正捕手の篠原さん3 (MF文庫J)


【正捕手の篠原さん 3】 千羽カモメ/八重樫南 MF文庫J

Amazon

「希望ポジションは……“正捕手”です!」激動の夏休み合宿も終わり、今日から新学期。秋と言えば、文化祭、クラスマッチとお楽しみイベント盛りだくさん。浮かれ気分の篠原たち明学野球部員だったが、忘れてはいけない重大イベント・秋期県大会が迫っていた! エース綾坂真琴を軸に必勝の作戦を練るがそこには大きな落とし穴が……!? 一方、永らく仮入部員だった篠原さんの妹・杏は、愛理にソフトボールの才能を見出され、ソフト部への体験入部を奨められて……!? 果たして篠原さんたちは試合に勝利し、無事に文化祭を迎えることが出来るのか!? フィナーレの第3弾!
あれ? 三巻で綺麗に完結!? 思ったよりも早かったような、これくらいで締めておいてよかったような。ごくごく短い2ページの掌編を続けて話を編んでいく、という4コマ風の作りで目を引いた本作ですけれど、偶に挟まれている幕間の出来や、全体のストーリー構成の様子を見る限り、このタイプの形式にしなくても普通の長編でちゃんと面白そうな話を十分書けそうな作者さんだと思うので、とっとと通常のスタイルの作品を手がけるのもありなんじゃないだろうか。でも、この形式も面白かったのは確かなので、たまにはやってほしいなあ。
さて、野球部は秋季大会本番……なんだけれど、どちらかというと主役は妹の杏ちゃんだったような気がするぞ。大会目前で練習も本格的になり、大会に出れない杏はなんとなく野球部の中に居場所がなくなり、たまたま参加したソフトボール部の方でその才能を開花させてしまう。
なかなか難しい問題ですよね。もし、その才能を活かそうと思うならば、ソフトボール部で全力を尽くせばイイ。ただ、杏が望むのは野球部での貢献なわけです。自分が望むことをやればいい、というのは簡単だけれど、たとえ野球部に残っても今の彼女にはやれることがなにもない。代わりにソフトボール部では、一緒にプレイしたいと心から望んでくれる人がいる。杏本人も、決してソフトボールをやりたくないというわけじゃなく、プレイすること自体は楽しいし、一緒に戦うチームメイトもとてもいい人達で好きといって過言ではない。
悩みますよね。そりゃ迷う。
この娘が偉いのは、迷った末の選択のあとに、一切後悔の素振りを見せなかったことでしょう。自分の選択に満足し、選ばなかった方に申し訳ないと思いつつも、清々しいくらいの姿勢で省みることなく邁進する。すこぶる気持ちのいい人間味です。そりゃ、選ばれなかった方も勿体無い、寂しいと思いつつも、仕方ないか、頑張れよ、と背中をポンと叩いて送り出したくなるってもんですよ。そして、そんな風に思わせてくれる人ってなかなかいないもんです。案外、この娘はみんなをグイグイと引っ張るパスファインダーの役割が似合ってる娘なのかもしれない。みんなの女房役である兄貴とはまた違った人間的な魅力ではなかろうか。まあ抑え役は必要だろうけれどね。今のところ、それをやってくれる人は兄貴を除いて男女問わず見当たらないのですがw

さて、何気にガッツリと野球をやってたりする一方で、さり気なく綾坂と深見のどっちを選ぶの? と妹とは違った意味で選択を迫られてる篠原くん。そこはそれ、小悪魔で天真爛漫でキュートでいたずら好きで、でも細かい所に気がまわり、ムードメイカーでありながら縁の下の力持ち、優しく可愛い深見さんが一押しですよ?
明確にどっち、とは選んでませんけれど、篠原くんの様子を見る限り彼女の方に心は寄っているのかなあ。綾坂も深見も、段々と好意をあからさまにしてアピールしながらも、決して押し付けがましくなく、その袖先を摘んで上目で見上げてくるような、楚々とした心の寄せ方がとても可愛らしくて非常に好みでした。そんな二人に好かれて、篠原くんは果報者ですよ。
もうちょっとこの子たちの青春を見てたかったですけどね。本番の夏大会や、綾坂の正体バレイベントとか、まだ盛り上がる要素はあっただけに。でもまあ、冒頭でも書いたように、新作の方に素直に期待を寄せるとします。
ごちそうさまでした。

1巻 2巻感想