千の魔剣と盾の乙女5 (一迅社文庫)

【千の魔剣と盾の乙女 5】 川口士/アシオ 一迅社文庫

Amazon

ガーリャの戦いを生き延びたロックたちは、武器を喪い放心状態のナギの新たな魔槍を探すため、大図書館を擁する学術都市ベアルフェルを訪れていた。古代の文献を調べ、ガーリャで共に戦った魔剣使いファーディアの情報通り太陽神ルーの槍が実在すること、砂漠の廃墟都市ゴリアスに存在する可能性が高いことを知る。初めての砂漠に戸惑う一行は、砂漠案内のプロを雇うことにするのだが、紹介されたのはグラーニャというエリシアよりも豊満な胸と成熟した艶美さを併せ持った美女で、なぜか彼女はロックにときどき過剰なまでの好意を向けるため、エリシア、フィル、ナギは気が気ではなく…。正統派ファンタジーの気鋭、川口士が贈る魔剣ファンタジー、新展開の第五弾。
正妻枠は既にエリシア、フィル、ナギの三人で埋まっているので、現地妻始めました……間違ってないよね?
とまあ、パーティーはこれ以上加わる余地もなく、今の四人でほぼ完成しているので、今更新キャラがレギュラーの座を射止める事はまずないのだろうけれど、ゲストキャラの現地妻化は有り得ますなあ、という展開でありました……じゃなくて!
ハーレム事情はさておいて、何気に今回ガーリャ戦を超える大きなターニングポイントだったのではないだろうか。まだガーリャ戦での活躍の際は、ようやく一線級、トップクラスのパーティーになったなあ、というくらいの感触だったのだけれど、今回伝説上の武器であった「光の槍(ブリュナーク)」をナギが手に入れ、ロックもまた同じ呪いを受けた剣士の亡霊からの教授によって魔剣を喪う瘴気の呪いを逆手に取ったパワーアップを果たしたことで、一気に魔王を倒す最終目標が現実味を帯び始めたのだ。
リャナンシーと伍する金環、魔王配下の大幹部であろう魔物をロックたちだけで倒してのけたのだ。それは、彼らのパーティーが伝説に謳われるだけの実力を備えつつあるとみて間違いないだろう。
問題は、今回武器無しで引け目を感じて縮こまっていたナギがブリューナクを手に入れ、さらにロックもパワーアップしたことで、逆にエリシアとフィルの力が一歩遅れを取り始めてしまったことか。エリシアは戦い方次第でまだ全然戦力として見落としはしていないのだけれど、フィルが術使いな分ちょっとマズいんですよねえ。フィルって一流どころではあっても、まだまだ未熟で超一流って位置には達していないからなあ。こればっかりは一足飛びに実力アップできるものでもないわけですし、何とかバランスを取っていくしかないのか。
いや、でもナギがブリューナクをちゃんと賢者エスラスから受け取ったとなると、もしかして他の三人もトゥアハー・デ・ダナンの四至宝を手に入れる展開になるのかしら。でも、ヌアザの剣たるクラウ・ソラスや運命の石リア・ファルならともかく、ダグザの大釜とか手に入れてどうするんだ?
一応、ホルプなんかはあからさまにただのインテリジェンス・ソードではなく、曰くありげな魔剣ですし、それこそ伝説の武器っぽいからクラウ・ソラスという可能性もあるんだが、どうもホルプの正体は竜じゃないか、という伏線が出てきているのを考えると、逆にクロウ・クルワッハだったりする可能性もあるのか。そうだと面白い展開なんだがな。
ともあれ、思いの外早く状況が揃いつつあるので、クライマックスは近いのかもしれない。肝心のロックのハーレムも、推進派のフィルは元よりとして、エリシアも凹むナギにロックが優しくすることで急速に距離感が親密になっていくのを見ても大してヤキモチも焼かずに、ナギならいいか、と思っちゃってるあたり既に末期である。ナギも二号さん三号さんでオッケーです、みたいな心境だから、こりゃ後はロックが諦めるか、酔って既成事実を無してしまうまでのカウントダウン状態ですね、ご愁傷様です。酔ってセクハラ大魔神になってもあの程度のスキンシップで止まってしまうロックの初心さを見るかぎり、逆に女性陣から押し倒さないとこれ以上進展なかったりする可能性もあるが。
彼らの関係の方も、旅が終わる前にはっきりと決着して欲しいものである。いい加減じれったいぞ。もうちょっとフィル頑張れ。

しかし、なんでこのシリーズ、表紙をエリシアだけにしてるんだろう。印象も薄くなるばかりだし、勿体無いなあ。カラー口絵でのコメディ漫画や挿絵見てたら、絵師さんなんぼでもいろんなデザインやってくれそうなのに。

1巻 2巻 3巻 4巻感想