龍ヶ嬢七々々の埋蔵金1 (ファミ通文庫)

【龍ヶ嬢七々々の埋蔵金 1】 鳳乃一真/赤りんご ファミ通文庫

Amazon

第13回えんため大賞「大賞」受賞、ノー・冒険、ノー・ライフな奇想天外トレジャーハント・ロワイヤル!!

「八真重護、その方は島流しの刑に処す」てな具合に親父に勘当された俺が向かったのは、太平洋の人工学園島。
そこで待ち受けていたのは極貧学生生活と、借りた激安アパートに取り憑いた美少女の霊だった! 
プリンとネトゲ三昧のニート地縛霊・龍ヶ嬢七々々様、なんと生前はこの島の天才学生集団GREAT7の中心人物だったというが、ともかくラブラブ同棲生活の始まり!? 
と思いきやこの奇妙な出会いから俺は島の各所に埋蔵された“七々々コレクション”なる宝物の争奪戦に巻き込まれていく!! 
うんうん、わかるわかる。やりたい事、一杯あるんだよねー。なるほどなあ、これを「大賞」作品に選ぶのか、面白いなあ。多分、ある種の卒のなさ、つまり完成度の高さがポイントの高さに繋がるケースが多々見受けられる他のライトノベルの新人賞では「大賞」にはまず選ばれない作品だと思うのですよ。これを「大賞」に選ぶあたりはさすが「えんため大賞」というべきか。
正直言って、この作品、完成度という点においては未完成もいいところです。ぶっちゃけ様々な要素を詰め込みすぎて、物語としての焦点があっちこっちに行ったり来たりしてブレまくった挙句に、大方が中途半端な形で終わってしまっている。
主人公の家業との向き合い。七々々との同棲生活。七々々を殺した犯人の捜査。冒険部の一員としての七々々コレクションの宝探し。GREAT7との対決を通しての人工学園島中枢への関与。名探偵・壱級天災との相棒にして好敵手というラブコメ展開。
どれも素晴らしく面白くなりそうな要素でありながら、あれもこれもと欲張った結果として全部が摘み食いぐらいになってしまって、物足りないったらありゃしない、ということに。そもそも、メインヒロインからして七々々がそうなのか、と思いきや彼女は途中から放置されてしまって、天災との絡みの方に比重が寄ってしまったり。じゃあ天災がメインヒロインだったのか、というとラストの対決ではハブにされて、最終的な立ち位置もそれまでの相棒から別の形になってしまいましたし。天災との関係については今後また二転三転しそうなかんじですけれど、なんにせよこれは、バイキングで美味しそうな料理の数々に目移りしてあれもこれもと欲張った挙句に食べ残してしまって、満腹になった割に物足りない結果に終わってしまった、というパターンなんですよね。
でもここで、じゃあ欲張らないで品数を減らせば良いんだよ、なんてモノの分かった顔をして言ってしまうのは……面白くも何ともない。全然面白くないんです。そんな小さく小器用に、小奇麗にまとまってしまったものの、何が楽しいんでしょう。
見てくださいよ、このキラキラピカピカと輝いている山盛りで蓋が閉まり切らないくらいのおもちゃ箱を。無邪気なくらいに、やりたい事がたくさんたくさん詰め込んで、爆ぜてしまいそうなくらいに膨らんでいる宝箱を。
ワクワクしませんか? これが、十全の形で溢れ出したら、ひとつの物語として紡ぎあげられていったら、と想像するとドキドキしませんか? 欲張り上等、好きなモノは好きなだけたぐり寄せて目の前に積み上げればいいんです。それを、全部食べきれるように、制御しきれるように、捌ききれるように、扱いきれるようになるように、ピカピカに光らせられるようになればいいんです。
もし、それが全部叶ったら。それはそれは、飛びっきり素敵にハチャメチャで楽しく面白い作品が自然と産まれてくるでしょう。そんなワクワクさせてくれるものがぎゅうぎゅうに詰まっているこの作品は、だからこそ新人賞の「大賞」作品に全くもって相応しいに違いありません。嬉しいじゃないですか、こんな可能性の塊が大賞だって言うんですから。
だからね、だからこそ、こう思うんですよ。実力なんざ、鍛え上げて付いてこさせりゃそれでいい。やりたい事を、やりたいだけ存分にやってくれ!!
読者はそも、作り手側に対しては無責任なモノです。もし堅実で着実な観点に立つならば、やっぱり整理整頓んは大切に、というべきなのかもしれません。でもただの読者に過ぎない自分は、ただただ期待するだけなのです。宝の地図の指し示す先に、夢の様な埋蔵金が眠っていることを。否や、作者が自分の宝の地図を信じて、埋蔵金を掘り出してくれるのを。