アンチリテラルの数秘術師(アルケニスト)〈5〉 (電撃文庫)

【アンチリテラルの数秘術師(アルケニスト) 5】 兎月山羊/笹森トモエ 電撃文庫

Amazon

約束を果たす瞬間は、今この時。
お願いだよ、誠一君。──私を殺して。

 数々の“災厄の数”を生み出してきた集団、“クリフォト”。奴らが雪名を攫った。雪名の中の“無限の災厄の数”を解放するのが目的だという。“無限”の解放──それが意味するのは、雪名の死だった。
 攫われた雪名は“クリフォト”に攻撃を受けていた。ただし、肉体への攻撃ではなく、精神への。雪名の精神が死ぬとき、最凶の“災厄の数(アルヘトス)”が蘇る──それを倒すには雪名の肉体ごと殺さねばならないという。
 雪名の死を何としてでも阻止するために、俺は明津、アンデレ、タデウスとともに敵のアジトに向かう。
“数”の異能力アクション、第5弾!
【アンチリテラルの数秘術師】、これにて完結。……うーん、はっきり言って幕引きの為だけのお話だったという印象。これまで広がってきた物語の辿りついた先としての終わりじゃなくて、これまでの過程が特に関係ないまま、積み重ねを生かせず乖離したまま話を畳んでしまった、という感じなんですよね。極言してしまうと、これまでの4巻を読んでいなくてもこの5巻目だけ単独で読んでも理解できてしまいそうな感じで。勿論、それで盛り上がろうというのも無理な話で。表面上は最終決戦でクライマックスなんですけれど、こっちの気分は置いてけぼりにされて、何とも尻すぼみな印象でした。
思えば、誠一がアンチリテラルとして覚醒してしまった事が逆に物語の幅を狭くして、キャラクターの躍動感を失わしめる要因になってしまったのかしら。肝心の作品のチャームポイントだった、雪名の小動物めいた可憐さと儚げな可愛らしさも、今回彼女が早々に捕まって隔離されてしまったせいで発揮されず、折角結実しかけていた雪名と誠一のラブストーリーも結局最後に再会するまで待ちぼうけを食らってしまったわけですしね。
二人の初々しくも微笑ましいやりとりが肝だったのになあ。ようやく自身の恋を自覚して狼狽しながらも胸に宿ったその思いを大切にしようとする雪名の様子がまたえらい可愛らしかったのに、そういう細かくも丁寧な心理描写もあんまりなかったですしねえ。
その分、アンデレが頑張ってましたけれど。あの執行官さま、仕事干されて暇してたのは分かるんですが、なぜそこから「暇だからバイトしよう」という思考になるんでしょうw 仮にも執行官なのに、執行官なのに。おとなしくしてろよ!! なんで暇を持て余したらファミレスでバイトなんだよ!! 発想がアホ過ぎるw
なんかこの娘は登場してからこっち、一人でオチ担当を引き受けちゃったよなあ。それでいてラブコメも担当するんだから、美味しいキャラでした。だからこそ、相手ははっきりしておいてほしかったところですけれど。
ぶっちゃけ、誠一を気にしている暇があったら、カラスだけ追いかけてたらよかったのに。変に明津にまでフラグ建ててたものだから、焦点が定まらないままぼやけてしまった感がありますし。カラスとの決着も中途半端に終っちゃったしなあ。勿体ない。
とまあ、最終巻の感想はため息混じりになってしまったのですが、これまでが非常に丁寧で読ませてくれる歯ごたえのある出来栄えで、良作と読んで過言ではない新人作品だったので、その締め方が余計に残念に思う所でした。良作だったからこそ、期待値が高かったとも言えるんですけどね。
終わり方それ自体を見るならば、破綻もなく綺麗に過不足なく幕を引いているのですから、決して悪い形ではありませんでしたからね。でも、それ以上を望んで当然のポテンシャルを持った良い作品だっただけに、やっぱり勿体ないと思ってしまうのが正直な所。

あとがき読んでると執筆環境が過酷過ぎる気がするんですけど、もうちょっと落ち着いて書ける環境に整理しなおした方がいいんじゃないだろうか、と心配になってしまいましたよw
ともあれ、新シリーズに期待したいところです。

1巻 2巻 3巻 4巻感想