蒼穹のカルマ8 (富士見ファンタジア文庫)

【蒼穹のカルマ 8】 橘公司/森沢晴行 富士見ファンタジア文庫

Amazon

私のねえさまは、あっ、正確には叔母さんなんですけど…なんかねえさまの方が呼びやすくて、それにお姉ちゃん、欲しかったから。私のねえさまは、蒼穹園騎士団で働いています。空獣から世界を守る大変なお仕事なので、仕事中は笑わないって聞きました。家ではいつも笑顔なのに。あんまり無理しないで欲しいなって思ったりもします。だって私のねえさまは勇者で、魔人のマスターで、神様で、ときどき女子高生で、魔王で、魔法少女で、赤ちゃんで。とにかくねえさまは何だってできます。だから…授業参観にもきっと間に合うよね。信じて待ってるよ。ねえさま。暴走ファンタジー、完結。
ライトノベル史に燦然と輝く大怪作、ここに大完結!! ヤバイよ、ラストシーン、不覚にも感動して涙ぐんでしまった。【蒼穹のカルマ】で腹を抱えて笑わされたり、度肝を抜く展開に仰天させられる事はあっても、感動で目頭を熱くさせられるとは思いもよらなかった。まったく、最後の最後まで予想を良い意味で裏切り倒してくれるお話でした。
最終巻でも改めて思い知らされましたが、この作者の大風呂敷の広げ方と、それ以上に広げた風呂敷のあざやかでダイナミックで流麗とすら言える畳み方は何度読んでも唸らされ、絶句させられる。いやほんと、なんでこんなむちゃむちゃにぶん回して、終わってみたら綺麗に決着してるんだろう。この完結巻に至っては、この一冊のみならずシリーズ全8冊の集大成と言わんばかりにあらゆる伏線が、一度回収されたはずの伏線に至るまでパタパタとドミノ倒しされてくみたいに、シリーズの幕引きに向かって裏返しにひっくり返っていくんですよ。
おまけに、各章のタイトルと来たら、各巻の内容そのものになっていて、目次を見るだけでこのシリーズがどんな展開を迎えていたのか一目でわかるという作りになっている……嘘です、あまりにカオス過ぎて一目見ただけじゃさっぱり意味がわかりませんw まあ、ここまで読んでる人はシリーズ全部読んでいるはずだから、わからないはずはないんですけれど。
そして、すべてが収斂していく先は第一巻と同じく在紗の授業参観。でも、あの時と違うのは授業参観に出るのが駆真だけじゃないという所である。実は、今回は駆真だけなら何の問題もなく参加できるんですよ。ところが、駆真は当初は出席予定だったものの突然のハプニングによって出席できなくなったメンバーが参加できるようにと、各人が見舞われた様々なトラブルを解決すべくかけずり回るのだ。
一巻の時には、駆真と在紗の二人だけで閉じていた世界が、今やこんなにも沢山の人達の間でつながり広がっているのだという事が実感できるような出来事であると当時に、在紗こそ全て、という方針こそ変わらないものの、在紗さえ居れば他の何も要らない、眼中に無しと言わんばかりだった駆真の在り方も、少し変わってきていることが伺えるエピソードでもあるのです。自分さえ居ればいい、という考えではなく、在紗の周りに沢山人が居ることを喜ぶ考えにシフトした駆真。変態さ加減こそ変わらないものの、一巻の頃と比べてもこれ随分変わったんじゃありません?
特に、在紗の実母である冬香への対応にはちょっと感動さえしてしまいました。長らく娘の側から離れていた冬香には、やや引け目があって在紗から一歩引いたような遠慮が根付いてしまってるのですが、その為に授業参観の話が持ち上がった時に冬香は自分が在紗の授業参観に出てもいいものなんだろうか、と腰が引けてしまったのですが、その時に母親が出るのは当然じゃないですか、と後押しした人こそ駆真だったのです。このシーン見たときは、二人の関係ってホントに上手く行ってるんだ、と嬉しくなったものでした。駆真は在紗のこと、もっと独占欲発揮すると思ってたもんなあ。実際、冬香が帰ってきた当初は在紗をめぐってかなり険悪な雰囲気になりかけていましたし。それが、ちゃんと敬愛する兄の奥さんとして、在紗の母親としてちゃんと尊重し、義理の姉として、家族としてキチンと気遣いを見せるようになっているのですから、駆真のこと見直したどころの話じゃないです。冬香との関係は、特に駆真の人間性を捉え直すきっかけになりましたね。

そして、ついに最後の謎だったあの人が……わりあいあっさりと正体を表すことに。勿論、殆ど確信を持って彼の正体は理解していたつもりだったのですが、何故此処に居るのか、についてはさっぱり予想がついていなかったのですが……こ、この人、駆真並にでたらめなルートかけずり回ってるぞ!! さ、さすがは血の繋がった兄妹(爆笑
そもそも、空獣の女王と恋仲になってしまったところから、ラブロマンスも極まってお話としても出来過ぎな展開を迎えているというのに、そこからの突っ走り方がハチャメチャすぎる。でも、駆真ほど奇想天外で非常識なスピードとカオスっぷりではなく、ちゃんと順路を進んでいるあたりは、実は物語の主人公となるのはこの人の方が似合ってたのかもしれない。この人が主人公の場合は、ちょっとシリアス寄りのジェットコースター的な波乱万丈の大河ドラマになってたんだろうなあ。
でも、何もかもが上手く行って、大団円のハッピーエンドに収まって、本当によかった。まさかここまで綺麗にハッピーエンドになるなんて、さすがに思わなかったもんなあ。あれもこれも、予想外が多すぎるシリーズだった。それもこれも、全部駆真の力技というのがもう笑うしかない。駆真にかかると、もう何でもアリに思えてくる。普通なら「ねえよ!!」という展開でも、駆真ならむしろあり得ないという方が「無いな」と思えてしまうくらいだし。それでも、リサの方の駆真のオチには「ねえよ!」と手を打ちながらひっくり返って笑い転げてしまいましたけど。でも、嬉しい笑いでしたよ。一抹の悲しさの余地も残さない喜色の殲滅戦には感嘆の溜息しかありません。
そして、感動のラストシーン。
あそこは、ちょっと本気でうるうる来てしまいました。ホントにカオスではちゃめちゃでぶっ飛んだ物語でしたけれど、在紗からすれば、まさにあの冒頭の一言に尽きるんだろうなあ。

多分、二度とお目にかかる事もないと思われる、余人には幾分とて似せる事はできないだろうぶっ飛んだ展開とその収斂の手腕は、まさに大怪作にして傑作と呼ぶに相応しい、空前絶後のシリーズでした。
毎回毎回、べらぼうに愉快で、無類の楽しさでした。終わってしまうのが、今となっては寂しく思えてくるほどに。
完結、お疲れ様でした。

追記: 槙奈……生きろ。


橘公司作品感想