ココロコネクト(2) (ファミ通クリアコミックス)

【ココロコネクト 2】 漫画:CUTEG/原作:庵田定夏 ファミ通クリアコミックス

Amazon

イレカワル、ココロ。ソノサキニハ…!?
「ふうせんかずら」という謎の存在の手により、人と人のココロが
入れ替わるという現象に襲われた、私立山星高校の文化研究部 部員一同――。
入れ替わり現象がもたらす影響が、ジワリと部員たちのココロの
中に広がって…!?

ファミ通文庫の人気作、コミカライズ単行本第2巻発売!
は、破壊力がやっべえ!! 今、多くの人気作品のイラストを担当して売出し中のイラストレーター「CUTEG」さんが手がける【ココロコネクト】のコミカライズ第二弾。
漫画、としてはやっぱりいささか物足りない部分も見受けられるのですが、それを補って余りあるほどにキャラクターの描写力が凄まじい。この二巻は、これまでみんなを理性の部分から支えてきた稲葉姫子の本音と崩落が起こり、太一と真正面から向き合うシーンに到達するのですが、これがもう破壊力満点。いやあもう、この一連のシーン、原作でも稲葉の思わぬ素顔に打ちのめされ、のちのち圧倒的な稲葉ん派へと傾倒する因果を此処で既に得ていたのですが、CUTEGさんの絵描く稲葉姫子の素の顔は、魅力的すぎてこの時点でメロメロですよっ。
「私まで惚れさせるつもりかよ」って、そりゃこっちの台詞です、姫子さん。あーた、そんな恋した乙女の表情で言っちゃってたら、そりゃあもうあからさまに手遅れじゃねーですか! 原作読んだ時は、あれこれ脈ありなんじゃ、と穿つ程度だったのに、これもう脈あり程度じゃないですよ。完全に落ちてます、落ちてます!!
こんなときめいた顔で、あたしもお前のことオカズにしてたんだぜ、みたいなことを言われた日には、太一の自家発電がエラいことになってたんじゃないだろうか。既にこの時点でエロばんの萌芽が出まくりですがなw
この段階でこれだけの破壊力って、それじゃあ原作二巻以降の物語に突入した日には、いったいどこまで到達してしまうんでしょう。恐ろしい、恐ろしすぎてヨダレが……w
とかく、CUTEGさんの絵を堪能できるという意味で、美味しすぎるコミカライズです、はい。これで連載続けることで漫画力も上昇していけば言うこと無いのですが。