魔法少女育成計画 (このライトノベルがすごい! 文庫)

【魔法少女育成計画】 遠藤浅蜊/マルイノ このライトノベルがすごい! 文庫

Amazon

大人気ソーシャルゲーム『魔法少女育成計画』は、数万人に一人の割合で本物の魔法少女を作り出す奇跡のゲームだった。幸運にも魔法の力を得て、充実した日々を送る少女たち。しかしある日、運営から「増えすぎた魔法少女を半分に減らす」という一方的な通告が届き、十六人の魔法少女による苛烈で無慈悲なサバイバルレースが幕を開けた……。第2回「このラノ」大賞・栗山千明賞受賞作家の遠藤浅蜊が贈る、マジカルサスペンスバトル!
うん、そのうち誰かが絶対に書くと思ってたよ、「魔法少女バトルロワイアル」。あの【魔法少女まどか☆マギカ】のインパクト以来、ここまでそれ系の作品がほとんど見当たらなかった事の方が不思議なくらい。
とは言え、バトルロワイアルというスタイルは昔からありますし、何より「魔法少女たちが血で血を洗う殺し合いを繰り広げるバトロワ」というジャンル自体、【アンチ・マジカル 魔法少女禁止法】という先駆にして金字塔が存在するのですが。あちらは、「魔法少女版ウォッチメン」という触れ込みでしたけれど。
さすがに「魔法少女モノ」というジャンルそのものを主題として舐り尽くした大怪作であった【アンチ・マジカル】に比べれば、本作はあくまで「魔法少女」というのは装いを彩る宝飾品のたぐいであり、主眼はあくまで魔法少女同士の潰し合いなんです。でもだからこそ、なかなかその「バトル」の部分でいい具合にエンタメしてるんですよ。16人いる魔法少女をそれぞれわかりやすくキャラ付けし、その上で一捻りした上で、そこから魔法少女らしからぬ生々しい有様を露呈させていき、これが夢も希望もないどうしようもない只のむごたらしい殺し合いでしかない現実を突きつけていく。この戦いが起こった背景からして軽薄で尤もな理由らしい理由もない空っぽの原因なんだけれど、それを薄っぺらいと判じるかその虚ろさこそが妙なのだと捉えるかは人それぞれだろう。自分は、この憎むより前に呆れてしまう軽薄な悪意は、この無意味な戦いにこそ相応しいと感じましたが。

決して、それぞれのキャラクターを深く掘り下げるといった風情じゃないんですけれど、そのいちいち立ち止まって一人一人の奥底までじっくりと覗きこむやり方をせず、ちょっと乱雑なくらいのスピードで、一気呵成に足を止めずに突っ走った手法は、ややも慌ただしい感があるのは否めないけれど、それでも飽きさせずに畳み掛けるという意味でも実に効果的だった。人死に対して情緒的な演出を排し、どこか淡々と機械的に処理していく描写も、それぞれの死の無為さを引き立てていたのではないだろうか。
ぶっちゃけ、こう「巧い!」と思わせるような作りじゃないんだけれど、如何に読者を楽しませるか、の指標をあれもこれもと欲張らずに限定してそこに集約する質実剛健とした作りは、かなり好みなんですよね。
バトルの展開もなかなか予想もつかない顛末が続出し、二人目の脱落者からこっち、まったく先の展開が見通し立たなかった。なんと!? と驚かされる展開が続出したのも楽しめた要因の一つだったと思われる。

ベタだけれど、好みはやっぱりリップルだよね?
うん、素直にこれは面白かったです。