機巧少女は傷つかない8 Facing

【機巧少女は傷つかない 8.Facing "Lady Justice"】 海冬レイジ/るろお MF文庫J

Amazon

機巧魔術――それは魔術回路を内蔵する自動人形と、人形使いにより用いられる魔術。「日輪が勝ったら――雷真さまの妻にしてくださいませ!」そう言って雷真の前に現れたのは、〈十三人〉のひとりにして、雷真の許嫁の少女・日輪だった。雷真を追ってはるばる海を渡ってきていた日輪に、嫉妬と対抗心を隠せない夜々。その間にも、雷真たちの夜会進撃を阻むべく、学生総代のオルガをはじめとする〈十三人〉たちが次々に自主降格し、それぞれ独自に軍を組織しはじめる。一方、日輪の周囲には何者かの魔の手が迫っているようで……!? シンフォニック学園バトルアクション第8弾!

シャルのチョロさは、あれか。男相手だけじゃなくて、友達相手にもチョロいのか! 長いボッチ生活がよほど堪えていたのか、そんなに友達に飢えていたんですね。偶々雷真もフレイも忙しく、相手にしてくれる人が居なかったために、寂しくイジケていたシャルが出会ったのは、遠い極東から来たという少女。彼女は【暴竜】の二つ名を恐れも嫌悪もせず、ごくごく自然にシャルと友達になってくれたのでした。フレイが居るとはいえ、特にいざこざや事件も経ずに、普通の出会いから普通に友達になってくれた日輪に、シャルってば完全にメロメロになってしまい、親友呼ばわりしてベタベタひっつきまくることに。……シャルさん、それ日輪が天然無垢系の子でなかったら、気持ち悪がられてドン引きされるレベルの鬱陶しさです(笑
薄々気づいていたけれど、シャルって、雷真相手にだけ対応が拙いんじゃなくて、そもそもがコミュニケーション能力がどん底のタイプだったんだな。まあ、コミュ力低いのはシャルにかぎらず、ロキもフレイもグリゼルダもアリスも大して変わらないレベルであるんですよね……なに、この雷真チームのぼっち力w
なるほど、思い返してみるとこいつらって、一緒に行動している時でも協力態勢に入った時でも、誰もああしろこうしろ、という指示とかリーダーシップを取らないんですよね。もう皆が自分勝手好き勝手にしか動かないでやんのw それでわりと意思統一が取れてたり、変に対立してチームワークが乱れたりしないのが逆に凄いキがしてきたw

というわけで、気がついてみると今回はチーム戦だった罠。なのに、肝心の参謀役のアリスが早速トンズラしていないとか! 折角、やっと頭脳担当が現れた、と思って喜んでた前巻の私をどうしてくれるw 冒頭でいきなり姿をくらましてたのを目の当たりにした時のこの愕然を。幸い、すぐに戻ってきそうでよかったけれど。
代わりと行ってはなんですが、改めて参入してきた新キャラは、以前から度々話題にも登ってた気がする、雷真の本当の婚約者、日輪。真っ当な大和撫子だ! ……真っ当だよね? 夜々を正論で言い負かしてしまうあたり、真っ当とは言いがたい気もしますが、まあ性格も温和ですし、一途で楚々とした正統派のヒロインのはずです。人の話を聞かないのはこの作品のデフォルトなので、カウントには入りませんw
ってか、この娘の一派は人形遣いというよりも殆ど完全に式神使いの陰陽師なんですがw 完全に魔術の領域じゃんw まあ人形遣いも魔術とは言えば魔術ですし、夜々たちみたいな自律してる生き人形なんか魔道の領域のものなんでしょうけれど、どっちかというとこれらはアルケミーのサイドなんですよね、感覚的に。
個人的には昴と六連の従者コンビが生き生きと動いていたのが良かったですね。雷真とも顔なじみで、ロキとは違うタイプの息のあった喧嘩友達といった距離感でしたし。日輪と共にこの三人はトリオで完成しているキャラのようなので、このまま三人でレギュラー化して欲しいところですが、人数増えてきたもんだなあ。
そうなると、初期からのキャラが存在感薄くなってしまうケースが多いんですけど……貴女のことですよ、シャルさんw でも、幸いにして次は再びシャルがメインのようで。ちょうど、全く同じタイプの人形を操るオルガとの対決が迫り、父親であるブリュー伯がエドマンドの手元に現れたことで波乱は間違いなく、さてメインヒロインの面目躍如なるか。

しかし、何気にメイン級のヒロイン差し置いて、いろりが好きです、という人、多そうだなあ(笑
ちなみに私はグリゼルダ師匠です、はい。

海冬レイジ作品感想