薔薇のマリア  17.この痛みを抱えたまま僕らはいつまで (角川スニーカー文庫)

【薔薇のマリア 17.この痛みを抱えたまま僕らはいつまで】 十文字青/BUNBUN 角川スニーカー文庫

Amazon

エルデン浮上により古代九頭竜の呪いがとけ、地上に凶悪な悪魔と異界生物どもがあふれだし、ついに災厄の時代が幕を開ける。しかし絶望的な状況でも、人間たちは各地で悪魔たちに抵抗を続けるのだった。マリアもまた、不安と恐怖を抱えながらも、持ち前の能力を活かし、新たな仲間たちと日々を生き抜いていた。そんなある日、はぐれていたZOOメンバーの生存情報が!?地獄と化した世界へ踏み出すマリアを待ち受けるものとは!?―。

うわぁぁ、ルーシー……。かすかな希望に縋っていたのだけれど、蘇生術そのものが使えなくなってしまった、となればもう死んだらそれまで。どうあっても彼の死は覆らないことになってしまった。ショックなんてものじゃない、ついにZOOから死者が出てしまうなんて。
とまあ、ルーシーの死を発端にして、てっきり皆殺しショーが始まってしまうのか、と戦々恐々としながら新刊を手にとったのですが、みんな思いの外しぶとい!! かなり深刻に誰が死んで誰が生き残るのか、と構えていましたから、ZOOのメンバーのみならず、ランチタイムの面々をはじめとしてエルデンの主要なメンバーが軒並み生き残り、それだけでなく国家そのものが崩壊してしまうようなカタストロフの中で、か弱い人間たちの反抗の要として重きをなし、皆がバラバラになりながらもそれぞれの場所で戦っている姿には胸が熱くなりました。
特にファニー・フランク。あのホラ吹きのおっさんがここまで人類の明るい希望として輝くとはなあ。いや、前巻でも充分輝いていましたけれど、むしろ悪魔とフリークスによって人間が地上から根絶されようという絶望の中でこそ彼の存在はより輝きだしたように思います。これで色々勘違いしているやつだったら嫌な奴なんですが、このおっさんはちゃんと自分が運がいいだけという自覚があり、頭が悪くバカで弱くて何も出来ないという認識もあって、その上で脳天気にネアカに振舞って、難しいことはマリアや周りの人達に任せている。その上で、ちゃんと責任は自分が取ると明言してるんだから、どれだけバカに見えても大人物ですよ。マリアもバカバカいいながら、結構気に入ってるみたいだし。マリアってトマトクン相手でもそうだけれど、むしろ認めている男相手には悪態つくんですよねえ。まあ、憎まれ口を叩いても胸が痛まないようなキャラ相手だけですけれど。
そうそう、生き残ってて驚いたといえば、女豹の人ですよ。あの人、帝国軍に攻められた時、話の流れからして絶対に剣鬼ジジイとの戦いで死んだと思ってたのに、普通に生き残ってたし。ホントにしぶといなあ。

こういう時だからこそ、より恋の炎は燃え上がるのか、何やらあっちこっちでお熱い雰囲気が。もうユリカが完全にデレっデレで、どうするよこの娘。こんな状況なのに、飛燕と再会してからのイチャイチャしている様子はもう幸せ一直線である。まあ、飛燕もね、頼もしいんですよ。コイツがいたら、当人もユリカも大丈夫だな、という安心感があって、この二人のイチャイチャを見ているとそれだけで癒される。
なんかいい雰囲気になってしまっているといえば……なんか、ベアトリーチェとSIXがえらいことになってるんですが。ってか、誰だよこれ! 挿絵のSIXを見て唖然としてしまった。いや、ほんと誰だよこれw 完全に別人、というか憑物を落とされ浄化された? 或いは悟りでも開いてしまったかのような風貌に。そんな彼が、今やリーチェにベッタリですよ。リーチェはリーチェでなんか満更じゃないみたいだし。まあ、この二人がくっつくのなら、彼女がSIXに負わされた傷の意味も変えられようというものだけれど。 


文字通りの世紀末。悪魔やフリークスが闊歩する世界は、さながらトマトクンやSIXの回想の中で垣間見た、人類の文明が滅びたあとの世界そのものだ。文明が滅び、文化が潰え、歴史が一旦断絶したほどの絶滅期。そんな地獄のような時代を経て、ようやく今のような人間がまだ人間として生きられる世界に辿り着いたというのに、どうやらあの時代を生きていた不死の人間の中には、あの頃に戻りたい、という願望を持っていた輩が居た、と言うことなんだろうか。
ジョーカーやロム・フォウといった離れ離れになっていたZOOのメンバーとも合流でき、ジェードリのメンツまで加わって、ようやく集まれる面々は集まることが出来、これからみんな一緒になんとか出来る、そう思った途端に、肝心のトマトクンがあれですよ。
なんてこったい。
……希望が一気に暗転してしまった。
トマトクンがそれこそ全盛期の彼に戻れれば、これほど頼もしいこともないのだけれど、戻るためのフラグじゃないのか、という希望に今は縋るしかないのがつらい。
そう言えば、殆どオールスターキャストでこれまでシリーズで登場した面々の近況が描かれた中に、コロナとレニィの二人の様子が描かれてなかったんですよね。もしかしたら見逃したのかもしれないですが、描かれてないのだとしたら、心配で仕方がない。この二人は決して強くないもんなあ。頼むからモリーのところにでも無事で居てほしい。

十文字青作品感想