか、原作者さーーん!!
新登場の、戦国時代ヒャッハー代表こと森長可が、明らかに地上波放映禁止な件について、訴訟、訴訟!!
だ、駄目だ。森くんが真面目で前向きで純心で可愛い男の子なだけに、色々とすごすぎる。特技がインパクトの瞬間にヘッドが回るって、どんな感じなんだろう。想像もつかないと言うよりも想像してはいけないような、した途端に変態の仲間入りというか。こいつ、戦闘に出てきた時はまだ武神に入ってたから良かったものの、素の姿を魔女たちに見られてたら、即座に薄い本採用ですよ!! というか、直政がまさかの大ピンチだ!! やっべえ、どうすんだよこれ。どう絡んでもエロ漫画だぞ。好青年なのに。森くん好青年で初恋で純愛なのに。存在だけでエロエロすぎる。直政どうすんのーー!! ガチでどうすんのーー!? 直政が森くんと直で会ってアプローチされた時の反応が楽しみすぎる。このカップリングはいろいろな意味で危なすぎる。ってか、アニメスタッフに対して挑戦しすぎだろう、川上先生ww


・ノリキ、出番一瞬にして大活躍
この少年の創作術式って、マジでチートだよなあ。使い方次第ででたらめな威力を発揮しすぎる。ある意味これ、その使い方次第で教皇総長の淫蕩の御身に匹敵するだけの効果発揮してるし。
今回出番少なかったノリキだけれど、舞台が関東となったら彼がメインになるんだろうな。北条氏直も、歴史を見ると松平と関係が深く、北条仕置の後の流れを見ると武蔵合流も無理なさそうだし、メアリや成実と同じ形でいけそうですしね。


・ノヴゴロド攻防戦
失われていた伊達・最上・上杉の「約束」、再び。
まさかここで、織田との総力戦に近い大戦争が勃発するとは、本巻を読むまで想像していなかった。歴史再現上、上杉と柴田軍との競り合いはあるとは踏んでましたけれどね。参戦してくるとは。伊達家と最上家が殆ど全力出撃で「約束」に基づき援軍として現れた時はテンションあがったーー!
さらに、さらにですよ。英国までが、上越露西亜との協働関係や武蔵に乗るメアリの支援として、ウオルシンガムをはじめとした連中が来援した時は、もうテンションあがったどころじゃなく、アゲアゲ!!
ちょうどアニメでは、世界中相手に喧嘩を売って出るところで、盛り上がってはイますが同時に孤立無援なんですよね。それは、大久保さんの問題定義でもあげられているように、武蔵には味方がおらず、孤独な戦いを強いられ続けるんじゃないか、という不安が常に付き纏っていたのです。それを、正純はキッパリとそんな事無い、自分たちの味方はちゃんと居るんだ、と反論してくれていたのですが、それをこんな目に見えるはっきりとした形で、共に戦ってくれる味方、同志、友人が現れてくれると、感慨深いと言うか胸が熱くなるというか。
もう、武蔵は孤独じゃないんですよね。
そして、武蔵の、トーリという王様の願いは、相対の相手である羽柴にまで確実に届こうとしている気配がある。
悲劇が確定している織田家。ずっと重たい空気、諦めの気配、未来の為に今を哀しみに押し込めようとしている彼の家の雰囲気にも、着実に届こうとしているのだ。それに象徴されるのが、死を願い続けるお市御料人との宗茂・立花詆徂悗箸料蠡个任△蝓▲函璽蠅燭舛箸寮椰┐澄お市の絶望を、あの瞬間トーリは確かに受け止めて、ひっくり返したんですよね。お市の絶望は、織田家の抱える重い空気の一つの象徴トモ言えるべきものだからこそ、そこに手が届いたと言うことは、織田家全体が抱えている絶望にも、確かに指先が届いたってことなのだ。
まだまだつらいことはたくさん待ち受けているのだろう。魚津城の戦いを演じてしまったことで、本能寺の変の歴史再現は間近に迫っている。信長の死と、織田家の崩壊はカウントダウンに入ったと言っていい。
それでも、希望は見えてきたんじゃないだろうか。

・武蔵さん大はしゃぎ
あれ、無表情ですけど、ノリノリで大はしゃぎですよね、ムサシさん。
ちょっと大きな主砲を手に入れたからって、テンション上がりすぎです、武蔵さん。そんなにズドンしたかったのかw

・さっそく宗茂砲化
ちょっ、悲嘆さん活躍しましたよーー!! その代わりに憤怒さん、disられまくり。宗茂さんとマルファさんが、立ち直れない!! 相変わらずホラ子の味方ダメージ率が高すぎる(笑


・最上駒姫と伊達小次郎
……泣いた。
彼らはもう死んでいて、幽霊で、それでもお互いに残念があってこの世に残っていた。それが晴らされて、二人が一緒になるということは、死んでいなくなるわけでも、消えてしまうのでもなくて。
失われなかったんですね。
幸せに、なりましょう。楽しく、なりましょう。みんなで、笑いあいましょう。
だから、これは哀しいことじゃなくて、幸いだったのでしょう。悲劇で終わったはずの二人が、幸いを得られたのです。義光の、政宗の、残された者たちの気持ちも、これを旅立ちと思えば……。
「狐の嫁入り」が、胸を打って仕方がない。素晴らしいシーンでした。素晴らしい結末でした。
お幸せに。


最後の見開きページに描かれたイラスト、義光が手を上げて挨拶して会いに来た相手って、伊達教導院の学長の、聖譜においては自分の妹にあたる、そして小次郎の母である義姫なんでしょうね、多分。
このイラストを残してくれた事は大きいです。多分、この絵を見なかったら、駒姫たちの話はもっと悲しかったかもしれない。でも、子供たちが旅立っていった後に、こうして母親同士で思い出話に花を咲かせるシーンを残してくれたことは……とても、大きな安心をくれた。安らぎをくれました。

『忘れないとも…』




シリーズ感想