不完全神性機関イリス  154cmの最終兵器 (富士見ファンタジア文庫)

【不完全神性機関イリス 154cmの最終兵器】 細音啓/カスカベアキラ 富士見ファンタジア文庫

Amazon

世界の四分の三が死んだ世界―。宝条軍学校の傭兵科に通う貧乏生徒である俺・凪は、機械工学科への転科に悩む機械マニアだ。ある日、俺は廃材の山の中から少女の姿をした家政婦ロボを発見し、早速家で修理することに。「おはようございます凪」―そう言って目覚めた彼女・イリスは、だけど、家政婦ロボのくせに家事も何一つできないダメ家政婦で、しかもその正体は軍事用の人型機械体!?嘘だろ!?―トラブルだらけの同居生活&大暴走な学園生活。そして迫り来る正体不明の侵攻者『幽幻種』―。人類の最終兵器『神性機関』として覚醒したイリスに、世界の命運が委ねられる。
作者の長編シリーズ【氷結鏡界のエデン】のおそらくは前史にあたると思われるスピンオフの新シリーズ【不完全神性機関イリス】。エデンの主人公シェルティスの優秀な相棒にしてお茶目な相談役、場合よっては引っ掻き回すトリックスターとして活躍する機械水晶イリスが、まだ人型機械としての身体を持ち、機神として活躍していた時代を描いたお話として、えらい期待していたのです。何しろラブコメっていうじゃないですか。あの所謂『イイ性格』をしたイリスが男の子相手にラブってコメるんですよ? 散々相手を引っ掻き回し弄り倒しておきながら、時々猛烈な可愛さでデレる! そんなイリスが見られるとなりゃあ、そりゃあワクワクですよ。その上で、このシリーズが前史である以上、いずれ世界は【氷結鏡界のエデン】の世界へと至るわけで、別れは必定、そこに待ち受けているのは何らかの形での悲恋である事は間違いない。
時代を超えた壮大なラブストーリーを、あのイリスさんが主役となってやってくれるとなれば、それはもうそれはもう……。
とまあ、そんな感じで盛り上がっていたのですが、あれ? イリスさん? なんか……その、性格というか、キャラ違いません?
何やら健気で一途でひたむきで献身的で、愛くるしくて人懐っこい小動物みたいな『カワイイ性格』の女の子じゃないですか。カワが被ってますよ、カワ、カワ。カワを取り除かないと『イイ性格』にはなりませんよ?

とまあ、意外と言えば意外すぎるイリヤさんのお姿に、ややも呆気。やっぱり記憶か、記憶喪失が原因か。記憶を取り戻したら、ちゃんと『アレ』なイリヤさんになってくれるんか。それとも、これから『アレ』な性格へと成長、もしくは変貌してしまうのか。染められてしまうのか。いや、染めてくれるような『アレ』なキャラはとりあえず見当たらないので、明らかに自己進化の方向だと思われるが。
あ、いや、ここは性格面よりも、性能面に言及するべきなのか。

ポンコツだーーー!!

なんという無能w 所謂無能な働き者。不完全神性機関ってつまり、大迷惑機関、という意味だったのでしょうか。本人、悪気がないだけにたちが悪い。エデンのイリスみたいに悪気たっぷりの有能もたちが悪いが……って、どっちにしてもたちが悪いな!!
結構、彼女の大迷惑さは死活問題な気がするが、凪くんは甘いなあ。

世界観の方は、世界の四分の三が滅び去っているにも関わらず、なんとものんびりした空気。普通ならもう、日常が崩壊しているレベルのようにも思うんですけどね。氷結の方は、結界が機能していて曲がりなりにも平穏は保たれているから、というよりも閉鎖空間の中での自己サイクルが完成しているが為に、一般市民の日常も成り立っているのでしょうけれど、此方の世界では世界が滅びていく状況が現在進行形なわけで、難民流入や市民の不安感の増大に伴う治安の悪化。生存権の縮小に伴う生産体制の崩壊と物資供給の滞りなど、ちょっと考えただけでも世界は終わっちゃってるわけで、普通なら国家総動員体制だわな。のんびり学校生活送らせている余裕があるんだろうか、とちと疑問に思う。
まあ近い将来、なくなりそうだけれど。どう見ても破滅的な状況でありますし。何やらエデンの方でも見かけた重要なネームド・キャラクターの姿がチラホラ、と。さすがに教官どのは別人だろうけれど、明らかにあの二人は同一人物、というかあの人たちはエデンでも千年前から活躍していた、とちゃんと明記されているので、間違いなく当人なのだろうが……この頃のあの人とか、結構ヤバそうな性格してそうなんだが。やはり千年という月日は、それ相応に性格の門を丸くしたり、逆に棘を生やしたりとかしてしまうのか。

そして、相変わらず世界の要石にも関わらず、微妙に役立たずな禁断水晶さん出ましたーー! って、禁断水晶、既に千年前から燃料切れだったんかい!! あんた、全盛期何時だよ!! エデンでもうあかん、もう耐えきれへん、ギブギブ! と音をあげてたから、千年前はさぞブイブイ言わせてたんだろうな、と思ってたら、千年前からもうあかんねん、もうあかんねん、これ最後やからな、最後やからあんた自分で何とかしたってな、とギブアップ寸前だった件について。
いや、実際はアマリリス・ソフィネット、こんな態度じゃありませんけど、大丈夫か世界の守護者と思わざるをえない。……まあ、大丈夫じゃなかったから、エデンになっちゃうんだろうなあ、うんw

細音啓作品感想