封殺鬼 クダンノ如シ 上 (ルルル文庫)

【封殺鬼 クダンノ如シ(上)】 霜島ケイ/也 ルルル文庫

Amazon

闇の陰陽師少女と千年を生きる鬼達の物語!

時は昭和初期。陰陽道の影の部分を受け継ぐ神島家の当主桐子は、見合い話から逃げるため東京の女学院に通うことに。しかし軍が絡んでいると見られるそこには、精神に変調を来す生徒が出るという穏やかでない噂が流れていた。自らが使役する二人の鬼、聖と弓生の協力を得ながら噂の真相を探る桐子。どうやら学院の敷地内の塔に潜む何者かが鍵を握っているようだった――。そして桐子の恋に進展!?全三巻刊行開始!
もう、桐子があまりにも幸せそうで、なんだか泣けてくるんです。てっきり、桐子と志郎の恋物語って幸せのピークは前回の【帝都万葉】だと思い込んでいました。だって、あんなにも初々しく恋のときめきに陶酔し、幸せそうに今の時間を楽しんでいる桐子の、それ以上なんて想像も出来なかったんですよ。ところが、さらに桐子を取り巻く環境は彼女に得難い幸福を味わわせていくのである。あの桐子が、女学校に通って、しかも友達が、同性の友人が、親友が出来るなんてこと信じられますか?
本当に、普通の年頃の女の子みたいじゃないですか。みたいじゃなくて、そのものじゃないですか。宇和島の奥さんが感無量となるのも当然ですよ。桐子が、友達を家に連れてくる。それも謀り事や政治的駆け引きのためなんかじゃなく、これからの事について相談するつもりであったとしても、本当にただ友達を家に呼んでお茶会をする、なんてことを、あの桐子がすることになるなんて。
初めての同世代の友達とのやり取りに戸惑い、照れたり拗ねてみたり。そして、周囲に女の影を匂わせる志郎に嫉妬したり、落ち込んだり。
荼枳尼と呼ばれ、忌み嫌われた、恐れ畏怖された闇の当主が。本当に、普通の女の子のように振舞ってるんです。恋に胸を高鳴らせ、頬を染め、ツンデレをかまして、好きな男に構って欲しい素振りを見せているんです。
こんなにも微笑ましく、甘やかで、いとおしく、幸福感を分けて貰っているかのようなホワホワとした温かさに包まれながら……どうしてこんなに泣けてくるんだろう。胸が押しつぶされそうなほど苦しいんだろう。

もうね、桐子が幸せであればあるほど、よかったねと思うと同時にそれが失われた時のことを思ってしまうのです。幸せであれば幸せであるほど、そこから突き落とされた時の痛みを思い描いてしまい、泣きそうになってしまうのです。いつか来る幸福の揺り返しがとても怖い。闇に属するものの宿命が彼女に降り掛かる時が恐ろしくて仕方がない。
今となってみると、どうして聖と弓生があれほど神島の家にこだわっていたのか、よく理解できる。千年生きた彼らにとっても、この時代は黄金だったんでしょう。掛け替えのない思い出だったのでしょう。その要であった桐子から受け継がれたものを、どうしてこの二人が見捨てられようか。

思いを馳せれば馳せるほど辛くなってくるので、今はただ少女・桐子の幸せな時間だけを見つめていたい。
いつの間にか桐子にベタ惚れな志郎には笑ってしまったけれど。もう事細かなところまで桐子のことよく見てるじゃないか、この男。そのくせ、肝心な所では昼行灯で。不器用な二人のやり取りを毎回自分のたもとで見せつけられる「柳の精」の心労にはいたく同情いたします。そりゃ、柳も呆れるわw

前回登場した竹取の一族。彼女らはのちのちも深く関わるキーパーソンになるとは思っていましたけれど、まさかこういう形で桐子の懐の内に飛び込んでくるとはなあ。ってか、あんたたち、桐子のこと好きすぎだろうw 可愛い可愛いって、そりゃ桐子可愛いけどさ。聖と弓生が過保護だろうってくらいに構ってしまうくらい可愛いけどさ!! 彼女たちも闇側に属する一族だけに、重い宿命を抱えている節があるけれど、それでも桐子の味方で
いて欲しいなあ。最初、周りに誰もいなかった桐子にも、聖と弓生が付き、志郎という人が傍に現れ、宇和島夫婦という親代わりが出来、そして今、損得抜きの友達が出来、と裏表なく味方になってくれる人がこんなにも沢山できたことは、本当に感慨深いです。そこに、最後に登場したあの娘もまた、加わってくれればいいのだけれど。悲劇で終わってほしくはないなあ。
この「クダンノ如シ」は上中下の全三巻構成で、中巻は来月連続刊行とのこと。下巻はいつだよ! なんて野暮な事は言わずに素直に中巻が即座に続くことをよろこびたいと思います。

しかし、桐子さんや、あんた女学校にはその学校の制服を着て通い、帰宅後はいつもの黒のセーラー服に着替えるって、どういう了見なんだ!? セーラー服は普段着なんですか。どういう拘りなんだ、それw

シリーズ感想