魔術士オーフェンはぐれ旅 解放者の戦場【初回限定版】

【魔術士オーフェンはぐれ旅 解放者の戦場(初回限定版)】 秋田禎信/草河遊也 TOブックス

Amazon

《戦術騎士団》の崩壊から数日後。オーフェンは指揮官としての責任を問われ、市議会により拘束されていた。
そして、騎士団と魔術学校の運営を託されたマジクたちは、それぞれの立場から秩序維持のために動き始める。

一方、マヨールは妹であるベイジットを追うために、《キエサルヒマ魔術士同盟》を離反し、原大陸を放浪する。辿り着いたのは魔術士のいない開拓地。《ヴァンパイア》たちが統治する村だった。
すべてが混沌とし事態も収拾されぬまま、《反魔術士勢力》を支援するために一隻の船が入港する。《ガンズ・オブ・リベラル》。解放と自由を歌うその船は、魔術士にとっての脅威を詰め込んだ装甲船だった。

原大陸の覇権をめぐる抗争は三つ巴の様相を呈し、新たな戦火は各地へと広がっていく。
オーフェンが拘束された一方で、いや要石だった彼が身動きが取れなくなったからこそか、色々と目まぐるしく情勢が動く。それだけオーフェンが効かせていた睨みというものは、ヴァンパイア、市議会、キエサルヒマなどといった大きな力を持つ組織に行き届いていたのだろう。それだけ、オーフェンの持つ力とは強大なものであり、その強大な力を効果的な抑止力として機能させる政治力が備わっていたことが実感される。逆に言えば、先の戦争から今に至る仮初の安定は、殆どオーフェンが一人で維持してきたと言っていいのかもしれない。勿論、市長やマギー姉妹、マジクにエド、敵としてのカーロッタなどの協力があってこそなんだろうけれど、オーフェン一人の重石がなくなった途端に、この有様となれば……。
果たして、今の状況の絵を描いているのは誰なんだろう。「魔王」の手は入っているとしても……いや、むしろ多数の思惑が絡みあって、収斂しているのか?
それに、まさかここで「クリーチャー」の名前を目にするとは思いもよらなかった。しかも、完成品の歴とした自己を有したままのクリーチャーである。「クリーチャー」が登場するからには、あの美貌の暗殺者ヒリエッタもまた再登場があるんだろうか。クリーオウがもういい年したおばちゃんと化してしまっている以上、ヒリエッタもいい加減熟女を通り越しちゃってるとは思うのだけれど。それでも、あの人の事だから、幾ら年輪を重ねてもイイ女なのかもしれないなあ。
いい女といえば、現在進行形でマヨールの婚約者であるイシリーンがイイ女すぎて、ちょっと愕然としてるんですが。オーフェンに出てくる女性陣って、多かれ少なかれ性格や内面に爆弾や地雷を抱え持ってて、一言でいうと面倒くさい女の人ばっかりだったものなのですが、このイシリーンってタフだし図太いし結構イイ性格はしているものの、根っこはカラッとしてて陰にこもった所や影を抱えてたりする部分は見当たらないんですよね。それでいて、無軌道でも天然に任せた暴走娘でもなくちゃんと理が通じる合理的な性格だし、その上で情にも熱い。根性も据わってて柔軟性もあり応用力も抜群。口うるさくはあるものの、肝心な部分は相方に譲る度量の広さと余裕を以て、相方の決断に自分の身命をかける一途さ、献身性も持ち合わせてる。
いや、ハッキリ言って抜群にイイ女なんですけど! マヨールとの出会いの場面を見ても、努力家で自立した女性というのがよく分かるエピソードだったし。マヨール、めちゃくちゃイイ人を捕まえたんじゃないか? ぶっちゃけ、この線の細い青少年と来たら、両親の細っこい部分を受け継いでしまったようで、かなり神経質な部類だと思うんですよ。女性不信、人間不信の嫌いもあるし。そんな彼の懐にスルリと入ってしまっている時点で、イシリーンという女性の優良物件っぷりを見ぬいておくべきだったかもしれない。
それに、マヨールが今とってる行動って、これまで約束されていた自分の未来を投げ捨ててるような行為なんですよね。それに文句も言わずについてきて、妹を殺すと宣っている男の覚悟にすら、自分も一緒に背負うような台詞を気負いもせずに言ってのけているのである。
あまりにイイ女過ぎて、実は裏があるんじゃないか、とすら疑いたくなる。だって、オーフェンに出てくる女が歪んでないって、どっかおかしくないですか?(苦笑
一方で、ペイジっトはというと完全に迷走中、と傍からは見えちゃうんですよね。当人はそんなこと全然ないと言いはるんだろうけれど。彼女が怒りを抱き、反発を覚え、叩き潰そうと思っている対象って、彼女の言い分を聞くとどうも上っ面を撫でているようにしか見えないんですよね。彼女が今、理解できる範疇でわかりやすい対象がそれだったから、それを目の敵にしているだけで、実際はなんか違うんじゃないかと感じてしまうのです。多分、ペイジット自身、本当の苛立ちの対象はわかっていないんじゃないかと。盛大な自分探しですなあ。意外と、わりと思春期的なオーソドックスな結論に落ち着くんじゃないかな。それとも、そうであって欲しいという願望なのか。何れにしても、次で決着だ。

秋田禎信作品感想