ミスマルカ興国物語 X (角川スニーカー文庫)

【ミスマルカ興国物語 10】 林トモアキ/ともぞ 角川スニーカー文庫

Amazon

最後の紋章を手に入れるべく、レンキスの遺跡へと向かったマヒロ。そこは冒険者たちから“帰らず神殿”と呼ばれる場所だった。先に訪れていたユリカと共に、早速遺跡の調査を開始したマヒロだったが、これが一筋縄ではいかず!?一方、ノエバ公の依頼によりパリエルたちも紋章を奪取すべく行動を起こすのだが、そこにはあの風牙衆まで加わっていて!?はたして最後の紋章を手に入れるのは誰なのか!?大人気シリーズ第10弾。
実は葉多恵さんもそうだったんだが、まるで昔から居るみたいに登場してくる新キャラって、マスラヲやレイセンではまだ登場してなかったりするんですよね。むしろ、先に此方で顔見せしておいて、それからあちらで出番を得る、みたいな法則になっているのかもしれない。というわけで、ケセランパサランのレイセンにおける登場はまさにこれから、と言うことになるのだろうけれど……旧世界で、いったいなにがあったんだ? と、唖然となるくらいに文明崩壊のひどい有様が、遺跡に残された記憶から明らかになる。
これまで、西の魔王という存在について、【お・り・が・み】や【マスラヲ】で描かれていた存在に基づいて想像をめぐらしていたんだが、もしかして根本的に何か間違っているんじゃないだろうか、という疑念に駆られるようになってしまったじゃないか。
それほど衝撃的な「黒歴史」!!
……決して、ユリカさまのブラック・ヒストリーとは一切関係ありません。
おのれ、まさか【闇の法王】が文字通り、闇の資質を備えていたとは。まさに禁断!! 触れてはいけない領域。そこに踏み込んでしまったマヒロは、闇の深淵を覗いてしまったといえよう。これは果たして、ユリカの弱みとなるのか、それともマヒロが揺さぶっただけで爆発しかねない焦熱爆雷を抱え込んでしまったのか。絶対後者だな。そして、これを姉上に知られてしまうと、あの人絶対面白がって爆発させようとするから、マヒロ・ジ・エンド確定w

というわけで、今回は第二皇女ユリカ回、かと思いきやこの世界の根幹に関わる謎の一旦を大胆に開陳するストーリー進展回でした。元々ユリカさまはマヒロとはフラットな関係でしたから、フラグが立つような事はやっぱりありませんでしたね。何かと結果的に残念な所が目立つユリカさまですけれど、基本的には真面目で勤勉な人なんですよね。その皇女という身分にこだわらない真面目さは、高貴なる義務をきちんと背負っているとも言えますし、帝国が小国だった頃からの身軽さを失っていないとも言えますし、何れにせよ姉妹の上下が相当にアレなのに比べて、非常に健全なメンタルの持ち主だと言えましょう。その割に、行動や思考の結果や結論が相当にアレで、残念な事になってしまっているのは、やはりアレらと血の繋がった姉妹だと言うことなんでしょうか。何だかんだとルナスもあれで考えこむ方なんで、似てるっちゃ似てるんですが。その意味では、ユリカさまとルナスと、あの親ばか親父の皇帝陛下は性格的にもよく似てると思うんだ。その点、シャルロッテさまの規格外さ加減はどういう事なんだろう、と笑ってしまうくらい。どうしてこうなった、という典型だよなあ。今回、三姉妹の母親たちも顔を見せてくれたのですけれど、自由さは似ててもアレな部分はさてどうなんだろう。
そんなシャルロッテとマヒロの仲の良さは、確かに不思議に思うほどにイイんですよね。前回で、あ、これマヒロがシャルロッテ姉さまを裏切ることはないなー、と確信に近い期待を抱いたものですが……果たして、今後二人が袂を分かつ展開があるのかどうか。どうも自分はこの二人が物別れしてしまうことは望んでいないようです。聖魔杯を巡るマヒロの暗躍を目の当たりにした時のショックと安堵でそれを思い知りました。パリエルと袂を分かつ事になった時は何とも思わなかったんですけどね。
にしても、マヒロの正式な婚約者であるところのルナス様は、今回登場人物紹介にも明記されなかったなw 

さて、今回の見所は何はともあれ、この人の登場でしょう。

ウィル子キターーーーーーー!!

以前から電子部品関係で、その存在を匂わせてはいましたけれど、まさかマリーチ並にガチで姿を現すとは。いや、姿現してませんけど。声だけですけれど。
しかし、その様子ときたらかつての天真爛漫なハッピーウイルスの姿はどこへやら、何か本当の神様以上に酸いも甘いも噛み分けたみたいな分別あるキャラクターに。よっぽどのことが在ったのか、神や精霊を名乗るどころか、亡霊と自嘲するウィル子。痛切な後悔を宿し、どことなく陰を背負った彼女を目にする日が来るとは。

なんかこうなってくると、聖魔杯がもたらす奇跡というのもあながち冗談でもないんじゃないかと思えてくる。実際に初代聖魔王さまは、マリアエクセルを通じて正真正銘とんでもない奇跡を一度、実現させているわけですから。その正体不明の聖魔杯の秘密だか真実だかを、宰相とエーデルワイスは知っているんだろうか。この二人は何らかの確信を持って動いているようなのだけれど。シャルロッテとマヒロがお互いを出し抜く真似をすることはなさそうなんだけれど、この二人をして纏めて出し抜かれそうな気配もあるのが怖い。ただ、この二人の場合出し抜かれる事も考慮して別々に糸を巡らせているような頼もしさもあるので、さて致命的な事になるか否か。